【ライブ・レポート】the telephones @ さいたまスーパーアリーナ

ライブレポート by 編集部 2012年1月17日

2011年12月23日さいたまスーパーアリーナで行われた、the telephonesのライブ”SUPER DISCO Hits FINAL!!! ~そして伝説へ~”のライブ・レポートです。

_古渓一道 web用NAG9497.jpg撮影:古渓一道

 

the telephonesの2011年を締めくくる、そしてバンドのキャリアの節目ともなった、12月23日のさいたまスーパーアリーナ公演。そんな”特別な夜”への大きな期待感が、開演前の会場いっぱいに渦巻く中、「Monkey Discooooooo」でライブの幕は切って落とされた。ハイテンションなナンバーに、観客もメンバーのボルテージも一気に上がる。特にキーボードの岡本伸明のハイパーぶりは圧巻(?)で、キーボードは弾かずに、踊り狂うというパフォーマンスで会場を煽りまくる。2曲目「A A U U O O O」ではチア・リーダーたちと踊り、3曲目の「Baby.Baby.Baby」では、アリーナ中央に設けられたセンター・ステージでカウ・ベルを打ち鳴らしながら踊り……と、あまりキーボードは弾かないのか?と一瞬心配になる(笑)。

 河本悠貴_MG_3471.JPGのサムネール画像 撮影:河本悠貴


そんな心配を打ち消すように、4曲目「DISCO AGE MONSTERS」で、岡本はキーボード・ブースの中に収まる。その後バンドは、「Yeah Yeah Yeah」、「Punk Is Not Heavy Metal」、「I Am Me」「Just One Victory」と、最新アルバム『Rock Kingdom』からの楽曲を立て続けに披露、岡本は電子音を弾き鳴らし、キーボーディストとしての存在感を示す。ニューヨークで録音されたというロック色が強く打ち出された本アルバムの成果は、ライブという場において結実しており、彼らの中に漲るロックのエネルギーにとにかく圧倒された。

古渓一道_KAZ9290.jpg撮影:古渓一道

続く「SAIAMA DANCE MIRROR BALLERS!!!」では、レーザー光線が会場を全方位で照らすなど、この日のライブでは大会場らしい演出でも観客を魅了してくれた。「Homunculus」や「Re:Life」といった彼らのセンチメンタルな側面が表れたナンバーで聴かせた後、キラー・チューン「I Hate DISCOOOOOOO!!!」で後半戦に突入。続く「D.A.N.C.E to the telephones!!!」では、”人が入っていない”ことを告白した2階席に巨大な風船人形が現れ、踊り出す。その後は本編ラストの「HABANERO 26. Urban Disco」まで、メンバー、オーディエンスともとにかくハジけまくる。

河本悠貴MG_3810.JPG撮影:河本悠貴


 

ディスコ”を標榜する彼らの音楽は、確かにグルーブ満点で、ダンス・ミュージックとも言える。しかしそのベースにあるのは、最新作のタイトルにも表れているようにやはりロックなのだろう。ギター、ベース、ドラムが一体となって投げかけてくるソリッドなビート、それがベースになっているように思う。ただ、それを唯一無二のものにしているのが、キーボードのサウンドだ。彼らの音楽性にとって必要不可欠な”エレクトロ”の部分を担う岡本は、この日、いつもどおりにコルグMicrokorgとノードNord Leadをセット。ライブではダンサーとしても観る者を大いに楽しませてくれる彼だが、要所要所で際立つシンセ・フレーズも聴かせ、バンド・サウンドに彩りとメリハリを付けていた。

アンコールでは初めての日本語詞という新曲「D.E.N.W.A」と「swim, swim, swim」をプレイ。彼らの代表曲「Love&DISCO」では、大きな風船がいくつも会場中を飛び跳ね、割れると中からハートの風船が飛び出す。さらに飛行船まで登場するなど、最後まで大会場を生かした演出で魅せてくれた。そして「Drums, Basses, Guitars, Keys, And Your Love And Voice」で、そこにいるすべての人が声を1つにして歌い、その記念すべきライブは幕を閉じたのだった。

_古渓一道KAZ9426.jpg撮影:古渓一道

河本悠貴_MG_0202.JPG撮影:河本悠貴



SET LIST

01. Monkey Discooooooo
02. A A U U O O O
03. Baby, Baby, Baby
04. DISCO AGE MONSTERS
05. A.B.C.DISCO
06. Yeah Yeah Yeah
07. Punk Is Not Heavy Metal
08. I Am Me
09. Just One Victory
10. SAITAMA DANCE MIRROR BALLERS!!!
11. 2010
12. My Final Fantasy
13. Homunculus
14. Re:Life
15. Used Skin
16. fu~shit!!!
17. DaDaDa
18. electric girl
19. I Hate DISCOOOOOOO!!!
20. D.A.N.C.E to the telephones!!!
21. I Wanna Die
22. clashed mirror ball
23. White Elephant
24. sick rocks
25. HABANERO
26. Urban Disco
アンコール1 
27. D.E.N.W.A
28. swim, swim, swim
29. FREE THROW
30. Love & DISCO
アンコール2
31. Drums, Basses, Guitars, Keys, And Your Love And Voice
01. Monkey Discooooooo
02. A A U U O O O
03. Baby, Baby, Baby
04. DISCO AGE MONSTERS
05. A.B.C.DISCO
06. Yeah Yeah Yeah
07. Punk Is Not Heavy Metal
08. I Am Me
09. Just One Victory
10. SAITAMA DANCE MIRROR BALLERS!!!
11. 2010
12. My Final Fantasy
13. Homunculus
14. Re:Life
15. Used Skin
16. fu~shit!!!
17. DaDaDa
18. electric girl
19. I Hate DISCOOOOOOO!!!
20. D.A.N.C.E to the telephones!!!
21. I Wanna Die
22. clashed mirror ball
23. White Elephant
24. sick rocks
25. HABANERO
26. Urban Disco
アンコール1 
27. D.E.N.W.A
28. swim, swim, swim
29. FREE THROW
30. Love & DISCO
アンコール2
31. Drums, Basses, Guitars, Keys, And Your Love And Voice

 

TUNECORE JAPAN