屋内の音響特性再現に特化したリバーブ・プラグインAUDIO EASE「Indoor」

PRODUCTS by サウンド&レコーディング・マガジン編集部 2016/06/28

Empty House

フォーミュラ・オーディオは、AUDIO EASEのポスト・プロダクション向きリバーブ・プラグイン「Indoor」を7月1日に発売する。

屋内の音響特性再現に特化したリバーブ・プラグインで、10つのロケーションで、計1,000以上のインパルス・レスポンスを収録。1つの画面にて全ての操作を行える。マイクとスピーカーの数カ所の定位置、それぞれの組み合わせによる音響を再現する。

AUDIO EASE「Indoor」
http://www.formula-audio.co.jp/audioease/indoor/top.html
発売予定日:2016年7月1日
販売予定価格:84,000円(税別)

 

なお、AUDIO EASEは、実在するあらゆる空間から音響特性を抽出し、高品質のリバーブ成分を作り出すコンボリューション・リバーブ「Altiverb 7」、現実の空間や機器の音響特性をサンプリングし、再現するスピーカー・シミュレーター「SpeakerPhone2」」などユニークなソフトウェアをリリースしている。

「Altiverb 7」
http://www.formula-audio.co.jp/audioease/altiverb7/top.html
「SpeakerPhone2」
http://www.formula-audio.co.jp/audioease/speakerphone2/top.html

 

TUNECORE JAPAN