宇多田ヒカルSony Store Daysで360 Reality Audioを体験

レポート by 松本伊織(サウンド&レコーディング・マガジン編集部) 2019年8月23日

utada_Banner

昨年、デビュー20周年を迎え、約12年振りに開催した国内ツアー“Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018”を敢行した宇多田ヒカル。ツアー映像作品の発売を記念し、全国のソニーストアにてイベント“Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018 Sony Store Days”が開催されている(入場無料:一部展示は予約/整理券制)。

ソニーストア店内には宇多田が実際に着用したステージ衣装の展示や、作品のハイレゾ試聴、PlayStationVRのライブ・コンテンツ(「光」「誓い」→リンク)の体験などが行われている。

PlayStation VR用アプリ“Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018 - "光" & "誓い" - VR”の体験コーナー。アプリはPlayStation.Storeで入手可能

PlayStation VR用アプリ“Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018 – “光” & “誓い” – VR”の体験コーナー。アプリはPlayStation.Storeで入手可能

これまで大阪、札幌、名古屋を巡回してきたこのイベント、東京・銀座では明日8月24日(土)〜9月1日(日)の開催。続いてソニーストア 福岡天神で9月6日(金)~9月15日(日)の間で予定されている。

中でも注目したいのは、SONYが現在開発中の最新の音響技術を用いた“360 Reality Audio”のデモンストレーション2曲(「あなた」「Play A Love Song」)だ。宇多田ヒカルの録音/ミックスを担当しているエンジニア、小森雅仁氏が新たにマルチチャンネル・ミックスを手掛け、ライブ映像とともに13.1ch環境でそのサウンドを体感できる。

ソニーストア 銀座での360 Reality Audioのデモ再生環境は、MUSIKELECTRONIC GEITHAIN RL906×13基とBasis 13Kで構成。5.1chサラウンドのL/C/R/SL/SRの各スピーカー上に5本、さらにL/C/Rの下に3本とサブウーファーという配列で設定されていた。

360 Reality Audio試聴コーナー(予約制)

360 Reality Audio試聴コーナー(予約制)

試聴は2chステレオの「あなた」から。続いて360 Reality Audioで「あなた」が再生される。ステレオと比較するとエコー感が増えたように感じられるのだが、それが宇多田のボーカルを阻害していないのはマルチチャンネルの効果だろうか。会場となった幕張メッセの天井の高さを、そのまま再現しているような印象だ。続く「Play A Love Song」では客席のハンド・クラップに囲まれているさまや、そのクラップが上に抜けていく感じが絶妙に再現されていた。

SONYでは、360 Reality Audioの具体的な展開についての発表は準備中とのこと。今後このテクノロジーを導入したヘッドフォンや家庭用スピーカーをリリースしていく予定があるという。その点で言えば、今回の宇多田のライブ映像を使ったデモは、この「360 Reality Audioの制作現場側」のモニター環境に近いととらえることができるだろう。

この360 Reality Audio体験試聴は先着申し込み制。イベント詳細や申込みは下記URLを参考にしてほしい。

https://www.sony.jp/store/retail/event/utada-sonystoredays/

ツアーでの宇多田の衣装も展示

ツアーでの宇多田の衣装も展示

Walkmanでのハイレゾ試聴も行える

Walkmanでのハイレゾ試聴も行える

参考:360 Reality Audio公式サイト
https://www.sony-asia.com/electronics/360-reality-audio

TUNECORE JAPAN