渡辺謙 & ダース・ベイダー ドコモCM曲の楽譜掲載!

掲載曲紹介 by 編集部 2010年9月17日

皆様こんにちは。
本日の市ヶ谷は、また気温が高めで少し汗ばむ陽気です。
でも、肌に触れるのは乾いた風。
季節の変化は最初に湿度で感じられますね。

Feel, don’t think.

さて、いよいよ明日、9月18日に発売になる『ピアノスタイル2010年10月号』ですが、話題のCMで使われているクラシック曲のピアノソロスコアも掲載しています。

それは、世にも珍しい携帯電話の役を演じている渡辺謙が、あの『スター・ウォーズ』のダース・ベイダーと共演しているドコモのCMで流れている、『アルルの女』第2組曲より「 ファランドール」、というビゼー作曲の作品です。

Luke, I am your father.

「ファランドール」は、どことなくエスニックな匂いのあるキャッチーな楽曲で、秋に聴くのにもオススメの作品。
原曲はオーケストラで演奏されますが、10月号では楽しく弾けるピアノソロにアレンジしました。

なお模範演奏(ピアノスタイルでは基本的にすべての楽譜掲載曲の模範演奏を付属CDに収録しているんですよ!)は伊賀あゆみさん。
「ファランドール」は、難易度「A」というやさしいレベルのピアノソロにしたのですが、彼女の模範演奏だけを聴くと、“こ、こんな難しい曲が「A」なの?” なんて思ってしまうかもしれません。

“弾く”ということでは、「ファランドール」は確かに難易度「A」なのですが、やさしいレベルの曲のほうが演奏表現に関してはうーんと奥が深いので、表現力のあるピアニストが奏でると、とても豊かな音楽世界が表れます。
今回の伊賀さんの模範演奏は、そのとてもいい例だと思いますので、皆様ぜひぜひ模範演奏を聴いてみてくださいね。

そしてご自身でも表現力豊かな「ファランドール」の演奏に挑戦してみましょう!

May the force be with you !

模範演奏のように弾けないからといって、フォースのダークサイドに陥らないようにしてくださいね。

Use the Force !

※本日は気まぐれに、『スター・ウォーズ』シリーズの名ゼリフをちりばめてみました。
Feel, don’t think.はヨーダの言葉ですが、これってもともとはブルース・リーの『燃えよドラゴン』の名ゼリフなんですよね。

TUNECORE JAPAN