がんばれ! ニッポンのギタリスト – アーティストからの応援メッセージ

マガジン連動 by 編集部 2011年4月18日

gm5-ganbare-main

このたびの東日本大震災で被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げます。地震のせいでギターが弾けない状況になってしまった方が被災地にはたくさんいることでしょう。そして、この未曾有の災害に日本中のギタリストが心を痛めていることと思います。

被災地のギタリストにまたギターを弾いてもらいたい、そして日本中のギタリストに元気になってもらいたいという願いを込めて、アーティストからのメッセージをお届けします。ギターには力があります。こんな災害をものともせず、素晴らしい音楽を生み出すのはきっとニッポンのギタリストだと信じています。

(野口広之/ギター・マガジン編集長)

 

※掲載は50音順

會田茂一 | 荒井岳史 | 有馬和樹 | 石原愼一郎 | ichiro | いまみちともたか | 牛尾健太 | 内田勘太郎 | EITA | 小沼ようすけ | 小野瀬雅生 | カトウタロウ | 川崎亘一 | 菊田俊介 | 木暮”shake”武彦 | KOTO | サンノヘシゲカズ | JIM | TAXMAN | 竹内朋康 | 田渕ひさ子 | 土屋公平 | 寺内タケシ | 戸高賢史 | TRICERATOPS | 仲井戸”CHABO”麗市 | 中山加奈子 | 西川進 | 野呂一生 | ハタユウスケ | 原田喧太 | 古市コータロー | 布袋寅泰 | 松原正樹 | YUKI | 吉野寿 | 吉村秀樹 | 渡辺香津美

會田茂一(FOE/髭)

あるべき未来にむけてイカした音楽を、そしてギターを奏であいましょう! 必ずLIVEしに行くぜ〜!

荒井岳史(the band apart)

今回の被災地の一つ、岩手県大船渡に友人達がいます。彼等はTILITILIというバンドをやっていて、地震で楽器を失ったかもしれません。でもまた一緒に対バンする日を楽しみにしています。音楽が心を慰めてくれる時もあると思います。実際に鳴ってなくても心で鳴っているその存在自体に救われることもあると思います。どうか皆さん、元気で頑張ってください。そして近いうちにまた東北でライブさせてもらいたいなと思います。

PHOTO : RUI HASHIMOTO

有馬和樹(おとぎ話)

被災地の皆さんが、
無理をせず、深呼吸して、日々を過ごせるように
祈っています。

ぼくらは東京から
光を届けるために
音楽を鳴らし続けます。

石原愼一郎(EARTHSHAKER)

天災の大震災、人災の福島原発、この2つが重なり恐ろしい被害が出た。
被害に遭われた方は、あまりの痛みで明日の事は考えたく無いだろうし、しばらくは大好きな音楽もギターも思い出せないと思う。
でも、時の流れと共に心の痛みが少しずつ消えて来たら、もう一度大好きな音楽を聴き、ギターを手にしてみてほしい。
僕はいつも音楽とギターに心を救われてきた。
無理矢理がんばらなくていい。もう一度音楽に身をゆだねてみてほしい。

ichiro

この甚大な地震と津波の被害には非常に胸が痛みます。多数の友人、知人が被害に遭いましたが幸いにも全員無事でした。一日も早い復興を願うと共に、この現実を一丸となって乗り越えて行かないといけないと思います。無限の力を放つ音楽の角度から人の心を揺さぶる、そして力がみなぎる音を発信し続けるだけだと思ってます。

いまみちともたか

初めてギターを手にした頃はロクでなし!とか
穀潰し!とだれに言われようがプレイに没頭してた。
そりゃ廻りが平和だったからこそできたことなのかもしんない。
けれど、遠い記憶やニュースや歴史の中の出来事だと
思っていたことが、実際に再び自分らの日常に土足で
ズカズカ踏み込んで来てるこんなときこそ、ロクでなしはロクでなしなりの意地で道化役や憎まれ役の不謹慎担当したる!
なぜかギタリストってそんな人種だ、誇ろうぜ。

PHOTO : EIKU SUYAMA

牛尾健太(おとぎ話)

もしも音楽が好きでギターが好きなら、その気持ちを忘れないでください。いまはギターを弾くことができない状況かもしれないけど、その気持ちさえあれば絶対に大丈夫です。必ずギターを弾く喜びを感じられるときが来ます。そうなったら弾きまくれ!

