サカナクション最新ライブBlu-rayの「Dolby Atmosミックス」に迫るイベントを開催

NEWS by サウンド&レコーディング・マガジン編集部 2020/01/31

EVENT_top

去る1月30日に、御茶ノ水Rittor Baseにて、サカナクションのライブBlu-rayを題材とするトーク・イベントが開催された。1月12日に同所で行われたイベントのシリーズとなるもので、今回はBlu-ray作品に採用された「Dolby Atmosフォーマット」にフォーカス。サカナクションの江島啓一氏(写真中央左)、作品のミックスを手掛けたエンジニア浦本雅史氏(写真左)、DOLBY JAPANの中山尚幸氏(写真中央右)が、サウンド&レコーディング・マガジン編集部司会の下、Dolby Atmosの仕組みや作品のAtmosミックスについて解説した。会場には、サウンド・エンジニアをはじめとする関係者が多数来場。詳細は『サウンド&レコーディング・マガジン4月号』(2月25日発売予定)誌上にてレポートするので、ぜひご覧いただきたい。

<関連情報>
サカナクション ライブBlu-ray『SAKANAQUARIUM 2019 “834.194″ 6.1ch Sound Around Arena Session -LIVE at PORTMESSE NAGOYA 2019.06.14-』

Dolby Atmos

 

 

TUNECORE JAPAN