MOOG初のテーブル・トップ型セミ・モジュラー・シンセ「Mother-32」発売

PRODUCTS by サウンド&レコーディング・マガジン編集部 2016/03/28

mother32

コルグ・KID(KORG IMPORT DIVISION)は、MOOG「Mother-32」を発売する。

本製品は、MOOG初のテーブル・トップ型セミモジュラー・シンセで、アルミ押し出し材による堅牢なエンクロージャー、木製側板を装備。電圧制御32ステップ・シーケンサーには、64種類のシーケンスをメモリーできる。

MOOG独自のラダー型ローパス、ハイパス・フィルター、2基の電圧制御ミキサー、デュアル・アウトプットを備えたMOOG伝統のオシレーター、可聴帯域でのモジュレーションも可能なワイドレンジLFO、MIDIインプット、MIDI-CV変換機能、ホワイト・ノイズ、32パッチ・ポイントのモジュラー・パッチベイ、さらに16種類のソースによるアサイナブルCVジャックも装備している。

また、メイン・モジュールは脱着可能で、ユーロラック・ケースに取付可能。2基または3基のMother-32をマウントできる2ティア、3ティア・キットをオプションとして別売する。

mother32-b

▲別売オプションの 2 ティア・ラックスタンドを用いたセットアップ例 (2 台の Mother-32 を使用)

MOOG Mother-32
2016年3月下旬発売
92,000円(税抜)

製品問い合わせ
(株)コルグお客様相談窓口 TEL: 0570-666-569

TUNECORE JAPAN