ROLAND最高峰シンセJupter-Xシリーズ発表

Roland JUPUTER-X/Roland JUPITER-Xm

PRODUCTS by サウンド&レコーディング・マガジン編集部 2019/09/05

Roland JupiterX

ROLANDは、最新の音源技術と高い演奏性、高級感のあるデザインを兼ね備えたフラッグシップ・シンセサイザーJupiter-Xと、その機能を凝縮したモバイル・タイプのJupiter-Xmを発表した。価格はいずれもオープン・プライスで、発売はJuputer-Xmが先行し、11月の予定。Jupiter-Xは2020年春の発売となる。Jupiter-Xはステージを意識し、アナログ・シンセの名機Jupiter-8を踏襲したデザインを採用。Jupiter-Xmはこれを踏まえた37鍵モデルで、小型スピーカーも内蔵した電池駆動対応モデルだ。

Juputer-XとJupiter-Xmの音源部には、Fantomシリーズと同様のZenCoreと、さまざまなアナログ/デジタル・シンセのモデリング音源を搭載。発売時には、Jupiter-Xのデザイン・ベースとなっているJupiter-8のほか、Juno-106、JX-8P、SH-101といったアナログ・シンセのほか、デジタル・シンセとして人気を博したXV-5080、さらにステージ・ピアノRD-700GXという計6種類の音源を用意している。また、後にさまざまなモデリング音源が発表される予定で、これを追加することも可能。複数のモデルをレイヤーして演奏することもできる。

AIを搭載した新開発のアルペジエイター機能I-ARPEGGIOも搭載。演奏情報を解析し、リズム・パターンやフレーズを生成する。スマートフォンやタブレット端末との接続が可能なBluetooth機能も搭載。アプリと連携した楽曲制作も可能となっている。

Roland

JUPUTER-X

オープン・プライス
※表示している価格はニュース掲載時点のものです。また税込/税抜についてはメーカーの表示したものに準じて記載しています。

Roland

JUPITER-Xm

オープン・プライス
※表示している価格はニュース掲載時点のものです。また税込/税抜についてはメーカーの表示したものに準じて記載しています。

TUNECORE JAPAN