【連載】トモ藤田の”ギター耳”育成講座 第4回(動画付き)

トモ藤田の“ギター耳”育成講座 by 編集部 2010年2月23日

【連載】トモ藤田の”ギター耳”育成講座 第4回(動画付き)

レッスン4:実践的なブルース・フレーズを弾いてみよう

レッスン3で紹介したベンドのアイディアは楽しんでいただけましたか? 今回はさらにコード感を強調するため、ブルース進行の中にレッスン2の”トライアド”を取り入れてみましょう。レッスン4の始まりです!

 

レッスン4:実践的なブルース・フレーズを弾いてみよう

 

●キーAでのブルース

ブルースではEやAなどのキーが多いですから、ここではキーAでブルースのソロを弾くことを考えてみましょう。

ブルースで大事なのは、ソロを弾いている時でもバックのコードが何なのか、しっかりわかっていることです。これがわからないと流れがうまく作れず、マイナー・ペンタをだらだら弾くだけになってしまいます。まずはメトロノームに合わせてコードを何度も弾き、身体の中にコード進行を染み込ませましょう。

それができたら、A、D、Eの各トライアドをコードに合わせて弾くようにします。マイナー・ペンタをメインにソロを取っていても、トライアドを混ぜられるようにすれば流れのあるフレージングができるようになるでしょう。

●トライアドとベンドを組み合わせる

さて、ここまで見てきたトライアドとベンドのテクニックを組み合わせて、ブルースらしいソロを弾いてみましょう。

▼『耳と感性でギターが弾ける本』の付録CDより「TRACK 51」

この演奏例ではA7、D7、E7というコードをしっかりと感じながら、トライアドを弾いたり、コードに合ったベンドをしたりしています。

ちゃんとトライアドを理解した上で、この演奏を耳コピーすれば、自分なりに応用できるようになるでしょう!

●ブルースは幅広く応用できる!

ブルースはロック、ファンク、ジャズなどいろいろな音楽のルーツになっているので、いろいろなところで幅広く応用できます。ブルースがしっかり弾けていれば、ブルースを足がかりにしていろいろなジャンルを弾くことができるのです。

ブルースは曲をヒットさせるための音楽ではなく、文化を音楽として伝えていくためのものです。ですから、耳から理解することが必須で、ブルースを習得する過程では必然的に耳とフィーリングを鍛えることができます。そういった意味でもブルースを学ぶことで多くのものが得られるでしょう。

●動画レッスン!

※使用ギター/Triple Cross:model.ST (→使用機材一覧

→この動画をYouTubeで見る
→この動画に寄せられたコメントを見る

この演奏例ではブルースのコード進行を基本としながら、ファンクやジャズをミックスしたバリエーション豊かな演奏になっています。メトロノームが一定なのに、途中からノリが変わっているのにも注目!

※上の動画は、本WEBセミナーのためにトモ藤田が特別に制作したものであり、書籍『耳と感性でギターが弾ける本』の付録CDには含まれておりません。ご了承ください。

■トモ藤田の”ギター耳”育成講座(目次)
- レッスン1:流れのあるフレーズとスケール上下フレーズの違い
- レッスン2:トライアドを弾いてみよう
- レッスン3:ブルースをペンタだけで弾かない
- レッスン4:実践的なブルース・フレーズを弾いてみよう
- レッスン5:練習時の注意点(最終回)

トモ藤田

トモ藤田

1965年、京都生まれ。
21歳で渡米。1991年、"ボストン・ギタリスト・コンペティション"において日本人初優勝。1993年、バークリー音楽院ギター科講師に就任。1998年、同校助教授に昇進。同年に発表した教則ビデオ『ギタリストのための演奏能力開発エクササイズ』が大ヒットし、その後も多くの教則物を制作。教え子には今をときめくジョン・メイヤー、エリック・クラズノー(ソウライヴ)などがいる。

アルバムは1996年発表の1st 『Put on your Funk face』と、2007年の2nd『Right Place, Right Time』。2010年にはスティーヴ・ガッド、バーナード・パーディ、スティーヴ・ジョーダン、ウィル・リーを迎えた3rdアルバム『Pure』をリリース。講師・ギタリストとして日米双方で活躍中。

Tomo Fujita Web Site
MySpace - Tomo Fujita
YouTube - TomoFujitaMusic
twitter - TomoJustFunky

リットーミュージック - トモ藤田 演奏能力開発エクササイズ(ギター・セミナーなど)

【教則DVD】

『ドカンと上達! ギター・バッキングの「作り方」と「弾き方」』
『ドカンと上達! ギター・ソロの「作り方」と「弾き方」』
『ギタリストのための表現能力開発エチュード』
『ギタリストのための演奏能力開発エクササイズ3 リズム/グルーヴ強化編』
『ギタリストのための演奏能力開発エクササイズ2 ソロ・プレイ強化編』
『ギタリストのための演奏能力開発エクササイズ』

【教則本】

『生きたグルーヴでギターが弾ける本』
『耳と感性でギターが弾ける本』
『演奏能力開発エクササイズ エレクトリック・ギター 新装版』

【CD】
『PURE』(3rdアルバム)
『Right Place, Right Time』(2ndアルバム)
『Put on your Funk face』(1stアルバム)

【DVD】

『京都 ENERGY』

書籍『耳と感性でギターが弾ける本』(CD付き)



TUNECORE JAPAN