Low End Theoryにてラップトップ・パフォーマンス・セミナーを開催!

The Choice Is Yours by サンレコ編集部 2013年5月13日

1205-daddykev-main-624x333

本誌連載『THE CHOICE IS YOURS』連動ブログ。2013年5月25日に代官山UNITにて開催されるLow End Theory Japan Summer Edition。当日の本編開演前にSaloonにて、本誌とNATIVE INSTRUMENTS Japanの協力により、ダディ・ケヴとスコット・トーラスを招きラップトップ・コンピューターを使ったパフォーマンスのセミナーを開催します!

Low End Theory Japan presents

ラップトップ・パフォーマンス・セミナー

feat. ダディ・ケヴ&トーラス・スコット



Streaming live video by Ustream
 

2006年にロサンゼルスで、プロデューサー/エンジニアのダディ・ケヴを中心に立ち上げられたパーティLow End Theory。プロデューサー/ビート・メイカーにスポットを当てた音楽好きが集うイベントとして、フライング・ロータス、ザ・ガスランプ・キラー、ノサッジ・シングなどの才能を輩出してきました。毎週水曜日に行われるパーティではケヴやノーバディなどのレジデントとともに気鋭ビート・メイカーがユニークなライブを披露。一般に、ラップトップ・コンピューターを使ったライブはアクションが少なく見応えに乏しいと言われがちですが、彼らのアグレッシブなパフォーマンスはビート・シーンの拡大に多大な貢献を果たしており、Low Endでスキルを磨いたフライング・ロータスやザ・ガスランプ・キラーは、今や屈指のライブ・パフォーマーとして世界各地のフェスティバルで公演を行っています。そこで今回、Low End Theory Japan Summer Editionの開催にあたり、本誌とNATIVE INSTRUMENTS Japanの協力のもと「ラップトップを使ったライブ・パフォーマンス」のセミナーを開催することが決定! ダディ・ケヴと気鋭のビート・メイカー=トーラス・スコットを講師に招き、使用機材やライブ・セットの組み方などをレクチャーしていただきます。セミナーの模様はリアルタイムでストリーミング放送。レクチャーを受けてLow End Theory Japan Summer Editionに臨めば、各パフォーマーたちのステージングをもっと深く楽しめるはず!

【日時】
2013年5月25日(土)20:00~21:30

【会場】
代官山Saloon

http://www.unit-tokyo.com/saloon/

【入場料】
無料

※参加希望者は会場入口まで直接お越しください
※参加者多数の場合は入場を制限する場合もあります。あらかじめご了承ください

※セミナー参加者はLow End Theory Japan Summer Editionにディスカウントで入場可能
※先着30名にNATIVE INSTRUMENTS Japanよりノベルティを進呈します

【講師】
01_03_kev

ダディ・ケヴ
Low End Theoryの、またレーベルALPHA PUPの主宰者。アンダーグラウンド・ヒップホップ・シーンの伝説的プロデューサーであり、フリースタイル・フェローシップからフライング・ロータスまでさまざまなアーティストのマスタリング・エンジニアとしても有名。Low End Theoryでは多くの若いアーティストを次々とフックアップするほか、DJシャドウからトム・ヨークやエリカ・バドゥまでDJとして出演させ、LAのみならず世界のビート・ミュージック・シーンの活性化に寄与して、多くのアーティストからリスペクトを集めている存在。

 

480786_3873641912878_123981047_n

トーラス・スコット
独学でドラムとピアノを、音大でエンジニアの技術を学び、DEF JAM副社長マイケル“シャー・マネー”クレアヴォワに見出され、若くしてGユニット・レーベルのプロデューサー&エンジニアになる。その後ロサンゼルスに拠点を移して、Low End TheoryをはじめダブステップやエレクトロニカのイベントにもDJとして出演。ユニークなサウンドを作り出す新たな才能として注目されているプロデューサー/DJ/エンジニア。

【聞き手】
原雅明(Low End Theory Japan)
白石裕一朗(Sound & Recording Magazine)
橋本洋(soundrope)

【通訳】
アサミ・サキ(NATIVE INSTRUMENTS Japan)

【セミナー内容】
◎ラップトップ・ライブに対する心構え/考え方、ライブの場としてのLow End Theory
◎それぞれのライブで使用している機材、アサイン方法
◎質疑応答
◎実際のパフォーマンス(1人10分程度)

【ストリーミング】
Low End Theory Japan
Sound & Recording Magazine
Soundrope

TUNECORE JAPAN