GENELEC The Onesファミリーを拡張する新モデル

PRODUCTS by サウンド&レコーディング・マガジン編集部 2019/09/06

左から、8361A、8351B、既発の8341A、8331A。後ろはW371A

左から、8361A、8351B、既発の8341A、8331A。後ろはW371A

GENELECは同軸3ウェイ・アクティブ・モニターThe Onesファミリーの新しいラインナップとして8361Aおよび8351Bを発表。The Onesファミリーを補完するアダプティブ・ウーファー・システムW371Aも併せて発表した。11月13日〜15日に幕張メッセで開催されるInter BEEで初披露される予定。

The Onesシリーズ最大サイズとなる8361Aは、クラス最高峰のピーク・レベル118dBを誇り、最大5mまでのリスニング・ポイントに対応。対称にレイアウトされた2基のウーファーは、サイズに合わせて新たに設計されている。

The Onesファミリーの第1号機、8351Aをアップデートした8351Bは、8341Aのエレクトロニクス・デザインおよび8361Aのドライバー技術から着想を得て、音圧レベルの増加、室内音響補正EQの追加、ディレイ補正と高域特性の強化など、その優れたサウンドに磨きをかけたモデルとなった。

W371Aは、8341、8351、8361モニターを補完するようにデザインされたアクティブ・ウーファー。これらのモデルと組み合わせることで、ラージ・モニターに代わるスタジオのメイン・モニターとして使用することができ、ニアフィールド/メインで位置が変わらず、定位のイメージを変更することなくレベルとレンジの拡張が可能になるという。

 

TUNECORE JAPAN