内田勘太郎

バッドなイメージを持たないようにしよう。先は明るいと思おう。

EITA

東北地方はツアー等で何度もお世話になった土地でしたので、今回の震災はとてもショックな出来事でした。
今の私に出来る事は本当に小さなことかもしれませんが、今後私の音楽で少しでも勇気づけられたら良いなと思っています。
亡くなられた皆様、そして被災者の方に心からお悔やみとお見舞いを申し上げます。
みんな、一人じゃないよ! 1日も早く素晴らしい日本を取り戻すために、一緒に頑張りましょう!! 精一杯生きよう!

小沼ようすけ

大変な災害の中、
本当に辛い思いをなさってるはずなのに
皆さんの強い前向きな姿に僕らミュージシャン達も
勇気をもらっております。

一刻も早く復旧し
音楽を届けられる日が
訪れるよう祈るばかりです。

未来のミュージシャン達へ

この壁を乗り越え、希望を胸に持ち続け
夢を叶えてくださいね。

小野瀬雅生(Crazy Ken Band)

東北地方太平洋沖地震で被災された皆様、心から御見舞い申し上げます。私達の復興支援やサポートは始まったばかりです。末永くこれを続けるよう働きかけていきます。この惨状の記憶を風化させない事も大事だと思っています。みんなでがんばりましょう。

カトウタロウ

不安を抱えながらの生活で、心身共に疲労がピークに達しているでしょうが、皆さんがそれぞれに好きな歌を口ずさみながら、又は思い浮かべながら次のステップに進んでいただけたら、音楽に携わる人間として嬉しいです。
早く安全な日々が来ますように。ギターも愛でられるのを待ってますよ!

PHOTO : TAKASHI YASHIMA

川崎亘一(the band apart)

この度は、東日本大震災の被害に遭われた方々に、衷心よりお見舞い申し上げます。
一日も早い復興を心より祈っております。東北地方でライブが出来る日を心待ちにして、私も日々精進して参ります。

PHOTO : RUI HASHIMOTO

菊田俊介

この度の大震災で犠牲になられた方々のご冥福を祈るとともに、被災者のみなさんには、心よりお見舞いを申し上げます。こういう時だからこそ、音楽の灯を消さずにライブを続け、明日へのエネルギーを分かち合い、さらに募金を募ってそれを被災者のみなさんに届けていきます。一人でも多くの方が音楽で救われることを祈り、その為に僕も頑張ってプレーしていきます。みなさん一緒に乗り越えていきましょう!

木暮”shake”武彦(MT.Delicious)

もしも、君が少しでもギターを弾けるなら、自分がうれしくなる音を奏でて、自分を喜ばせてあげてください。そして、いつか元気になった時に、体験した事、君が見た沢山の悲しみ、生きている喜びや感謝を美しい音にして、人に聴かせてあげてください。それはきっと特別な音になると思うから。自分と未来を信じてください。

KOTO

東北関東大震災。
誰も予想のつかなかった大変なことが日本で起こってしまいました。日本中が心を痛め、数えきれないほどの涙を流し希望を失いそうになったと思います。でも私は意味のない涙は一粒もないと強く思います。またこの災害で数えきれない命が奪われてしまい、家族の皆様にはかける言葉も見つかりません。今命ある一人一人に笑顔がいっこくも早く戻ることを天国から願ってると思います。小さいと思われる力が合わさればとても強いパワーになると思います。過去は変えることはできないけれど未来は変えられます。私は音楽を通して1人でも多くの人に笑顔を届けます。
亡くなられた皆様には心から御冥福をお祈りいたします。
日本頑張れ!!
亡くなられた皆さんのためにも。

Stop existing and let’s start living to make this world a better place!! The sun will always shine!! There will always be an end to tears and sorrow. All my thoughts and love.

