静沢真紀

MI Japan 3誌連動・動画クリニック by 編集部 2010/01/20

11歳の時にギター形状の美しさに惹かれてギターを始める。その後、ウエスト・ロード・ブルース・バンド、近藤房之助などの日本のブルース・プレイヤーの影響からブルースを志し、”ブルースマスター”塩次伸二に師事。96年、女性ブルース・ユニット”STORMY”でCDデビュー。ブルースの枠にとらわれず、数多くのバンド、セッションで活動中。”カメリヤ・マキ”の芸名でジャパン・ブルース&ソウル・カーニバルに司会アシスタントとして毎年出演。99年よりMIジャパン大阪校の講師を務める。好きなギタリストはフレディ・キング、アルバート・キング、フィル・アップチャーチ、そのほか。座右の銘は”捨てる神あらば、拾う神あり”。愛用のギターはギブソンES-335、エピフォンprofessional、SUMI-SJMなど。

セミナー

TUNECORE JAPAN