【サックス用語辞典】第39回 パーム・キィ・ライザー、サイド・キィ・ライザー

知っててよかった!サクブラ用語辞典 [サックス編] by 加度克紘 2014年8月25日

手の大きい人にとって左手のパーム・キィは演奏しづらいキィです。手が大きすぎるとパーム・キィと手のひらまでに距離ができてしまい、速い演奏が難しくなりがちです。

これを解消するためのパーツがパーム・キィ・ライザーです。読んで字のごとくパーム・キィを上げる(英語でrise)ものです。

DSC_0130cut

▲ハイDキィとハイFキィに付いているのが、ゴム製のパーム・キィ・ライザー

滑り止めとしても使えるゴム製のものは、安価(900円前後)に手に入ります。ただし、ゴム製品は楽器の振動にも影響を与えてしまうので、金属製のパーム・キィ・ライザーもあります。

 

またこれと似た目的で右手のサイド・キィ用としてサイド・キィ・ライザーもあります。

こちらもパーム・キィ・ライザー同様に、サイド・キィの高さを上げ、運指を行いやすくするものです。

楽器に取り付けて使用するので振動に影響があり、楽器の鳴り方は若干変わってしまいますが、パーム・キィ使用時に演奏しづらい状態が続くと手に負担をかけ、痛める原因にもなってしまいます。

こういったパーム・キィ・ライザーなどで工夫することも考えてみるのもいいでしょう。

 

加度克紘

広島県尾道市出身。高校入学と同時にテナーサックスを始める。1年後アルトに転向。その後、甲陽音楽学院で荒崎英一郎氏に師事。甲陽音楽学院卒業後、渡米。ボストンのバークリー音大に入学。Fred Lipsius、Dino Govoni、Bill Pierce、Jim Odgren各氏に師事。ジャズからポップス、R&B等幅広くこなす。現在は自己のグループを率いての演奏、作曲/編曲活動の他、ノア・ミュージックスクールでサックス講師としてサックスの指導も精力的に行う。
著書「一生使えるサックス基礎トレ本 サックス奏者のためのハノン」「サックスに学ぶおいしいギター・フレーズ99+2 ジャズ編 ギタリストが思いつけない音の組み立て方」「一生使えるアドリブ基礎トレ本 サックス編瞬発力と応用力を高めるデイリー・トレーニング集」「サックス・プレイヤーのための全知識」「100個のフレーズを吹くだけで飛躍的にサックスが上達する本」(すべて小社刊)

http://katsuhirokado.com

TUNECORE JAPAN