「BOCK AUDIO 251」製品レビュー:名機Ela M 251を現代的に再現した真空管コンデンサー・マイク

BOCK AUDIO 251

REVIEW by 早乙女正雄紀 2015年3月15日

_KPO9543b_1503

BOCK AUDIOのオーナーであるエンジニアのデヴィッド・ボック氏は、数年前までSOUNDELUXブランドでマイクを開発/販売していました。私も試聴させてもらい、音には良い印象を持っていましたが、日本で販売されていたのは数年で、高額な製品ゆえ海外から直接ネット経由で購入するのは現実的ではありませんでした。そんな中、BOCK AUDIOのマイクが日本で買えるようになったのはうれしい限りです。

高級感あふれるボディ
本体のスイッチで指向性を切り替え

今回紹介するBOCK AUDIO 251はビンテージとして名高いTELEFUNKEN Ela M 251を現代版に復刻した真空管コンデンサー・マイク。バニラ・ホワイトとクローム・シルバーのボディは高級感があります。Ela M 251と同様本体正面に指向性のスイッチがあり、単一指向/無指向/双指向の切り替えが可能。真空管はTELEFUNKEN ECC 801SのNOSが採用されており、重量は約680gとずっしりしています。

一方、電源ユニットは現代風な趣(写真①)。

▲写真① 電源ユニットのP-251

▲写真① 電源ユニットのP-251

金属をプレス加工したスマートなデザインで、置き場所に困らないサイズです。PSEに対応しAC100Vで動作保障、マイク本体と電源部をつなぐケーブルにはGOTHAM GAC-7 Tubeが採用されており安心感があります。

 

低域から高域までバランス良く
女性ボーカルの表情をとらえられる

まず単一指向にして男性/女性ボーカルでチェックしてみました。男性ボーカルは中高域が素直に伸び自然な感じです。かなりオンマイクにしても低音がぼやけず、レスポンスが良い印象を受けました。ささやくようなボーカルや、アカペラ/コーラスで中低域の多いパートをたくさん録音する際などに使用するといいと思います。

女性ボーカルは低域から高域までバランスが良く、なおかつ小さなささやき声から大きなシャウト系の声までの音量変化に伴う倍音の変化がうまく再現されるので、音域/音量ともにボーカリストの表情を余すところなくとらえてくれます。ホイットニー・ヒューストンなど“ディーバ”と呼ばれる海外の女性ボーカリストは、この251のようなマイクでレコーディングしたのだろうな……と感じさせる、なかなか感動する録り音でした。特にファルセットやハーフ・ファルセットのボーカルの表情は、とてもリアルに録音されます。

 

楽器によって指向性を変えれば
アンビエンス・マイクとしても優秀

次に、ピアノとドラムのアンビエンス・マイクとして指向性を切り替えてチェックしてみました。ピアノの場合、単一指向では中高域は自然ですが中低域が多めに聴こえる傾向にあり、ルーム感が少し抑えられる印象でした。無指向のときは中低域が少なめで、ルーム感は多めに聴こえます。双指向が最もバランスが良く、低域から高域までのつながりが自然で、ルーム感も不自然さがありません。リボン・マイクのCOLES 4038にレスポンスの良さが加わったイメージです。

ドラムの場合、単一指向では中域の距離感が少し近めで派手な印象。ルーム感は少なめに聴こえます。双指向の場合は低域が多くなり、ルーム感が増す傾向です。無指向のときは低域から高域まで自然で、バス・ドラムからシンバルの音までの距離感やルーム感がよく表現されました。ドラムを大きくたたいている部屋に入ったときの耳以外で感じる音、例えばお腹で感じる音圧感のような押し出しの強い表情をとらえられるのは、このマイクの特徴だと思います。またシンバルについても、アタックの自然さと奇麗な余韻は非常に生っぽく、良い感じです。ハリウッド映画の音楽のようなスケール感が出る感じといったところでしょうか。無指向性にしてステレオで使用すれば、素晴らしい響きが得られるでしょう。

 

ボーカルや楽器を録音する際、マイクのチョイスは非常に重要です。その中で真空管マイクを選択する上ではNEUMANN U67系やU47系、AKG C12系といったところが評判がよく、楽曲の方向性などを考慮して使い分けられています。今回紹介した251も特徴のある良いマイクで、選択肢に加わることが期待される製品だと思います。高価で生産台数も少ないようですが、ビンテージ・マイクにありがちな音や動作の不安定さが無いため、余計なストレスを感じずに仕事ができるのは大きなメリットです。また、代理店を通してメインテナンスが保障される点も安心感があります。音の方は先述の通り素晴らしく、特に女性ボーカル、ドラムのアンビエンス用に使用してみることをお勧めします。
撮影/川村容一

 

サウンド&レコーディング・マガジン 2015年3月号より)

BOCK AUDIO

251

800,000円
※表示している価格はニュース掲載時点のものです。また税込/税抜についてはメーカーの表示したものに準じて記載しています。

【SPECIFICATIONS】
▪指向性:単一/無/双 ▪周波数特性:10Hz〜18kHz(±2dB) ▪感度:19mV/Pa ▪歪率(@1kHz):0.5% THD(112dB) ▪インピーダンス:200Ω ▪ダイナミック・レンジ:94dB ▪SN比:76dB(A-weighted) ▪外形寸法:52(φ)×216(H)mm ▪重量:約680g(実測値)

TUNECORE JAPAN