サンノヘシゲカズ(cruyff in the bedroom)

この度の大震災で被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。
ギターを弾いている場合じゃ無いのかも知れませんが今はギターを弾くことができない方の分もギターを弾いて被災地で一日でも早くギターが弾ける様になるのを祈っています。

JIM(THE BAWDIES)

今回の震災が起こり、いつもの、当たり前の生活を送る事が、とてもありがたいものなんだと改めて考えさせられました。
そして、僕らが被災地の皆さんの為にできる事はなんだろうと考えました。
やっぱり、僕らはミュージシャンとしておもいっきり音楽を鳴らすことだと思います。
そして、一日も早くその音を届けたいです。
音楽は、人に笑顔や元気を分けてあげられると信じています。
こんな辛い時だからこそ、皆で思いやり、協力して、生きていきましょう。

TAXMAN(THE BAWDIES)

今、この状況の中で、被災地ではない僕達が行動を起こすにあたって、何が正解か何が正解じゃないか、
それはとても難しいことだと思います。
ですが、そんな今だからこそ僕達ミュージシャンにできること、それはやっぱり音楽を届けることだと思います。
今は本当に辛い時ですが音楽の持っている力を信じて、そしてみんなで助け合って踏ん張りましょう!
KEEP ON ROCKIN’!!!

竹内朋康(Dezille Brothers/Fiasco3)

今回の地震、津波によって被災された皆様に深く心からお見舞い申し上げます。
一日も早い復興をねがうばかりです。
また震災によって楽器を奪われた方も多いかと思うとミュージシャンとしては心が痛みます。
しかし諦めないで下さいね。
日本中が応援してます。
そして、この思いを胸に音楽を掻き鳴らすことも未来に繋がってくはず。
共にがんばろう!!!

PHOTO : TAKASHI HOSHINO

田渕ひさ子(bloodthirsty butchers/toddle)

被災された皆様の悲しみや苦しみは本当にはかり知れません。TVやインターネットに映し出される映像や情報に、唖然とするばかりです。どうか、生きる希望を失わずにいて欲しいと願うばかりです。
私は幸い、今、元気です。だから、どんどんやらなくちゃいけないと思っています。
私がやっている事は、言ってみれば娯楽であり、生活に絶対必要な物ではありません。だけど、音楽は人々の心を健やかに、そして豊かにできると信じています。
ミュージシャンの皆様! 僕らの出番はもうすこーし先かもしれません。だけど、鳴らし続けましょう! 真心を込めて、鳴らしましょう!

土屋公平

2011年3月11日 東北地方太平洋沖地震、あまりにも大きな災害、被害に言葉を失いました。
被災地で頑張っている被災された方、救助活動や復興に関わる活動をされている皆さんに心からお見舞いを そしてエールを送ります。
少しだけ離れた東京から僕の家から仕事場から被災地へ希望と復興を繋ぐ何か、細いかも知れないけどきっと被災地へ届く光を信じて、捜し、繋いでいきたい。
16日現在、状況はさらに深刻になっていますが僕らの被災地の方々を想う心と行動がこの困難な状況をより良い方向へ向かわせてくれるって信じています。
(HPより転載)

PHOTO : TAKASHI HOSHINO

寺内タケシ

東北関東大震災で亡くなられた方のご冥福をお祈り申し上げますと共に被災者の皆様に心よりお見舞いを申し上げます。私の年代の者にとって今回の震災は太平洋戦争末期の日本の惨状を彷彿とさせるものですが、あの戦争から日本は見事に復興をなしえました。今回も国民の総力を結集して現状を回復し明るい未来を切り開く時が来たのです。微力ながら私もギターを手に元気の出るコンサートを必ずやりに行きます。合掌。

