【Wren and Cuff/Elephant Skin】Mastodonの強烈な歪みを生むシグネチャー・ペダル!

PRODUCTS 2016/06/09

 2006年、カリフォルニアにてハンドメイド・ギターとベース・エフェクターの制作を始めた“Wren and Cuff Creations(レナンドカフ・クリエーション)”。現在では、ビンテージ・サウンドの完全再現を目指したペダルや、新しいサウンドを探求したペダルで、世界中のミュージシャンから支持されている。今回新たに登場したのは、世界的なメタル・バンド“マストドン”のボトムを支えるトロイ・サンダース(Ba,Kb,Vo)のシグネチャー・ファズ・ペダルだ。

 「Elephant Skin(エレファント・スキン)」は、2010年以降に彼がメインの歪みとして愛用してきたTall Font Russian(トール・フォント・ルシアン)をベースに、“XT”ノブと新たなフット・スイッチを追加装備したもの。エクストラ・ゲイン・ステージが付加され、“ノブを11まで回す”ように攻撃的な歪みが得られる。また、バンドのシンガーとしても集中できるよう、シンプルな操作性についても考慮されている。左のフット・スイッチのみオンにするとクリーン・ブースト、右のフット・スイッチのみオンにするとTall Font Russianの歪み、両方をオンにすると攻撃的なハイ・ゲインTall Font Russianとなる。このサウンドは、Tall Font Russianとクリーン・ブースターを組み合わせれば得られるものではなく、新たなゲイン・ステージを追加した本機ならではのもの。トロイのサウンドを求めるベーシストにはもちろん、ギタリストにもおすすめだ。

 なお、ハンド・ワイヤードによるトゥルー・バイパス装備で、駆動は9V電池または2.1mmセンター・マイナスDC 9Vアダプターにて。

製品情報 デジマートでこの商品を探す

Wren and Cuff Creations / Elephant Skin
価格:オープン デジマートでこの商品を探す
【問い合わせ】
LEP INTERNATIONAL http://lepintl.jimdo.com
デジマート・マガジン

TUNECORE JAPAN