W Record Vol.1/Beat Invitationalレポート!

The Choice Is Yours by サンレコ編集部 2013年1月31日

DSC_9939-thumb-650xauto-62033

本誌連載『THE CHOICE IS YOURS』連動ブログ。今回は2013年1月24日に渋谷WWWで行われたW RecordとLow End Theory Japanによるフリー・イベントBeat Invitationalの模様をレポートしていきます!

渋谷のライブ・スペースWWWが設立した新レーベルW Recordよりリリースされた『W Record Vol.01』。その連動リアル・イベントとして、Low End Theoryでおなじみのビート・メイカーのショウケースBeat Invitationalが、さる1月24日に開催された。当日は『W Record Vol.01』に参加した8名の気鋭クリエイターがそれぞれ2曲のニュー・ビートを披露。今回は演者全員が横並びで他のビート・メイカーの演奏を聴くというレイアウトが採用され、”ステージとフロアの境界を無くす”Beat Invitationalの精神がより強調された構成となった。ここでは、出場者のパフォーマンスの模様を、使用機材写真とともに紹介していこう。  Photo:Hideo Seiki

 

DSC_9341.jpg
Quarta 330

▲トップバッターはHYPARDUBに所属する唯一の日本人アーティストQuarta 330。APPLE MacBookとオーディオ・インターフェースMOTU Microbook IIというシンプルなセットアップで、オリジナリティあふれるベース・ミュージックを披露。後に続く良い流れを作った

 

DSC_9353.jpg

Yagi
▲ILLSUGIらとともに渋谷ROOMで開催されている「Trane」のレジデントも務めるYagiはアナログ・レコードの質感豊かな煙たいビートを披露

DSC_9238.jpg

▲音源はコンパクト・サンプラーBOSS SP-303とYAMAHAのダブル・カセット・デッキKX-W602。MACKIE. 1202-VLZ Proでまとめている

 

 

DSC_9399.jpg

Jemapur
▲自身のLAKHOレーベルほかからエクスペリメンタルな作品群をリリースしているJemapurは、引きつるような電子音響でオーディエンスを圧倒

DSC_9237.jpg

▲オーディオ・インターフェースはRME Fireface UCX。ヘッドフォンはAKG 702を使用

 

 

DSC_9466.jpg

Yoshi Horikawa
▲UKのFIRST WORD、フランスのEKLEKTIKに所属するYoshi Horikawa。親指ピアノの演奏も絡めたスケールの大きなステージ構成を見せた

DSC_9240.jpg

▲APPLE MacBook ProにインストールされたABLETON LiveをNOVATION Zero SL MKII、STEINBERG CMC-PDでコントロール。オーディオ・インターフェースはAPOGEE Duetを使用

 

 

DSC_9538.jpg

Himuro Yoshiteru
▲ジョン・ピール・セッションへの参加やOILWORKSからのリリースなど多彩な活動で知られるHimuro Yoshiteruは、高速ブレイク+日本語ラップでオリジナリティを発揮

DSC_9244.jpg

▲こちらも使用ソフトはLive。コントローラーのAKAI PROFESSIONAL APC40の奥にはALESIS Air Synthの姿も見える

 

 

DSC_9266.jpg

YOUNG-G
▲オープニングDJも務めた山梨のヒップホップ・アクト=StillichimiyaのYOUNG-G。SERATO Scratch Liveシステムを使い、「やべ〜勢いですげー盛り上がる」のスペシャル・ライブ・エディットを熱演。見事アンコールを勝ち取った

 

 

DSC_9813.jpg
OMSB
 


▲SIMI LABでの活動に加え、SoundCloudでの音源をまとめた『Kitajima”36″Sublaw』、ソロ作『Mr. “All Bad” Jordan』など精力的な展開を見せるOMSB。Beat InvitationalでもCDターンテーブルとDJミキサーを使いダークかつファンクネスあふれる2曲を披露

 

 

DSC_9830.jpg

Primula
▲2012年にテーリ・テームリッツもリミックス参加した1st『Youth Center』を発表したPrimulaがトリ。「Boys At The Cape」のMVで見せたダンスも披露し場内を沸かせた

DSC_9239.jpg

▲DJミキサー型のMIDIコントローラーはM-AUDIO X-Session Pro、オーディオ・インターフェースはNATIVE INSTRUMENTS Audio 4 DJを使用

vol01_jacket.jpg

ここで紹介したアーティストが参加したコンピレーション・アルバム『W Record vol.01 featuring Beat Iinvitational supported by Low End Theory Japan』は、W Recordよりフリー・ダウンロードできます

関連リンク:
W Record
Low End Theory Japan

 

TUNECORE JAPAN