東広島でストリート・オルガンとコラボしてきました!

伊賀あゆみのもっとespressivo by 伊賀あゆみ 2012年5月17日

世界初演?!です。

5月11日~14日まで東広島に行ってきました。
ピティナ・ピアノステップのアドバイザーとトークコンサートを担当したのですが、ピアノスタイルのアレンジャーの石川芳さんもアドバイザーでご一緒だったのです。
せっかくのふたりでのトークコンサートなので、”何か新しいことができないか”と石川さんが考えてくださいまして、ストリート・オルガンとピアノのコラボが実現しました。

オルガンのアレンジはもちろん石川さん。
20個しか音のないオルガンとは思えない華やかなアレンジでした。
関西の楽器職人の方が運んでくださり、コンサート当日のリハーサルで初合わせ。
一緒に演奏すればするほど楽しかったです。

曲目は「アイアイ」と、私がリクエストした「ジュ・トゥ・ヴ」。
どちらも世界初演でした!!!!!
またどこかでお披露目できる機会があったらいいな~。

そして、ピアノ・ソロではクラシック曲に加え、ピアノスタイル4月号に掲載の「平清盛テーマ曲」も演奏してきましたよ。
レコーディングしてからしばらく時間が経つと、作品の見方も変わってきますね。
やはり時間をかけたほうが熟成できます。
1000人のホール、フルコンのスタインウェイで弾かせていただきましたが、”CDとは違う!”と生演奏の良さを感じてもらえたようで嬉しかったです♪

伊賀あゆみ

東京音楽大学卒業、同大学院伴奏コース修了。大学院在学中、奨学金を受けイギリス王立音楽院に短期留学。ピティナ・ピアノコンペティションG級、特級で金賞受賞。『ピアノで奏でる日本の抒情歌』(コロムビア)でCDデビュー。これを機に全国でコンサート活動を開始する。これまでに新日本フィルハーモニー、丸ビルオーケストラとの共演のほか、小学校コンサートにも力を入れ、文化庁による芸術家派遣などで90校以上の学校を訪れる。ピアノスタイルの付属CD演奏には創刊号から携わり、コラムも執筆中。現在は、演奏活動の傍ら、東京音楽大学で後進の指導にもあたっている。



TUNECORE JAPAN