CODA AUDIOがアレイ構成可能なポイントソース・スピーカーを発売

CODA AUDIO N-APS/N-SUB

PRODUCTS by サウンド&レコーディング・マガジン編集部 2019/11/05

N_APS

CODA AUDIOから、アレイとして構成することも可能なパッシブのポイントソース・スピーカー・システムがお目見え。11月13日(水)に発売される。

ラインナップは、6.5インチ径の低域ドライバーを2基備える2ウェイ・フルレンジ・スピーカーN-APS(420,000円)、15インチ径サブウーファーN-SUB(380,000円)の2機種。N-APSは、独自ドライバーが繰り出す低ひずみな音質とウェーブガイドによる位相特性の良さ、139dBという最大音圧などを特徴とし、縦置きと横置きの両方に対応。さまざまな用途に使える。

コンパクトさも魅力で、N-APSは外形寸法518(W)×200(H)×358(D)mm/重量11.2kg、N-SUは518(W)×418(H)×595(D)mm/重量28kgとなっている。

 

 

▲N-APS

▲N-APS

 

▲N-SUB

▲N-SUB

 

▲N-APS×3+N-SUB×3のアレイ

▲N-APS×3+N-SUB×3のアレイ

 

製品情報 https://www.hibino-intersound.co.jp/information/5761.html

CODA AUDIO

N-APS/N-SUB

税抜420,000円(N-APS)/税抜380,000円(N-SUB)
※表示している価格はニュース掲載時点のものです。また税込/税抜についてはメーカーの表示したものに準じて記載しています。

TUNECORE JAPAN