△7アルペジオを使った ジャズ的アプローチの フレージング・アイディア/MI Japan ギター・クリニック

MI JAPANギター・クリニック by 岡 弘二 2014年1月14日

MI JAPAN東京校の岡弘二です。1982年に武蔵野音楽学院プロ養成科に入学。ジャズ/フュージョン・ギターを専攻し,同校卒業後は米軍基地内クラブでの演奏やディナー・ショーでのバック・バンドなど,ギタリストとして幅広い音楽活動を開始。その後もジャズやフュージョン,R&B・ファンク・ブルース・ゴスペル・カントリー・ポップス・ロック,アイリッシュやインド音楽など多ジャンルで国内外の多数のミュージシャンと共演し,演奏活動を続けています。また,今年は教則本『はじめてのジャズ・ギター』(リットーミュージック刊)の監修(執筆・演奏)も行ないました。MI JAPAN東京校では96年から講師となり,GIT(ギター科)の初代主任講師も務めさせてもらいました。授業では,ジャズ・ギターやブルース・ギターのレッスン,アドリブのトレーニング,プライベート・レッスン,スタンダード・ジャズやファンク/ R&Bのアンサンブル・クラスなどを教えています。

基本型の練習

アドリブ・ソロやメロディ作りに役立つ,△7アルペジオを使ったフレージング・アイデアを紹介します。ジャズ的なアプローチですが色々なジャンルで使ってみて下さい。
△7アルペジオは,コードのR(ルート)・3(メジャー3rd)・5(パーフェクト5th)・△7(メジャー7th)で,C△7の場合はR=C(ド)・3=E(ミ)・5=G(ソ)・△7=B(シ)となります。
譜例は6弦ルートでのC△7のアルペジオですが,ルートではなく△7から弾き始め,△7で伸ばしています。こうすることにより△7音が強調されジャズらしいフィーリングが得られます。3・4小節目は途中から運指が変わる型なので合わせて覚えましょう。
譜例は5弦ルートでのC△7のアルペジオです。こちらも6弦ルート同様に3・4小節目は途中から運指が変わります。反復練習で覚えたら,C△7以外のコードでも弾けるように,これらの6弦ルート・5弦ルートの型をズラして練習してみましょう。

フレージング・アイディアとトレーニング

次に,アルペジオをくずしてメロディ化させます。弾く順番や音符や休符の長さをいろいろ変えてフレーズになるようにしていくわけです。
譜例は各コードに合わせた△7アルペジオを使ったフレージング例です。各コードでの基本型を確認してから弾いてみましょう。アルペジオのくずし方の参考にして下さい。
ここからがフレージング・アイディアです。ここまでに練習した△7アルペジオをm7コードで使用してフレージングする方法です。9thや9th&13thが入っても良い,マイナーKeyのm7・m7などで使用します。
譜例はm7コードのルートから3フレット上の音をルートとする△7アルペジオでフレージングするアイディアです。Am7ではC△7アルペジオ,Dm7ではF△7アルペジオを使います。平行調の関係になっていると覚えてもいいでしょう。このアイディアではm7コードの♭3・5・♭7のコード・トーンに9thのテンションが加わる音使いとなります。
譜例はm7コードのルートから2フレット下の音をルートとする△7アルペジオでフレージングするアイディアです。Am7ではG△7アルペジオ,Dm7ではC△7アルペジオを使います。このアイディアではm7コードの♭7のコード・トーンに9th・11th・13thのテンションが加わるドリアン・スケール的音使いとなります。テンション感が強くなるため,通常のm7コードでのフレージングにほどよく混ぜて使うといいでしょう。
譜例はこれらをミックスして交互に使うアイディアです。ひとつのm7コードに対してふたつの△7アルペジオを使うので,近いポジションでの型が見えるように確認しておきましょう。

140317-mi-g-3

本記事について

本記事は『ギター・マガジン2013年12月号』掲載のページを転載したものです。

MI JAPAN OPEN HOUSE:3誌連動・動画クリニック

mijapan-footerlogo.jpg

MI Japanは、ハリウッドにある世界最大級の音楽学校MI(MUSICIANS INSTITUTE)の日本校として、全国6ヵ所に拠点を置くミュージシャン養成機関。

MI JAPAN各校の詳細はmusicschool-navi.jpで!

OPEN HOUSEロゴ

MI Japanのプログラムを1日に凝縮した体験レッスンのこと。レギュラー講師によるクリニックなどにも,レベルを問わず誰でも参加可能。参加には予約が必要。スケジュールなどは、http://www.mi-japan.com/event/open-house.htmlでチェック!

3誌連動動画クリニックに登場した講師陣のプロフィールはこちら

TUNECORE JAPAN