イギリスの軍用車輌の部品で作られた豪快なエフェクター「ミリタリーファズ」

J.A.M. SONIX MILITARY FUZZ

PRODUCTS by 編集部 2012/02/01

120125_JAMSONIX-main

イギリスのブランドJ.A.M. SONIX(ジェイエーエムソニックス)のエフェクター「MILITARY FUZZ」(ミリタリーファズ)の国内販売が、株式会社LEP INTERNATIONALにより開始された。

「Military Fuzz」のカーキ色の筐体は、1970年代から現在までのイギリス軍で実際に使われた軍用車輌の部品を再利用したものだ。この筐体は厚さ3mmの鋼板でできており、優れた堅牢性を備えている。傷や汚れの付き方が個体ごとに異なるのも特徴だ。

また「Military Fuzz」は基本的にはファズなのだが、小型アンプやラインドライバーとしても使えるものとなっている。

プロントパネル上のコントロールは、ボリューム(右奥)、フットスイッチ(右手前)、WARNINGスイッチ(左手前)の3つ。このうちWARNINGスイッチはOFF/ON/TESTの3つのモードを切り替えるためのものだ。

まずWARNINGスイッチをOFFにした状態では、「Military Fuzz」は通常のエフェクターとして機能する。このときフットスイッチはファズとクリーン(トゥルーバイパス)の切り替え用となる。

次にWARNINGスイッチをONにすると、本体に内蔵された小型の軍用スピーカーから音が鳴る。つまり「Military Fuzz」はファズ内蔵のポータブル・アンプとしても使えるわけだ。

そしてWARNINGスイッチをTESTにした状態でフットスイッチをONにすると、「Military Fuzz」内のアンプ部でブーストされた豪快なファズ・サウンド(の音声信号)がOUTPUTから出力される。またフットスイッチをOFFにすると、優秀なブースターに変わる。このTESTモードを使うことで、後段につないだアンプや他のペダル・エフェクターをパワーアップさせることができる。

なお前述のとおり、プロントパネル上のコントロールはボリューム、フットスイッチ、WARNINGスイッチのみだが、内部のトリマーによりファズとアンプ部のゲインの設定を変更することができる。

電源は9V電池。アダプターの使用は不可。

すべてがイギリス国内でハンドメイドで作られていることや、パーツが手に入ったときにのみ製作されているという点もこの製品の特徴だ。

関連リンク

J.A.M. SONIX

MILITARY FUZZ

52,290円
※表示している価格はニュース掲載時点のものです。また税込/税抜についてはメーカーの表示したものに準じて記載しています。

問い合わせ
LEP INTERNATIONAL
TEL: http://lepintl.jimdo.com/

TUNECORE JAPAN