ウェイン・ヘンダーソン(クルセイダーズ)のトリビュート・ライブ開催!

サクブラ編集部ブログ by 湯川 雅宗 2014年8月4日

今年4月に逝去したザ・クルセイダーズのトロンボーン奏者ウェイン・ヘンダーソンを偲び、ザ・クルセイダーズ、ジャズ・クルセイダーズの名曲のカバーするライブ『村長Quintet ~WAYNE HENDERSON tribute live~』が8月17日(日)東京倶楽部水道橋店にて開催される。

今回このライブでは『サックス&ブラス・マガジンVol.29』のクルセイダーズ特集でウェイン・ヘンダーソンとウィルトン・フェルダー(sax)の奏法分析を担当した鈴木“村長”洋一郎(tb)と堂地誠人(sax)の2人がフロントを務め、アーシーかつ洗練されたファンキー・チューンやソフト&メロウなナンバーなどを2管のアンサンブルで聴かせる予定だ。

村長 Group Live

会場:東京倶楽部 水道橋店

日程: 8月17日(日)

時間:Open 18:30  Start 19:10

チャージ: 予約2,920円(当日500円UP)

メンバー:鈴木“村長”洋一郎(tb.尺八) 堂地誠人(sax) 半田彬倫(p) 梅沢茂樹(b) 村上広樹(ds)

問い合わせ:東京倶楽部 水道橋店 03-3293-6056 (受付:17:00~23:00)

 

メンバー・プロフィール

IMG_1983

トロンボーン:鈴木”村長”洋一郎

京都府亀岡市出身。京都でトロンボーンを学んだ後、JB’sのトロンボーン奏者であるフレッド・ウェズリーのプレイに触発されライブ活動を開始。これまで幾多のバンド・ユニットなどに所属し、国内外でのライブ、各種メディア出演など参加している。現在、自己のバンド“BoneOut”や、寺内茂(tp)、大友正明(bs)らと結成した“KEMULUZ!”などでライブ活動中! オフィシャル・ブログ http://funkitbomb.exblog.jp

 

堂地

サックス:堂地誠人(どうちまこと)

大阪府出身。中学でサックスと出会う。高校卒業後渡米。帰国後は東原力哉クインテット等多数のバンドを経て、人力でハウス・テクノを演奏する“A Hundred Birds”ではフジロックやライジングサンなどに多数出演。ブラック・ミュージックをバックボーンに持ちながらあらゆるジャンルと融合させる柔軟かつボーダレスなスタイルで活躍している。大阪のPopcornで毎月第一木曜日に開催している人気ジャムセッション『Funk Juice』主宰。

 

cover_Ä

『サックス&ブラス・マガジンVol.29』

 

ザ・クルセイダーズ特集

・クルセイダーズの軌跡(歴史&サウンド分析)

・ウェイン・ヘンダーソン・インタビュー&楽器紹介

・ウィルトン・フェルダー・インタビュー&楽器紹介

・ウェイン・ヘンダーソン奏法分析(解説&模範演奏:鈴木”村長”洋一郎)<CD連動>

・ウィルトン・フェルダー奏法分析(解説&模範演奏:堂地誠人)<CD連動>

・管楽器奏者が語るザ・クルセダーズの魅力:兼崎順一(tp)、村田陽一(tb)、佐野聡(tb)、宮崎隆睦(sax)

・バンド・スコア 「Keep That Same Old Feeling」ファイヤー・ホーンズVer.<CD連動>(演奏/解説:ファイヤー・ホーンズ)

TUNECORE JAPAN