内橋和久ら日本勢も参加する『ポーランド ニューミュージック フェスティバル』 11/18-19に新宿ピットインで開催

NEWS by 編集部 2011/11/09

111109_PolishFestival-main

ポーランドから招いた9人のミュージシャンを中心に、日本のギタリスト内橋和久らも参加するイベント『ポーランド ニューミュージック フェスティバル』が、11月18日(金)と19日(土)の2日間、新宿ピットインで開催される。

ポーランドからの9名は内橋和久氏が選出したメンバーで、全員が初来日。1日目はポーランド勢の各ユニットによる演奏が中心で、2日目は内橋(G,effects)、吉田達也(Ds)、田中徳崇(Ds)、巻上公一(Voice)が加わっての即興セッションとなる。個性的なアーティストたちによる刺激的で斬新な音楽が楽しめそうだ。

ポーランドニューミュージックフェスティバル

 

内橋和久氏からのメッセージ

ポーランドから9人のユニークなミュージシャンを集めました。全員初来日です。

今回はワルシャワ、ブロッツワーフをベースに活動している個性派陣のなかから9人を選出。面白い人が多すぎて、選出には苦労しました。招聘したいミュージシャンは他にもいっぱいいましたが、特に自己のユニットを持つ人達、そして若手中心のラインナップになっています。

ポーランドには本当にユニークな人達が数多くいるにもかかわらず、あまり日本では知られていません。それぞれ全く違った音楽性を持つユニットなので、ポーランド勢同士も初顔合わせも多いようです。

初日は彼らのユニットをじっくりきいてもらい、2日目は日本からのミュージシャンもくわえていろんな組み合わせでセッションを行います。

今のポーランドの音楽シーンを担う彼らの演奏に乞うご期待。

関連リンク

TUNECORE JAPAN