dublab.jpにて9月よりピーター・バラカンと近田春夫による新番組「脱法ラジオ」がスタート!

The Choice Is Yours by サンレコ編集部 2014年9月1日

dappou

本誌連載『THE CHOICE IS YOURS』連動ブログ。2014年9月よりdublab.jpで新しいプログラムが始まります。ピーター・バラカンと近田春夫の両氏がホストDJを務める、その名も「脱法ラジオ」。日本のラジオではなかなか聞くことができないスリリングな放送をお楽しみください!

「脱法ラジオ」

放送日時:9月10日(水)19:00〜
聴取方法:dublab.jpのホームページ(http://dublab.jp/)にアクセス。Mixlrアプリ(無料)をダウンロードすれば、スマートフォンでも聴取が可能です。

 

 

「脱法ラジオ」intro by 近田春夫

PERSPECTIVES IN ROCK ~「比較文化論」としてのロック~

 

この番組に関して、発案をしたのは私です。
それは下記の理由によります。つまり

 

1. ピーター・バラカン氏と私は、同い年(ともに1951年生まれ)であること。ちなみに私は植木等、バラカン氏はなんとロバート・プラントとお誕生日が一緒というのも、なんとなく可笑しい。ほぼ同じ時間をすごし、こうして出会った。

 

2. 好奇心の方向性、共有してきた時間の同期量、背景となる常識の量および質。そのように共通項も多く持ち、出自のコントラストひとつにせよシンブルに誰からも見極めやすい。(少なくともターゲット層においてそれは顕著だろ?)アイコンだよ。このラインナップは!

 

3. つまり、ひょっとしたら、このふたりの「揺るぎなき座標軸どおしの軋轢」(笑)から、大命題”ROCKとはなんぞや?”に番組の趣旨が自動的に収斂をはじめるのではないか!?とかなんとか・・・

 

実は、案外このふたりぐらいしか〝ROCKとはなんぞや?〟を、論理的にディベートし続けられるDJはいないんじゃない?(笑)しかも、ふたりとも正鵠な日本語で説明、言語化、抽象化するのが〝趣味〟っていうキャラでせう?(笑)

バラカン氏と私は、ふたりともDJとして芸もあれば、確固たる見識もあるわけだから、意見交換から無限の可能性を引き出せる確率は高い。〝こりゃ、リスナー的に絶対面白い!〟って直観して、紆余曲折ありましたが、今日のこの運びとあいなりました。

 

※ちなみに、既存の放送局がコンプライアンスで萎縮する中、タブーを恐れず本音で語るという意味をこめて「脱法ラジオ」と命名したのも私です。

 

 

TUNECORE JAPAN