【ストライモン】至高のアナログ・テープ・サウンドを再現する「デコ」

PRODUCTS 2014/10/21

 1950〜60年代に登場したオープンリール・テープデッキを、まるでその場で操作しているかのようなアナログ・テープ・サウンドを再現するデコ(実勢市場価格は32,000円前後)。本機最大の特徴は、「テープ・サチュレーション」と「ダブルトラッカー」というふたつのテープ・デッキ(モード)だ。

 「テープ・サチュレーション」では、テープ・コンプレッションと、薄く透明感のあるテープ・オーバードライブで、サウンドを太くスムーズに仕上げてくれる。また、テープ・マシーン本来の機能である、プレイ中のセンシティビティやダイナミクスを強調してくれるので、透明感を低レベルでも保持し、高音域の尖ったサウンドを抑え、倍音豊かなローエンドを実現。サチュレーション・ツマミを回すとテープ・ドライブが増え、ダイナミクスのコンプレッションとディストーションがさらに付加される。
 
 「ダブルトラッカー」では、ラグタイム・コントロールの操作でサイケデリックなテープ・フランジング、ダブル・トラック・コーラス、スラップバック・テープ・エコーを再現。ワブル・コントロールでは、わずかなランダム・モジュレーションから過激な揺れまで、レコーディング・エンジニアが行うテープ・スピードの操作を実現する。
 
 また、ブレンド・タイプでは位相やルーティングを調整することで、音色や低音域のレスポンスが変化。SUMは2台のデッキが同位相の状態、INVERTはラグ・デッキ側が逆位相の状態、BOUNCEはラグ・デッキ側の右チャンネルは逆位相になり、それが左チャンネルの入力に送られるため、ステレオ時にはピンポン・ディレイのような効果が得られる。モノラル時にはリピートが2回繰り返されるように聴こえる。
 
 さらに、デコには5つのノブ・コントロール以外に、2ndファンクション・コントロールが存在する(両方のフット・スイッチを押しながら各ノブを回すことで操作可能)。ハイ・トリム(サチュレーション・ツマミ)では、高音域を上下するシェルビング・フィルターの周波数を調整。トー・トリム(ボリューム・ツマミ)では、ハイパス・フィルターの周波数をコントロールして低音域を調整。ダブルトラッカー・ブースト/カット(ブレンド・ツマミ)では、ダブルトラッカーのエフェクト・レベルを3dBブースト/カットし、レベル調整が可能。ワイド・ステレオ・モード(ラグ・タイム・ツマミ)では、ワイドなステレオ・イメージをコントロール。オート・フランジ・タイム(ワブル・ツマミ)では、オート・フランジのスイープ時間が調整できる。

製品情報 デジマートでこの商品を探す

strymon / DECO
価格:オープン デジマートでこの商品を探す
【スペック】
●入力インピーダンス:1MΩ●出力インピーダンス:100Ω●S/N比:110dB●最大入力レベル:+8dBu●A/D & D/A性能:24bit、96kHz●DSPパフォーマンス:1596 Mega FLOPS●入力電圧:9V DCセンターマイナス、250mA●付属品:専用パワーサプライ●重量:幅102×奥行き117×高さ67mm ※突起部含む●重量:450g
【問い合わせ】
オールアクセス TEL:03-5456-5032 http://allaccess.co.jp
デジマート・マガジン

TUNECORE JAPAN