【Providence/BRICK DRIVE BDI-1】歪みとクリーンをミックス! 幅広く使えるプリアンプ&DI

PRODUCTS 2016/06/24

 プロビデンスより、Vitalizer B内蔵のベース・プリアンプに歪みとDIを搭載した「BRICK DRIVE BDI-1」が登場。Vitalizerとはバッファー回路の一種で、音質劣化やノイズなど外部の影響を受けやすいハイ・インピーダンス信号をロー・インピーダンスに変換、楽器本来の特性を踏まえ、あえてHi-Fiになりすぎないように調整されている。この回路をベースなどの低域レンジに最適化した“Vitalizer B”を入力段に採用。輪郭のぼやけやすい低音域であっても、引き締まったクリアなサウンドを出力する。VZ THRU端子にもこの信号が出力されるため、ロー・インピーダンス化されたパラレル・アウトとして、他のペダルやチューナーにも接続できる。

 また、本機はドライブ・サウンドとクリーン・サウンドをミックス可能で、MIXコントロールにより歪みのニュアンスを変化させることができる。歪みサウンドは、クリーンとミックスすることを想定して作り込まれているため低音域の濁りが少なく、強く歪ませた場合でもクリーンを足してベース・ラインにメリハリを付けたり、クリーンに歪みを足すことで音を厚くするなど、幅広いセッティングを実現。さらに、ベース用ストンプ型プリアンプDBS-1の回路を基にしたイコライザーは、Treble/Mid/Bassに加え、倍音成分をコントロールして音の輪郭を立たせることができるPresenceを新たに追加している。

 加えて、ミニ・スイッチによりエフェクト・オフ時のモードをBYPASS/MUTEから選択。BYPASSモードではVitalizer Bを経由したダイレクト音を出力し、MUTEモードはその名の通り消音できるので、ベース本体の交換やチューニング時に活用できる。その他、ライブやレコーディングでも安心のバランス・アウトや、万が一のグランド・ループ・ノイズにも即時に対処するグランドリフト・スイッチも装備。内部動作電圧は21Vに昇圧し、高いダイナミック・レンジを確保している。厳選されたパーツとベース用の回路機構設計により、ロー・ノイズも実現。多彩なサウンド・メイクと充実の機能性により、ライブからレコーディングまで幅広く対応してくれる便利な一台だ。

製品情報 デジマートでこの商品を探す

Providence / BRICK DRIVE BDI-1
価格:オープン 発売日:2016/7/2 デジマートでこの商品を探す
【スペック】
●コントロール:CLEAN LEVEL、DRIVE LEVEL、MIX、DRIVE GAIN、BASS、MID、MID FREQ、TREBLE、PRESENCE、BYPASS/MUTEモードSW、BYPASS/MUTE-OFF SW、CLEAN-DRIVE SW、GND LIFT SW●端子:1/4インチ標準フォンタイプ(IN、OUT、VZ THRU)、XLRタイプ(DI OUT)、DC12V入力●電源:付属専用ACアダプター(PAP-712DCJ)●消費電流:DC12V 最大70mA(エフェクトオン時)●サイズ:125(D)×97(W)×50(H)mm●重量:約380g
【問い合わせ】
パシフィクス TEL:045-510-4060 http://www.providence.jp
デジマート・マガジン

TUNECORE JAPAN