驚くべき耐久性を誇るホフィーのカーボンファイバー製ギター・ケース

Hoffee Case カーボンファイバーケース

PRODUCTS by 編集部 2012/07/19

120717_HoffeeCase-main

株式会社スリージーインターナショナルは、米ホフィー(Hoffee)のギター・ケースの国内販売を開始した。

アメリカの自社工場で最新の技術を駆使して製作されているホフィーのケース。その最大の特徴は驚異的な耐久性にある。

次の2つの動画には、開発者のジェフ・ホフィー氏自身が、ケースを踏みつけたり、投げ飛ばしたり、車に轢かせたりするなど、さまざまな耐久テストを行う模様が収録されている。特に2本目の動画はクレイジーな内容で、見ているこちらは思わず笑ってしまうほどだ。

ホフィーのケースの外装には、強固なカーボンファイバーに防弾チョッキにも使われているケブラーを混合したものが使われている。これは通常のカーボンファイバーに比べ、さらに強固で割れにくいという。また本体と蓋が隙間無く密着するよう設計されており、気密性も極めて高いようだ。

衝撃吸収のポイントとなる内装には、高品質なクッションに加え、特別に開発された緩衝材である”Closed Cell Form”を採用。さらにギターに直接触れる内張り布には、フィニッシュにダメージが起こらないかどうかのテストを重ねた柔らかい特別な生地が使われている。これらの内装は、強固な外装ケースに手作業で取り付けられているという。

▼内装

120717_HoffeeCase-01
さらに蓋をロックする金具の全てに鍵がついており、オプションで回転式の金具を取り付けることも可能。取っ手はレザー製。またショルダー・ストラップが取り付けられるように、Dリングが2つ取り付けられている。背中に背負えるようにストラップを2本付けることも可能(オプション)。そしてすべてのパーツは、アメリカで作られた頑丈なものを使用しているという。

ケースのサイズはラージとスモールの2つ。外側のカラーは、カーボンファイバー(黒)、ディープレッド、プラチナシルバー、ライトブルー、ディープグリーン、パープル、ソリッドホワイトの7色。内側のカラーはグリーン、レッド、ブルー、ブラック、グリーンの5色。

▼ディープレッドのケース

120717_HoffeeCase-02

また、フラットトップやアーチトップのアコースティック・ギター用以外にも、クラシック・ギターやマンドリン、バンジョー、エレクトリック・ギター用のケースも製作可能という。

なおホフィーのケースはすでに、Ervin Somogyi、Jeff Traugott、Mario Beauregard、Jason Kostal、Mike Baranik、Froggy Bottom、James Goodallなど、多くメーカーやルシアーに採用されているそうだ。

関連リンク

Hoffee Case

カーボンファイバーケース

オープンプライス
※表示している価格はニュース掲載時点のものです。また税込/税抜についてはメーカーの表示したものに準じて記載しています。

問い合わせ
スリージーインターナショナル
TEL: 03-3219-5828 http://www.3g-jp.com/

TUNECORE JAPAN