ハイパー・メロディック・ベンディングを身に付ける!/MI Japan ギター・クリニック

MI JAPANギター・クリニック by 工藤純 2010年6月11日

真剣に音楽と向き合いたいミュージシャンが集うMI JAPANことMusicians Institute Japan。アメリカ最大の音楽学校Musicians Instituteと直結した実践的講義が評判だ。MI JAPAN講師が誌上クリニックを展開していくこのコーナー、今月は仙台校の工藤純が登場です!

皆さん、初めまして。MI JAPAN仙台校の工藤純です!

普段MIでは譜面の読み方を学ぶ授業を担当してますが、それ以外ではタッピングのバリエーションについて、みんなが持っているテクニックをどう発展させるかなどを中心にレッスンしています。

今回のセミナーでは、練習熱心な読者の皆さんがすでに持っている(と思われる)テクニック、ズバリ”ベンディング(チョーキング)”にひとひねり加えて発展させてみたいと思います! 一緒にがんばりましょう!

 

▼対応動画【MI×ギタマガ】OPEN HOUSE/工藤純

基本練習

▼クリックで拡大

mi_gm_2010_06_score_1

このふたつの例は同じコード進行で弾いたもので、どちらも多数のベンディングが含まれています。そして、そのすべてが半音ベンドだということに注意して下さい。

1(対応動画 – 1:01から)は、スケール内の半音で隣合った音を中心にハーフ・ベンドの連続が多数含まれたフレーズ。たった今弾いた音を半音下からのベンディングで瞬間的に弾き直すというトリックです。

2(対応動画 – 1:30から)はスライドからベンディングにつなぐテクニックが多く含まれています。スライド・アップからでもスライド・ダウンからでもスムーズにベンディングへとつなげるのがポイントとなります。

ここで(1)(2)ともに注意しておきたいのは、指板上ではスケールに含まれないフレットからのベンディングが隠れている点。間違って音を下げないように気を付けましょう。

特にベンディングというテクニックは表記上ではニュアンスが完璧に伝わりきらないことも多いので、まずは動画で雰囲気を掴んでみて下さい!

トレーニング譜面解説

さらに効果的な練習法を4つの例で見てみましょう。

▼クリックで拡大

mi_gm_2010_06_score_A

A(対応動画 – 4:15から)は特定の音階を1本の弦だけで上昇&下降したものです。拍の表で弾いた音を、拍の裏で半音下からベンド・アップするだけのいたってシンプルなリック。ところが慣れないとかなり難しいかと思います。もとの音階とは関係なく、必ず目的の音の半音下(1フレット下)からベンド・アップというのがポイントです。きれいに音程をキープできるように弾きましょう。

▼クリックで拡大

mi_gm_2010_06_score_B

B(対応動画 – 5:18から)は同じアイディアを、ペンタトニック・スケールに応用したもの。弦が変わるとベンディングで引っ張る上下方向が入れ替わったり、ピッチ・コントロールの微妙な力具合も変わるので、よ〜く耳を使ってね!

▼クリックで拡大

mi_gm_2010_06_score_C

C(対応動画 – 6:17から)はBと同じスケールを別の角度から弾いたもの。今度はスライドからのベンド・アップになるので、よりメロディックでエモーショナルな響きに!

▼クリックで拡大

mi_gm_2010_06_score_D

最後のD(対応動画 – 7:28から)はごく普通のメジャー・スケールを用いたもの。とは言ってもA〜Cのテクニックが総合的に含まれているので難易度高し。とにかく耳を使ってできるだけ正確なピッチを心がけましょう!

ここまでで基本から応用の仕方までを見てもらいましたが、フレーズ作りのうえで何か良いヒントになればうれしいです。

それでは!

工藤純(くどう じゅん) プロフィール

git_kudo14歳でギターを始め、高校卒業後にMI仙台校へ入学。グレッグ・ハウやブレッド・ガースドなどのスタイルに傾倒。2002年にMI卒業後、2004年ギター・コンテストでの優勝を経てGIT講師となる。

本人からのメッセージ

仙台を拠点にKonta Bandというインスト・バンドでサイド・ギターを担当しています。セミナーのついでにぜひバンドと僕個人のMyspaceなんかもチェックしてもらえたら嬉しいです。メロディックなギター・インストに興味のある方は僕のMySpaceにあるiTunesもクリックしてみて下さい。

MySpace – Jun Spinner Kudo
MySpace – Noboru Konta

■本記事について

本記事は、『ギター・マガジン2010年6月号』掲載のページを転載したものです。

→『ギター・マガジン2010年6月号』の詳細を見る

MI JAPAN OPEN HOUSE:3誌連動・動画クリニック

mijapan-footerlogo.jpg

MI Japanは、ハリウッドにある世界最大級の音楽学校MI(MUSICIANS INSTITUTE)の日本校として、全国6ヵ所に拠点を置くミュージシャン養成機関。

MI JAPAN各校の詳細はmusicschool-navi.jpで!

OPEN HOUSEロゴ

MI Japanのプログラムを1日に凝縮した体験レッスンのこと。レギュラー講師によるクリニックなどにも,レベルを問わず誰でも参加可能。参加には予約が必要。スケジュールなどは、http://www.mi-japan.com/event/open-house.htmlでチェック!

3誌連動動画クリニックに登場した講師陣のプロフィールはこちら

TUNECORE JAPAN