こんなに進化しています! 最新デジタルピアノのトレンドとは?

デジタルピアノショッピングガイド2011 by 編集部 2011年5月18日

デジタルピアノの性能は年々進化し、新しい製品が次々と発表されています。
特に、音やタッチの再現性は驚くほど向上し、アコースティックピアノを弾き慣れた人もほとんど違和感を覚えることなく演奏できるようになってきました。そんな最新デジタルピアノの数々を紹介するのが、このコーナーです。
まずは、デジタルピアノを理解するためのポイントを以下に整理しておきましょう。

Piano Feeling ピアノらしさの再現

dpguide2011-main-1.jpgグランドピアノの音を1鍵ずつ録音してリアルなサウンドを実現

最新デジタルピアノの多くは、良い状態に調整された高品質グランドピアノを1音1音ていねいにサンプリング(録音)した音色が用いられています。

それぞれの音は強弱によって何段階かに分けてサンプリングされるのがほとんどで、強弱のつながりを滑らかにする技術も採用。タッチの違いによる音色の変化をリアルに表現することができます。

dpguide2011-main-2.jpgアクション機構や材質、表面の手触りにまで工夫された鍵盤

デジタルピアノは鍵盤の感触が味気ない、というのはもう昔の話です。バネを使わずハンマーの重みで動くアクション機構が主流で、低音域では重く、高音域では軽くなるナチュラルな弾き心地。同音連打時の演奏性が自然になるよう工夫されたモデルもあるほか、鍵盤の材質や表面の質感を、よりアコースティッ クピアノに近づけた製品も増えています。

dpguide2011-main-3.jpgペダル一体型モデルでは踏み込み加減による表現もリアルに再現

鍵盤と並んで、ピアノの演奏性を大きく左右するのがペダル。キャビネットタイプのデジタルピアノはもちろんのこと、スリムなスタンドタイプの製品の 大半はアコースティックピアノと同じく3本のペダルを備えています。ダンパーペダルは踏み込み具合いで響き方を変えるハーフペダル対応のものが多く、ペダ ルを駆使した演奏表現も思いのままです。

dpguide2011-main-4.jpgピアノらしい響きをしっかり鳴らしてくれるスピーカー&アンプ

デジタルピアノの音はスピーカーを使って鳴らされますが、まるでアコースティックピアノが鳴っているような臨場感のある響きを求めて、スピーカーの数や配置、構造などが工夫されています。中にはスピーカーへ音を伝えるためのアンプにこだわった製品も。楽器店で実際に音を聴いて、その進化のほどを確か めてみてください。

Function デジタルならではの特徴

dpguide2011-main-5.jpg“普通のお部屋にピアノを置く”という夢をかなえるサイズ&デザイン

アコースティックピアノに比べて小型というのがデジタルピアノのメリットの1つ。特に、お部屋に置いたときの存在感を左右する”奥行き”に関しては、以前よりも短めのものが増えています。色に関しても、製品によって幅広いバリエーションがあり、インテリアのトーンに合わせて選ぶことが可能。楽しく弾くためには、見た目も大事です!

dpguide2011-main-6.jpg弾くことが楽しくなるさまざまな機能や内蔵曲の数々

多彩な機能もデジタルピアノの魅力。メトロノームや録音機能、伴奏機能はその代表格で、日々の練習に重宝するほか、生徒をとってレッスンを行ってい る人にも役立つでしょう。リバーブ(残響)などのエフェクト機能や、ピアノ以外の内蔵音色も、演奏をさらに楽しくしてくれます。操作も簡単なものがほとんどなので、機械が苦手な人も安心です。

次は、各メーカーのイチオシ機種をプロミュージシャンに試奏していただくコーナー。
下のリンクから音色やタッチ、機能に関するコメントを読んで、あなた自身のデジタルピアノ選びの参考にしてください!

dpguide2011-miyagawa-main.jpg

宮川 純 meets CASIO PX-730~豊かな強弱表現が魅力なスタイリッシュモデル

CASIO PX-730

dpguide2011-miyagawa-1.jpgのサムネール画像
dpguide2011-suguru-main.jpg

SUGURU(TSUKEMEN)meets KAWAI CA13~高級機種と同じ木製鍵盤を備えた質実剛健モデル

KAWAI CA13

dpguide2011-suguru-6.jpgのサムネール画像
dpguide2011-nakamura-main.jpgのサムネイル

中村姉妹 meets ROLAND HPi-7F~楽しい機能と豊かな音色で満足感あふれる1台

ROLAND HPi-7F

dpguide2011-nakamura-6.jpgのサムネール画像
dpguide2011-miura-main.jpgのサムネイル

三浦友理枝 meets YAMAHA CLP-380~トライ・アンプシステムで奏でる芳醇な音色が魅力

YAMAHA CLP-380

dpguide2011-miura-5.jpgのサムネール画像

まだまだあります!特選・最新デジタルピアノ

各メーカーのオススメ製品は製品はほかにもあります。
サイズ、価格、仕様など、幅広いバリエーションからお気に入りの1台を見つけてください。

CASIO

お問い合わせ: カシオ計算機 お客様相談室 0570-088901(ナビダイヤル)※PHS・IP電話からは03-5334-4828
http://casio.jp/emi/

dpguide2011-main-casio-1.jpg  dpguide2011-main-casio-2.jpg  dpguide2011-main-casio-3.jpg 

