新開発の音源システムを採用したステージピアノの最高峰「CP1」/ヤマハ新製品発表会レポート

ヤマハ CP1

PRODUCTS by 編集部 2010/01/20

アコースティックピアノメーカーとしての長年の経験を持ち、1976年からはエレクトリックピアノも手掛けてきたヤマハが、より高い表現力と演奏性を求めて新規開発したステージピアノ。発表会では井上鑑による解説とデモ演奏が披露された。

モデリング技術とサンプリング技術を融合させた「SCM」 テクノロジー

音色・音質だけでなく、コンサートにおいて求められる音量や可搬性など、アコースティックピアノでは実現できない要求も満たしてくれるステージピアノ。CP1は、同社が長年研究してきたアコースティック・ピアノ、エレクトリックピアノ開発の経験に、最新のテクノロジーをプラスし、ステージピアノとしての最高峰を目指したモデルだ。

まず大きな特徴となっているのは、モデリング技術とサンプリング技術を融合させた新音源システム「SCM(スペクトラル・コンポーネント・モデリング)」 テクノロジーの採用。これにより、従来のサンプリング方式では得られなかった音質・音色の変化のなめらかさまで表現が可能に。

また、アコースティック・ピアノだけでなく、往年のエレクトリックピアノの名器が持つ個性も再現でき、ハンマーの堅さや打弦ポイントといった発音機構も解析してパラメーターで調整が可能となっているのも特徴だ。

 

さらに、音作りの核となるところは、「ピアノタイプ+プリアンプ」「エフェクト」「アンプ」にブロック化されたコンポーネントを組み合わせることによって設定。合計17種類のピアノタイプを搭載し、ステージやレコーディングで十分にアーティストの要求に応えるクオリティといえるだろう。

安定した演奏性を提供する「NW-STAGE鍵盤」

もうひとつの特徴は新開発の木製鍵盤「NW-STAGE鍵盤」を備えていること。打鍵時の振動や歪みを抑え、吸湿性も高く滑りにくい安定した演奏性を提供している。

RIMG0400.jpg外観は非常にシンプルなデザインとなっており、ゲストの井上鑑も「初めてこの製品を見たとき、思った以上にスッキリしていた」との感想。
視認性の高い VFD(蛍光表示管)タイプのディスプレイと、操作感を追求したノブやスイッチが整然と配置され、演奏に集中できるように配慮されているのも特徴のひとつだ。

発売は昨年2009年の12月25日。現在は楽器店等でデモンストレーション演奏なども展開されているので、ぜひ店頭でCP1の魅力に触れてみてほしい。

≫≫キーボード・マガジン編集部による製品紹介記事はこちら

井上鑑インタビュー&デモンストレーション

・クリックすると画像を拡大できます。
RIMG0409.jpg RIMG0435.JPG

≫≫井上鑑オフィシャルサイト

≫≫ヤマハ CP1 紹介ページ

≫≫ヤマハからピアノ、ドラム、レコーダー3製品のフラッグシップモデルが登場

ヤマハ

CP1

525,000円
※表示している価格はニュース掲載時点のものです。また税込/税抜についてはメーカーの表示したものに準じて記載しています。

問い合わせ
ヤマハ お客様コミュニケーションセンター シンセサイザー・デジタル楽器ご相談窓口
TEL: 0570-015-808(ナビダイヤル)、053-460-1666(携帯電話、PHS、IP電話) http://jp.yamaha.com/products/music-production/

TUNECORE JAPAN