YAMAHA、オンライン遠隔合奏サービスSYNCROOMを6月正式スタート。Netduettoの発展形

PRODUCTS by サウンド&レコーディング・マガジン編集部 2020/04/09

Syncroom

YAMAHAは、2020年6月ごろより、遠隔地からでも複数人で合奏が楽しめるオンライン遠隔合奏サービスSYNCROOM(シンクルーム)を公開する。

SYNCROOMは、 インターネット回線を介して遠隔地間の音楽合奏を実現し、複数のユーザー同士(最大5拠点)でオンライン・セッションが楽しめるサービス。 インターネット回線につながったパソコンにアプリケーションをインストールし、 ユーザー登録を行うことで、 合奏に適したさまざまな機能を利用してオンライン・セッションを無料で楽しむことができるという。

開発中のSYNCROOM用アプリケーションのイメージ

開発中のSYNCROOM用アプリケーションのイメージ

 
インターネット回線を介したオーディオ・データの双方向送受信を極力小さな遅れで実現するYAMAHA独自の技術を使用。遠隔地間でも違和感をほとんど感じることなく、快適にオンライン・セッションが楽しめるとのこと。

YAMAHAでは、SYNCROOMに先行して、 ほぼ同等の機能を持つベータ版サービスNetduetto β2を公開中。 Windows/macOS版アプリケーションをダウンロードの上、無料で利用できる。
「NETDUETTO ラボ」 https://www.netduetto.net/

SYNCROOM公式サイト https://syncroom.yamaha.com/

 

TUNECORE JAPAN