戸高賢史(ART-SCHOOL/Ropes/tatoi)

被災された全ての方々へ、心よりお見舞い申し上げます。
日本に暗雲が立ち込める中、私は自分でいることを確認するために、すぐにギターを手に取りました。
音楽の力が、これから少しでも復興の糧になるならば、私たちプレイヤーはそれを鳴らさない理由などありません。
また活力に満ちた日々を取り戻す為に、祈りにも似た音楽の力を信じています。
Pray for the revival!

TRICERATOPS

被災者の皆さんへ心からお見舞い申し上げます。僕らの大好きな言葉の一つは「信じる」です。 心から信じることで多くの事が達成される事を僕らは信じています。それはまるで魔法のようです。 そして僕らに起こる全ての出来事は、更に明るい未来へ向かわせるために天から与えられたものだと確信しています。例え信じられないような過酷な出来事だったとしても。どうか明るい未来が来る事を信じてください。 思いっきり笑う日々を信じてください。僕らの心はいつだって皆さんと共にあります。

仲井戸”CHABO”麗市

「東北関東大震災」
この究極の局面、凄まじい被災地の方々へ
届けようとする…そのどんなことば達も
浅い気安めではという懸念。
それでも、それでも、あえて、あえてのメッセージを!
「日本中が応援してます…応援してます」
それぞれの「忍耐」
それぞれの「誠意」
それぞれの「気概」




「日本中が…世界中のたくさんの人達が
応援してます…応援してます」
Oh Yeah! Yeah! Yeah! Yeah!
Oh Yeah!
今すべき事、今すべきでない事….。
(HPより転載)

中山加奈子

被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。今はとてもつらいと思いますが、少しずつ状況が良くなるはずと信じて乗り切ってください。私も出来ることをしてここから皆さんを応援し続けます。

西川進

ギターは災害時に生きていく上で、絶対必要な物では無いかもしれません。
でも、ギターの奏でる音が「強く生きていこうって」思わせてくれる時は多々あると思います。
自分の使命は、一刻も早く被災地が復興できるような支援や節約、そして被災された皆さんがようやく音楽を聴ける状態になった時に、
極上の音楽を届けられるように腕を磨き、曲を作る事だと思っています。
被災された皆さん、ご家族の皆さんに心からお見舞い申し上げます。

野呂一生

被災された方々の体験は想像を絶するものだったでしょう。心からお見舞いいたします。悪夢のような災害ですが、生きている我々は、とにかく元気な日本を取り戻す為に、今、自分が出来る事を頑張ってやるしかないと思います。救済活動はもちろんの事、ギタリストはより一層心を込めてギターを弾きましょう。

ハタユウスケ(cruyff in the bedroom)

初めてのワンマンツアー中でした。
たまたまライブのない週、東京の自宅にて地震にあいました。
翌週の仙台公演はキャンセルに、そんな非常事態の中被災された地域のたくさんの仲間たちから優しいメールをもらいました。
ファイナルは20日の東京、節電を考慮してLED照明を持ち込みクオリティ下げる事なくやり切ったつもりです。
前向いて、少しずつ進んで行きましょう。
僕らは少しでも光り射せるよう音楽を奏で続けます。
世界中に優しい光を。

原田喧太

被災地及び被害に遭った皆様、心よりお見舞い申し上げます。
今、僕等に出来る事は微々たる事しかありませんが、
音楽の持っているナニかで、パワーと祈りを送りたいと思います。
そして少しでも力になれる様、チャリティーライヴも出来る限りやっていきます。
その時は皆さん協力して下さい。
被災された方々、
恐ろしく辛く大変な思いをされてる中
まだまだ問題が山積みで
一体どうなってるんだ!?といった苛立ちもあると思います。
どうか負けずに、踏ん張って!
踏ん張って下さい!

