【YAMAHA/レコーディングカスタム】ヤマハシステムドラムスの原点とも言えるモデルが進化を果たし再登場!

PRODUCTS 2016/06/30

 1976年から2013年まで販売され、約40年間に渡って愛されてきたヤマハシステムドラムス「レコーディングカスタム」が、音質の向上を追求。現代のレコーディング環境に最適なモデルに進化を遂げて再登場した。

 新「レコーディングカスタム」は、世界的なトップドラマーであるスティーブ・ガッドの開発協力を得て、音質の向上を最大限に追求。また、録音機材の進化により、自宅などでレコーディングするケースが増えたことも考慮し、前モデルのキャラクターを継承しつつ、小さなサイズでも音量や鳴りをキープできるよう工夫し、現代のレコーディング環境に適したスタイルに進化している。

 シェルには100%北米産バーチ材を使用し、バーチ特有の芯のある太い中低音域とパワーのある音量を実現。「レコーディングカスタム」最大の特徴であるハイテンション・ラグは、重量を増した新しいデザインに改良され、芯の太いまとまった音と切れ味の良いサステインを実現している。外装仕上げでは、「レコーディングカスタム」の歴史を継承するカラーや新色を含む4色のカラー・フィニッシュを用意。また、「レコーディングカスタム」のサウンド・キャラクターにマッチするスネア・ドラムとして、シャープでソリッドなサウンドのステンレス・スティール・シェル、奥行きと深みのあるサウンドのブラス・シェル、3.0mmアルミ・ダイカスト・フープを搭載し明るく切れのあるサウンドが特徴のアルミ・シェルを採用したメタル・スネア、計7機種も新登場。各モデルの概要は以下に紹介(価格は税別)。スネア以外はバーチ6プライ(6.0mm)で、シェル内面はダークブラウン塗装、カラー・バリエーションはリアルウッド(RW)、ソリッドブラック(SOB)、クラシックウォルナット(WLN)、サーフグリーン(SFG)となっている。

 バスドラムは6種類で、24"×14"の「RBB2414」(197,000円)、22"×18"の「RBB2218」(197,000円)、22"×16"の「RBB2216」(187,000円)、22"×14"の「RBB2214」(177,000円)、20"×16"の「RBB2016」(177,000円)、18"×14"の「RBB1814」(157,000円)。ヘッド・トップはヤマハレモ・コーテッドP3(20"~24")、ヤマハレモ・コーテッド・アンバサダー(18")、ヘッド・フロントはヤマハレモ・スムース・ホワイトP3。

 フロアタムは3種類で、18"×16"の「RBF1816」(103,000円)、16"×15"の「RBF1615」(94,000円)、14"×13"の「RBF1413」(85,000円)。ヘッド・トップはヤマハレモ・コーテッド・アンバサダー、ヘッド・ボトムはヤマハレモ・クリア・アンバサダー。

 タムタムは9種類で、16"×14"の「RBT1614」(81,000円)、14"×12"の「RBT1412」(71,000円)、13"×11"の「RBT1311」(67,000円)、13"×9"の「RBT1309」(66,000円)、12"×10"の「RBT1210」(62,000円)、12"×8"の「RBT1208」(61,000円)、10"×9"の「RBT1009」(58,000円)、10"×7.5"の「RBT1007」(57,000円)、8"×7.5"の「RBT0807」(53,000円)。 ヘッド・トップはヤマハレモ・コーテッド・アンバサダー、ヘッド・ボトムはヤマハレモ・クリア・アンバサダー。

 スネアドラムは、ステンレス胴が2種類で、14"×5.5"の「RAS1455」(59,000円)、14"×6.5"の「RAS1465」(61,000円)。ブラス胴が3種類で、13"×6.5"の「RRS1365」(58,000円)、14"×5.5"の「RRS1455」(61,000円)、14"×6.5"の「RRS1465」(63,000円)。アルミニウム胴が2種類で、14"×5.5"の「RLS1455」(57,000円)、14"×7"の「RLS1470」(60,000円)。ヘッド・トップはレモ・コーテッド・アンバサダー、ヘッド・ボトムはレモ・スネア・アンバサダー。

製品情報

YAMAHA / RBB2214
価格:¥197,000 発売日:2016/6/23
【スペック】
●口径:24"●深さ:14"●シェル:バーチ 6ply(6.0mm)※シェル内面ダークブラウン塗装●いぇんション:10●エアホール:1●エッジ角:30°/R1.5●ラグ:ハイテンションラグ●フープ:ウッドフープ●ヘッド・トップ:ヤマハレモ・コーテッドP3●ヘッド・フロント:ヤマハレモ・スムース・ホワイトP3
【問い合わせ】
ヤマハミュージックジャパン お客様コミュニケーションセンター 管弦打楽器ご相談窓口 TEL:0570-056-808 http://jp.yamaha.com
デジマート・マガジン

TUNECORE JAPAN