【サックス用語辞典】第14回 スワブ

知っててよかった!サクブラ用語辞典 [サックス編] by 加度克紘 2014年3月3日

「スワブ」とは紐が付いた布の事です。サックス演奏後に必ず行ってもらいたいのがスワブ通し。

革製タンポの天敵であるサックス内部の水分をとってあげることが目的です。

紐には重りが付いています。

その重りが付いた紐を管体に入れ、数回通すことで水分を拭き取ります。

 

kado_13

 

近年ではスワブの布の材質も変わってきています。

柔らかい素材はもちろん、毛羽立たなく、吸水性に優れたマイクロ・ファイバー製の布なども使用されています。

また、スワブにはサイズもあります。

ネックに適したSサイズなどからサックス本体用まであり、用途によって選ぶことも可能です。

スワブ通しで一番気をつけなければいけないのが「スワブ詰まり」。

これは管体の中で紐が絡まって完全に抜け出なくなる現象。紐が布に絡まった状態で入れてしまうと起こります。

スワブ詰まりもリペア・ショップで直してもらえますが、避けたいトラブルです。

 

 

加度克紘

広島県尾道市出身。高校入学と同時にテナーサックスを始める。1年後アルトに転向。その後、甲陽音楽学院で荒崎英一郎氏に師事。甲陽音楽学院卒業後、渡米。ボストンのバークリー音大に入学。Fred Lipsius、Dino Govoni、Bill Pierce、Jim Odgren各氏に師事。ジャズからポップス、R&B等幅広くこなす。現在は自己のグループを率いての演奏、作曲/編曲活動の他、ノア・ミュージックスクールでサックス講師としてサックスの指導も精力的に行う。
著書「一生使えるサックス基礎トレ本 サックス奏者のためのハノン」「サックスに学ぶおいしいギター・フレーズ99+2 ジャズ編 ギタリストが思いつけない音の組み立て方」「一生使えるアドリブ基礎トレ本 サックス編瞬発力と応用力を高めるデイリー・トレーニング集」「サックス・プレイヤーのための全知識」「100個のフレーズを吹くだけで飛躍的にサックスが上達する本」(すべて小社刊)

http://katsuhirokado.com

TUNECORE JAPAN