【サックス用語辞典】第27回 ストラップ・フック

知っててよかった!サクブラ用語辞典 [サックス編] by 加度克紘 2014年6月2日

サックスのストラップには楽器を取り付けるフックの部分も多数の種類があります。

今回はその違いについて解説していきます。

 

通常フック

メーカーの純正品などに多く取り入れられている、先端がU字型になったタイプのものです。

楽器の着脱が容易に行えるというメリットがあります。

ただし座奏の際に譜面に書き込むなど、前かがみになったときはストラップが外れることもあるので注意してください。

メーカーによってはフックがS字型になっているなど形状が工夫されているものもあります。

 

27-1 metal cut

 

スナップ・フック

楽器が不意に外れてしまわないようにロック機能のついたフックです。

楽器の落下事故を防いでくれる、安全性重視のタイプです。

 

27-2pla cut

 

フックの材質

ストラップ・フックには金属製とプラスチック製の2種類があります。

材質によって音は少し異なりますが、それはプラスチックと比べて金属が楽器の振動を妨げないことが音に影響していると思われます。

また金属製のフックはストラップ・リング(ストラップを取り付ける楽器側の輪っかの金具)を削ってしまうことがありますが、プラスチック製のフックはストラップ・リングに負担をかけないことがメリットとして挙げられます。

 

見た目や機能でも自分好みのストラップを選んでみてはいかがでしょうか。

加度克紘

広島県尾道市出身。高校入学と同時にテナーサックスを始める。1年後アルトに転向。その後、甲陽音楽学院で荒崎英一郎氏に師事。甲陽音楽学院卒業後、渡米。ボストンのバークリー音大に入学。Fred Lipsius、Dino Govoni、Bill Pierce、Jim Odgren各氏に師事。ジャズからポップス、R&B等幅広くこなす。現在は自己のグループを率いての演奏、作曲/編曲活動の他、ノア・ミュージックスクールでサックス講師としてサックスの指導も精力的に行う。
著書「一生使えるサックス基礎トレ本 サックス奏者のためのハノン」「サックスに学ぶおいしいギター・フレーズ99+2 ジャズ編 ギタリストが思いつけない音の組み立て方」「一生使えるアドリブ基礎トレ本 サックス編瞬発力と応用力を高めるデイリー・トレーニング集」「サックス・プレイヤーのための全知識」「100個のフレーズを吹くだけで飛躍的にサックスが上達する本」(すべて小社刊)

http://katsuhirokado.com

TUNECORE JAPAN