誌面連動

クリエイターが使うPro Tools

  • 岩佐俊秀(SYNC LIVE JAPAN)が使う「Pro Tools」第1回

    岩佐俊秀(SYNC LIVE JAPAN)が使う「Pro Tools」第1回

    Pro Toolsでライブ・オペレート 〜オケの仕込みのノウハウ  初めまして、SYNC LIVE JAPANの岩佐俊秀と申します。AVID Pro Toolsについて執筆の機会をいただき、とても光栄です。弊社は、ライブ ……

    岩佐俊秀(SYNC LIVE JAPAN) 2019/08/26

  • Nagieが使う「Pro Tools」第4回

    Nagieが使う「Pro Tools」第4回

    Pro Toolsでの制作をスマートにする テクニックとショートカット  Nagieです。僕の連載は今月が最終回……とか言っていた矢先に、Pro Tools 2019.5がリリースされました。僕の環境では、“システム使用 ……

    Nagie(aikamachi+nagie/ANANT GARDE-EYES) 2019/07/26

  • Nagieが使う「Pro Tools」第3回

    Nagieが使う「Pro Tools」第3回

    Pro Tools付属シンセ UVI Falconを研究する  Nagieです。制作に関しては、僕は他社DAWからの乗り換え組なので、Pro ToolsでMIDI制作を行っていると、ほかの環境との違いが気になってきます。 ……

    Nagie(aikamachi+nagie/ANANT GARDE-EYES) 2019/06/26

  • Nagieが使う「Pro Tools」第2回

    Nagieが使う「Pro Tools」第2回

    MIDIさかのぼり録音とショートカット さらにコミットの活用法まで  Nagieです。今回は前回に引き続きMIDIの便利なショートカットを紹介しながら、MIDIのさかのぼりレコード機能、さらにコミットやバウンスの隠れた機 ……

    Nagie(aikamachi+nagie/ANANT GARDE-EYES) 2019/05/25

  • Nagieが使う「Pro Tools」第1回

    Nagieが使う「Pro Tools」第1回

    Pro ToolsでのMIDI編集 ショートカットとTips  Nagieです。今号から数回にわたってAVID Pro ToolsのMIDI制作についてお話しいたします、どうぞよろしくお願いいたします。僕がPro Too ……

    Nagie(aikamachi+nagie/ANANT GARDE-EYES) 2019/04/25

  • MIDOが使う「Pro Tools」第3回

    MIDOが使う「Pro Tools」第3回

    打ち込みからミックスまでをシームレスに行う制作術  こんにちは、MIDOです。AVID Pro Toolsでのビート・メイク解説も第3回となりました。今回も、ちょっとしたテクニックを織り交ぜながら解説しますので使えるネタ ……

    MIDO 2019/03/25

  • MIDOが使う「Pro Tools」第2回

    MIDOが使う「Pro Tools」第2回

    打ち込んだドラムをパーツごとに分割してオーディオ化  こんにちは、MIDOです。前回に続き、AVID Pro Toolsでのビート・メイクについて解説していきます。今回は、打ち込んだドラムのパラ出しについて。前回、上ネタ ……

    MIDO 2019/02/25

  • MIDOが使う「Pro Tools」第1回

    MIDOが使う「Pro Tools」第1回

    Pro Toolsでビート・メイク〜打ち込みをジャストなタイミングに  MIDO(ミド)と申します。これから数回に分けて、普段のトラック・メイクの方法について解説したいと思います。私はサンプリングより、MIDI打ち込みで ……

    MIDO 2019/01/25

  • DJ WATARAIが使う「Pro Tools」第3回

    DJ WATARAIが使う「Pro Tools」第3回

    Pro Toolsでリミックス〜Jポップをニュー・ジャック・スウィングに  今月で僕の連載も最終回です。過去2回は、サンプルと打ち込みという違いはありましたが、大きなくくりで見ればループを中心にした考え方でのトラック制作 ……

    DJ WATARAI 2018/12/25

  • DJ WATARAIが使う「Pro Tools」第2回

    DJ WATARAIが使う「Pro Tools」第2回

    打ち込み×ソフト音源を中心に組むPro Toolsでのトラップ系トラック  前回はサンプルを元にした、オーセンティックとも言えるヒップホップ・トラック制作の手順を紹介しました。とはいえ、仕事となるとそうしたスタイルの楽曲 ……

    DJ WATARAI 2018/11/26

TUNECORE JAPAN