AP-6BP

価格: オープン価格
(市場予想価格200,000円前後)

デジマートで探す

PX-7WE

価格: オープン価格
(市場予想価格80,000円前後)

デジマートで探す

PX-130

ブラックメタリック調(PX-130BK/写真)、パールホワイト調(PX-130WE)
価格: 66,150円

デジマートで探す

セルヴィアーノAP-6BPとプリヴィアPX-7WEは、ともにカシオの電子楽器事業30周年記念モデル。AP-6BPは グランドピアノのように美しい光沢のブラックポリッシュ仕上げ、PX-7WEは明るいホワイトの本体が印象的です。どちらも弾きやすく高級感のあるツヤ消し鍵盤を搭載しています。プリヴィアPX-130はコンパクトなデザインが特徴で、別売スタンドや3本ペダルにも対応。いずれの機種も、強弱表現に優れた”リニアモーフィングAIF音源”と、連打性能を向上させた”3センサースケーリングハンマーアクション鍵盤”による、豊かな表現力が魅力です。

KAWAI

お問い合わせ: 河合楽器製作所 お客様相談室 053-457-1311
http://www.kawai.co.jp/

dpguide2011-main-kawai-1.jpg  dpguide2011-main-kawai-2.jpg  dpguide2011-main-kawai-3.jpg 

CA93

プレミアムブラックサテン調
価格: 357,000円

デジマートで探す

CN33

プレミアムブラックサテン調(CN33B/写真)、プレミアムチェリー調(CN33C)
価格: 166,950円

デジマートで探す

CN23

プレミアムブラックサテン調(CN23B)、プレミアムチェリー調(CN23C/写真)
価格: 120,750円

デジマートで探す

CAシリーズの最上位モデルCA93は、より滑らかな音色変化を実現したUPHI音源、レットオフフィールに対応した木製鍵盤RM3グランド、アコースティックの原理を応用した響板スピーカーなど、ピアノとしてのリアルな表現をとことん追求した1台。一方、グランドピアノの音とタッチを手軽に楽しめるのがCNシリーズ。いずれも鍵盤は象牙調のアイボリータッチで、レットオフフィール付きのCN33は36音色、281のレッスン曲を内蔵。機能をシンプルにまとめたCN23は15音色、151のレッスン曲を内蔵しています。

ROLAND

お問い合わせ: ローランド お客様相談センター 050-3101-2555
http://www.roland.co.jp/PIANO

dpguide2011-main-roland-1.jpg  dpguide2011-main-roland-2.jpg  dpguide2011-main-roland-3.jpg 

HP305

黒塗鏡面艶出し塗装仕上げ(H P305-P E S/写真)、サテンブラック仕上げ(HP305-SBS)、ローズウッド調仕上げ(HP305-R WS)
価格: オープン価格(市場予想価格200,000円前後/HP305-PESのみ250,000円前後)

デジマートで探す

DP990F

ミディアムチェリー調仕上げ(D P990F-M C/写真)、サテンブラック仕上げ(D P990FSB)
価格: オープン価格(市場予想価格150,000円前後)

デジマートで探す

FP-7F

ホワイト(FP-7F-WH/写真)、ブラック(FP-7F-BK)
価格: オープン価格(市場予想価格180,000円前後)

デジマートで探す

自然で豊かな響きを実現するスーパーナチュラル・ピアノ音源を搭載した、ローランドのデジタルピアノの最新モデルをご紹介。ピアノらしさを活かしたHPシリーズの中心モデルであるHP305は手ごろな価格ながらアイボリー・フィール鍵盤が採用された1台。DP990Fは奥行き約30cmのコンパクト&スタイリッシュなモデルで、鍵盤蓋を閉めると天面がフラットになるデザインが特徴です。可搬性に優れた軽量ボディのFP-7Fは、場所を選ばず高品位なピアノ演奏を楽しめるのが魅力。専用スタンドも別売りで用意されています。

YAMAHA

お問い合わせ: ヤマハ株式会社 お客様コミュニケーションセンター 電子ピアノ・キーボードご相談窓口 0570-006-808/携帯電話・PHS・IP電話からは053-460-5272
http://jp.yamaha.com/

dpguide2011-main-yamaha-1.jpg  dpguide2011-main-yamaha-2.jpg  dpguide2011-main-yamaha-3.jpg 

CVP-503

価格: 315,000円

デジマートで探す

YDP-161

価格: オープン価格(市場予想価格100,000円前後)

デジマートで探す

P-95

ブラック(P-95B/写真)、シルバー(P-95S)
価格: オープン価格(市場予想価格50,000円前後)スタンド L-85(写真)、L-85S(シルバー) 12,600円、ペダルユニット LP-5A 7,350円

デジマートで探す

CVP-503は、高品位な音色を奏でるピュアCFボイスと象牙調仕上げのGH3鍵盤でピアノとしての基本性能を固めつつ、272種類のスタイルを内蔵した自動伴奏機能や122の内蔵曲、演奏ガイドなど多彩な機能を搭載。YDP-161は、上級機種と同様のピュアCFボイスによるリッチなピアノ音色をシンプルに楽しめる1台。2つのパートを記録できる録音機能も備えています。コンパクトボディのP-95は、奥行きわずか295mm(本体のみ)。リビングや個人の部屋に置いても場所をとらず、本体のみだと12kgなので持ち運びも簡単です。

 

TUNECORE JAPAN