野村陽三

MI Japan 3誌連動・動画クリニック by 編集部 2010/01/20

10代よりビッグバンドでドラムを叩き、学生時代にジャズドラマーとしてキャリアをスタートさせる。『温度のある音を』をモットーとし、ジャズ、ロック、ポップス、音楽の枠を越え、書道、語り、浄瑠璃などとも共演し音を表現する。現在は東海地区を中心に様々なセッションやバンド、レコーディングで活躍中。MENINA MOCA/AKETA meets VOCALに参加。

セミナー

 

 

TUNECORE JAPAN