古市コータロー(The Collectors)

東日本大地震の被災者の皆様心よりお見舞い申し上げます。
いろいろと考えさせられました。自分は何て無力なんだろうとも思いました。
しかしやっぱりギターを弾く事しかできないのです。そして思いました。だったらそこに全てを込めればいい。ギターからはじまる事があるはずです。どうかこの思いが届きますように。

布袋寅泰

この大地震で大好きなギターと離ればなれになってしまった人がたくさんいると思う。
たかがギター。されどギター。
ギターは俺たちにとってかけがえのない相棒です。
独りぼっちではなにも出来ない奴も、ギターを抱くとヒーローになれる。
言葉にできない感情もギターと一緒なら叫ぶことができる。
「バカヤロー!」も「ありがとう!」も「愛してる!」も「さよなら…」も。
そんな同士の為に、俺はこれからもギターで叫び続けたいと思う。

松原正樹

我々日本人が地震とかかわりを持って行くことは宿命と思わなくてはならないのでしょう。しかし喉元過ぎれば忘れ去れる事を人は知恵として身につけました。が、運命は冷たくも阪神の災害の記憶も新しいうちにこんなに惨いことを起こしました。
テレビのニュースを見ていると涙が止まりません。
しかし、日本では過去何度も何度もこの様な事が起こっていたのです。そして何度も何度も立ち向かい復興してきたのです。これこそ日本人の強さであり、我が国から逃げ出さない私たちのタマシイだと思うのです。今こそ思いやりと忍耐心で、世界に誇れる日本人で居続けましょう! みんな仲間なんだから!
音楽が何の助けになるのか解りませんが、音楽を聞ける環境はとても大事じゃないでしょうか? 心にちょっとしたゆとりを持つことが大きなパワーにつながると信じたいです。いつの日か出来るだけ早く被災者の人々の心に余裕を持てる日がきて、僕たちの演奏を生できいてもらえることを切望します。

YUKI(DUSTAR-3/Rayflower)

被害の大きさに大変ショックをうけています。楽器をなくされた方もたくさんいらっしゃると思いますが一日も早く被災された皆様が笑顔でいられるよう願うばかりです。共に頑張りたいと思います。微力ですが自分も力になれる事、探していきます。

吉野寿(イースタンユース)

心に歌を忘れないでください。でたらめな鼻歌を歌いまくってください。そして、もし、ギターが側にあったら、音を鳴らしてみてください。上手である必要はありません。弾けなくたって構わない。ただただ、音を鳴らして、今日の歌を、自分の歌を口ずさんでください。俺はそうして闇を抜けて来た。歌は、ギターの音は、きっとそのケツをグイイッと持ち上げてくれる、と、俺は信じています。勝負はまだまだこれから。負ケテタマルカ。

吉村秀樹(bloodthirsty butchers)

今回日本で災害にあわれた方々、東北地方の皆様へ御見舞を申し上げます。
一日でも早いロックンロールを祈ってます!

渡辺香津美

この未曾有の災害を前に言葉を失っています。
この場におよんで自分に目標を課すとすれば、
まず、広く痛みを和らげること、常に公平であること、
徳を身につけ少しでも何かを還元できること。
いつも皆さんと共にありたいと願っています。
一日も早い復興を信じて…
愛を結集する力を忘れずにいてください!

PHOTO : KENJI OOYAMA

※ギター・マガジン2011年5月号の同名記事より全文を転載しました。

このたびの東日本大震災で被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。ひとりでも多くの方が一日も早く音楽とともに過ごせるように私たちにできることを始めます。皆様のご協力をお願い申し上げます。

音楽はチカラ募金

株式会社リットーミュージック

TUNECORE JAPAN