【Demeter amplification/BASS 800】プロ水準の機能と音質! 800Wの真空管ベース・アンプ

PRODUCTS 2016/06/03

 最高のコンポーネントを使用して、熟練のクラフトマンがハンドメイドで製作を行なう、カリフォルニアのブランド“ディメター・アンプリフィケイション”。今回新たに登場したのは、クリーンかつパワフルなサウンドを生み出す真空管ベース・アンプヘッド「BASS 800」。コンパクトなベース・アンプ・ヘッド「BASS 400」の上位機種にあたる、800Wバージョンの「BASS 800」は、真空管を用いてクリーンで美しく、パワフルなサウンドを実現している。

 「BASS 800」の成り立ちは、80年代に遡る。1982年、設計デザイナーのジェームス・ディメターが、ベーシストのリーランド・スカラーのために真空管プリアンプ「VTBP-201」を設計。2010年代に入り、そのクリーンかつリッチなサウンドが再評価されたことを受け、ディメターはリーランド・スカラーが所有しているVTBP-201をあらためて解析、VTBP-201 サーキットを再設計した。さらに同時期、当時のPCBが150枚発見されたため、真空管プリアンプに最新のクラスDパワーアンプを組み合わせた製品を開発。そうして生まれたのが、「BASS 400」や「BASS 800」だ。

 インプットにはアクティブ/パッシブの切り替えスイッチを装備しており、パッシブのチューブ・トーン・コントロールはトレブル/ミドル/ベース/プレゼンスの4バンド仕様を採用。さらに、トーン全体のカラーを切り替えられるダーク/ノーマル/ブライトの3モードを装備し、幅広い表現の可能性と、ハイエンドな音質を両立している。

 またアウトプット端子は、スピコン/フォン・コネクターのコンボ・タイプで、ロック式のスピコンまたは一般のフォン・ケーブルのどちらも利用可能。さらに、プリアンプ・アウトプットやセンド/リターン端子も装備している。なお、本機はD.I.出力(バランスド・スタジオ・アウト)を標準装備。この出力は、スイッチでEQ回路の前後を選択可能。加えて、オプションでこのD.I.出力を、マーカス・ミラーも愛用する同社のVTDB-2B D.I.同様“Jensenトランス”にアップグレード・オーダーすることも可能だ(希望小売価格 税別215,000円)。さらに、通常モデルは“Tolexスタイル”を採用しているが、特注で”Cageスタイル”のデザインもオーダーできる。

 クリアながらパワフルな高品質のサウンド、そしてプロ指向のスペックを持つ真空管アンプ「BASS 800」。こだわり派のベーシストにオススメの一台だ。

製品情報 デジマートでこの商品を探す

Demeter amplification / BASS 800
価格:¥185,000 デジマートでこの商品を探す
【スペック】
●334(幅)×267(奥行)×158(高さ)mm ※ゴム足含む
【問い合わせ】
アンブレラカンパニー TEL:042-519-6855 http://umbrella-company.jp/index.html
デジマート・マガジン

TUNECORE JAPAN