7.1chサラウンドを手軽に体験できるオーディオテクニカのワイヤレスヘッドホンシステム

audio-technica ATH-DWL3300/ATH-DWL3300RE

PRODUCTS by 編集部 2012/06/25

120620_ATH-DWL3300-main

株式会社オーディオテクニカは、7.1chサラウンドを手軽に体験できるデジタルワイヤレスヘッドホンシステム「ATH-DWL3300」を、2012年7月13日(金)に発売することを発表した。

「ATH-DWL3300」は、上位モデル「ATH-DWL5500」での音質重視のコンセプトはそのままに、新たな試みとしてインナーイヤータイプのヘッドホンを採用した7.1ch対応デジタルワイヤレスヘッドホンシステムだ。

付属の専用ヘッドフォンは、サラウンドの音にマッチするよう設計され、密閉性を活かした臨場感のある迫力のサウンドを軽快な装着感で楽しむことができる。また、レシーバーはヘッドホン着脱式を採用しているため、自分のお気に入りのヘッドホンで7.1chサラウンドを体験することも可能だ。

「ATH-DWL3300」の市場予想売価は、40,000円前後。

なお、増設用ヘッドホン/レシーバーセット「ATH- DWL3300RE」も同時に発売される。

ATH-DWL3300の主な特長

ヘッドホン着脱式のレシーバーを採用し専用ヘッドホンでもお手持ちのヘッドホンでも楽しめる。

手元操作ができるリモコン付きレシーバーは、ヘッドホンの着脱が可能。付属の専用設計ヘッドホンでも手持ちのヘッドホン(推奨インピーダンス:16~64Ω)でも、上質な7.1chサラウンド体験ができる。

専用設計ヘッドホンで音場定位に優れた臨場感。

オーディオテクニカの耳栓型ヘッドホンとして、最大口径となるφ14.5mmドライバーを採用。サラウンドの音にマッチするよう専用設計が施され、音場定位に優れ、迫力の臨場感が味わえる。

3D対応メガネ使用時でも気にならないインナーイヤータイプ。

付属のインナーイヤーヘッドホンを使用すれば、耳にかけて使う3D対応メガネを併用しても安心。圧迫のない装着感で、長時間楽しめる。

電波干渉や障害物に強い2.4GHzデジタル無線伝送方式。

赤外線方式と比べ、電波干渉に強く、障害物に遮られることのない2.4GHzデジタル無線方式を採用。最長約30mの到達距離の無線伝送が可能で、クリアな音をストレスなく楽しめる。

7.1chの迫力ある音場感を実現する「ドルビープロロジックⅡx」に対応。

2chステレオ、または5.1chサラウンドのコンテンツを7.1chサラウンドに拡張する「ドルビープロロジックⅡx」に対応。後方サラウンドchが追加され、つながりの良いサラウンド音場を創出。映画、音楽に適した2つのリスニングモードを用意。

長時間の映画鑑賞に最適な「ドルビーヘッドホン」搭載。

ドルビー社のヘッドホンサラウンド技術「ドルビーヘッドホン」に対応。耳元や頭の中で鳴っているような感覚をなくし、スピーカーで聞いているような音場空間を創出。不自然さや違和感のないサウンドは、長時間の鑑賞などに最適。

関連リンク

audio-technica

ATH-DWL3300/ATH-DWL3300RE

オープンプライス
※表示している価格はニュース掲載時点のものです。また税込/税抜についてはメーカーの表示したものに準じて記載しています。

問い合わせ
オーディオテクニカ お客様相談窓口
TEL: 0120-773-417 http://www.audio-technica.co.jp/

TUNECORE JAPAN