GKピックアップ専用のプロセッサーGR-DとGR-Sがローランドより発表

Roland GR-D/GR-S

PRODUCTS by 編集部 2012/11/01

121101-roland2-main

ローランドは、ディバイデッド・ピックアップGK-3を装着したギターやV-Guitar GC-1に対応した、独自開発のテクノロジー「GK-Processing」搭載のプロセッサー2製品を発表した。

GR-DとSR-Sは、GKピックアップが各弦の弦信号を個別に抽出した上で、本製品のGK-Processing技術で処理を行う。

GR-Dは各弦独立処理ならではのキレを持つ「VG-DIST 1」、シンセ風の音色を融合し重厚感のある「VG-DIST 2」、クリアな和音の響きを保つ「POLY DIST」の3タイプの新しいディストーションを備え、アナログ・シンセ風のリード・サウンドもビルトインされている。ソロ・プレイ向きのサウンドに変化するSOLO機能や好みのサウンド・セッティングを記憶する便利なメモリー機能も搭載。

GR-Sは高音域で響くベルのような透明感溢れるサウンド「CRYSTAL」、弦ごとに独立したコーラスをアサインする「RICH MODULATION」、ストリングスの幻想的な響きを出す「SLOW PAD」、複弦ギターのようなきらびやかなサウンド「BRILLIANT CLEAN」の4つの音色を内臓。サウンドの響きを持続させるフリーズ機能、メモリー機能も備えている。

寸法は幅 (W)173 mm×奥行き (D)158 mm×高さ (H)57 mm、重量はGR-Dが1.1kg、GR-Sが1.2kg。12月中旬発売予定。

Roland

GR-D/GR-S

オープンプライス
※表示している価格はニュース掲載時点のものです。また税込/税抜についてはメーカーの表示したものに準じて記載しています。

問い合わせ
ローランド お客様相談センター
TEL: 050-3101-2555 http://www.roland.co.jp/

TUNECORE JAPAN