原雅明氏の新レーベル『rings』が始動!

The Choice Is Yours by Sound & Recording Magazine編集部 2014年10月7日

rings_logo_finish

本誌連載『THE CHOICE IS YOURS』連動ブログ。執筆者の原雅明氏が、新たに「rings」の名のもとに作品のリリースを開始します!

これまでdisques-cordeレーベルよりカルロス・ニーニョ&フレンズ、Suzukiski、ラス・Gなどさまざまなリリースを重ねてきた原氏。rings設立の経緯についてはSound & Recording Magazine 2014年11月号のコラム『THE CHOICE IS YOURS』を参照いただきたいが、11月19日のリリース第一弾は、氏がネット・ラジオdublab.jpなどの活動を通して関係を深めてきたアドヴェンチャー・タイム(フロスティ&デイデラス)、鈴木勲&DJケンセイによる2作品となった。

 

 『オフ・ビヨンド』
アドヴェンチャー・タイム
rings:RINC-1

プリント

 

1990年代半ばに南カリフォルニア大学のカレッジ・ラジオ局で出会い、dublabを立ち上げたフロスティとデイデラス。ともに屈指のDJ/音楽オタクでもある2人が、サンプルと電子音を織り交ぜ、極彩色のビートを紡ぎ出す。

 

 アドヴェンチャー・タイム(フロスティ&デイデラス)

AT_photo

デイデラス:
エキセントリックであり、電気的で、伝染するエネルギーの持ち主。デイデラスことアルフレッド・ダーリントンの色鮮やかで幅広い音楽は、一言では言い表せない。数々のショッキングなLP、EP、リミックス、そして絶賛されているインプロビゼーション満載のライブを体感すれば、彼ほどまでにユニークなアーティストは存在しないことを実感するはずだ。最新ソロ・アルバムはBRAINFEEDERからの『The Light Brigade』。
daedelusmusic.com

フロスティ:
1999年に非営利のWebラジオ局兼クリエイティブ集団であるdublab.comをLAの仲間と設立。それ以来、彼はdublabと共にポジティブな音楽、アート、カルチャーを世界中に広めている。dublabのfuture rootsラジオ放送以外にも、“dublab presents”のアルバム・リリースや世界中で開催されるアート展のキュレーションも担当。LA Weekly誌で“LAのベストDJ”を受賞した彼は、世界中を廻りながらエキゾチックな場所でエキセントリックなレコードをプレイ。dublab.comで彼の長期にわたるラジオ番組『Celsius Drop』も定評がある。
dublab.com/frosty

 

 『ニュー・アルケミ』
鈴木勲&DJケンセイ
rings:RINC-2

プリント

 

2013年に渋谷wwwで行われたRBMA Weekender presents “Beacon In The City”における50分のセッションを収録。事前の決めごとを直前で破棄し、完全即興で臨んだ2人の緊張感あふれる演奏を収録。

鈴木勲&DJケンセイ

OMA_KENSEI

鈴木勲(写真左):
1950 年代の米軍キャンプでのプレイで一躍注目を集めて以来、現在に至るまでジャズ・ベース/チェロ奏者及び作曲家として第一線で活躍している。リーダー・アルバムは50枚を超え、『BLOW UP』(TBM)、富樫雅彦との共作『陽光』(キング)は、日本ジャズ賞を受賞。スイスのネットラジオRadio Jazz Internationalで世界のジャズ・ミュージシャンから20傑に選ばれ“JAZZ GODFATHER”の称号を授かる。

DJケンセイ(写真右):
DJ の可能性を追求するDJとしてのレンジの広さもさることながら、ヒップホップDJとして1980年代後半から主に90年代にかけてその時代のフレッシュなサウンドをリアルタイムで、数多くのクラブの現場でプレイしてきた。そして同時にDJ視点の作品もさまざまな名義で数多くリリースしている。ライブ・ミュージシャンとしてもターンテーブルやCDJ、リズム・マシンやラップトップ・コンピューター、エフェクターなど使い、積極的にさまざまなアーティストとセッションを行っている。

TUNECORE JAPAN