誌面連動

ドラム・ビギナーズ通信

"超"ビギナー・ドラマーや"ドラマー予備軍"に向けた連載

  • 1つの8ビートを突き詰める

    1つの8ビートを突き詰める

    【リズム&ドラム・マガジン2013年5月号連動】  3年間続いたリズム&ドラム・マガジン掲載の超初心者向け連載セミナー『ドラム・ビギナーズ通信』も、2013年5月号で最終回。ここでは、山本雄一先生が20年以上に渡るドラム講師の経験に基づいて、“こうしたらビギナーが次のステップへ進めた!”というヒントを教えてくれる。そして、毎月このページで紹介してきた宿題コーナーでは、“永遠の宿題”として、ごく基本的な8ビートを紹介。このリズムを今も突き詰めているという、山本先生のプレイを動画でチェックしよう。動画の最後には山本先生からのメッセージもあるぞ!

    編集部 2013/04/13

  • ドラム・アンサンブルで曲の理解を深める

    ドラム・アンサンブルで曲の理解を深める

    【リズム&ドラム・マガジン2013年4月号連動】 リズム&ドラム・マガジン2013年4月号掲載の連載セミナー『ドラム・ビギナーズ通信』では、ドラムでアンサンブルすることを通して、曲の理解を深めながら叩くことをレクチャー。チャレンジしてもらうのは「First Flight」という講師の山本氏作曲のダブル・ドラム曲だ。ここでは2つのドラムが合わさったときにどうなるか?を動画で、それぞれのパートがどうなっているか?をオーディオで紹介する。"一緒に叩く仲間や環境がない......"という人も、簡単な録音機器があれば、擬似デュオ演奏を作れてしまうので、ぜひ取り組んでみよう!

    山本雄一 2013/03/12

  • ゴースト・ノートをハネさせる

    ゴースト・ノートをハネさせる

    【リズム&ドラム・マガジン2013年3月号連動】 リズム&ドラム・マガジン2013年3月号掲載の連載セミナー『ドラム・ビギナーズ通信』では、細かいノー・アクセントの音を挟んでいくことで、リズムを生き生きとしたものにするテクニック、ゴースト・ノートを紹介。リズムにゴースト・ノートを取り入れるとどうなるか? 細かい音符をどのように挟んでいくか? アクセントとの差がどのようになっているのか? 本誌の譜面と見比べながら、動画でチェックしてみよう!

    山本雄一 2013/02/13

  • 本格的な4ウェイ・インディペンデンス練習!!

    本格的な4ウェイ・インディペンデンス練習!!

    【リズム&ドラム・マガジン2013年2月号連動】 リズム&ドラム・マガジン2013年2月号掲載の連載セミナー『ドラム・ビギナーズ通信』では、1月号で練習した"ジャズ・ビート"を踏まえての4ウェイ・インディペンデンス(両手両足を独立させて動かす奏法)の基礎固めがテーマ。ここではジャズ・ビートを題材としているが、ジャズ・ドラマーに限らず、ビギナーにとって "一歩先を行くための基本"となるので、本誌と動画を参照しつつ、ぜひチャレンジしてみよう!

    山本雄一 2013/01/11

  • 全ドラマー必修(!?)の”4ウェイ・インディペンデンス”

    全ドラマー必修(!?)の”4ウェイ・インディペンデンス”

    【リズム&ドラム・マガジン2013年1月号連動】 リズム&ドラム・マガジン2013年1月号掲載の連載セミナー『ドラム・ビギナーズ通信』は、ずばり"ジャズ・ビート"がテーマ。4ビートとも呼ばれる"チーン・チーキ・チーン・チーキ"というリズムを、ジャズに必須のスウィング感のつけ方まで含めて紹介する。"ジャズ・バンドなんてやらないから、必要内容ないなあ〜"と思っても、ここで紹介するような手足の独立=4ウェイ・インディペンデンスと呼ばれるテクニックは、ドラマーなら身につけておきたいもの。配信する動画は、セミナーのまとめ的内容と次回への予習的な意味もあるので、ぜひ取り組んでみよう!

    山本雄一 2012/12/13

  • ディスコ・ビートでハイハット・オープン

    ディスコ・ビートでハイハット・オープン

    【リズム&ドラム・マガジン2012年12月号連動】 リズム&ドラム・マガジン2012年12月号掲載の連載セミナー『ドラム・ビギナーズ通信』では、先月に引き続き"ハイハット・オープン"をテーマとして、いろいろな基礎&応用フレーズを紹介。左足の動きなどもチェックしてほしいので、ここで配信する動画でも誌面に登場するすべてのフレーズが登場する。"できると楽しいハイハット・オープン"なので、ビギナーでも積極的にチャレンジしよう!

    山本雄一 2012/11/13

  • ハイハット・オープン・エクササイズの総まとめ

    ハイハット・オープン・エクササイズの総まとめ

    【リズム&ドラム・マガジン2012年11月号連動】 リズム&ドラム・マガジン2012年11月号掲載の連載セミナー『ドラム・ビギナーズ通信』のテーマは、"ハイハット・オープン"。ハイハット・オープンに慣れて、プレイの中で活用するためのポイントを紹介している。ここでは、ハイハット・オープンに慣れるために誌面で紹介しているエクササイズをすべて動画でお届けしよう。宿題の譜面は非常に実践的なフレーズなので、ここに辿り着くまで頑張ろう!

    山本雄一 2012/10/12

  • 16ビートの応用でサンバ風ドラミング

    16ビートの応用でサンバ風ドラミング

    【リズム&ドラム・マガジン2012年10月号連動】 リズム&ドラム・マガジン2012年10月号掲載の連載セミナー『ドラム・ビギナーズ通信』では、オリジナルのリズム・パターン作りの作り方を紹介。その例題として8ビート系、16ビート系、3連系合わせて19譜例を提示している。今回の動画配信では、毎月おおくりしている"今月の宿題"に加え、これらの譜例をすべてお届け! 本誌で紹介している譜面&譜例の考え方を参考にしつつ、自由なパターン作りに取り組んでみよう。

    山本雄一 2012/09/13

  • ツイン・ペダル必修パターン!

    ツイン・ペダル必修パターン!

    【リズム&ドラム・マガジン2012年9月号連動】 リズム&ドラム・マガジンの連載セミナー『ドラム・ビギナーズ通信』2012年9月号のテーマは、お待ちかねのツイン・ペダル! 誌面では基本的なセッティングの流れや注意ポイントの解説、そして、まずはじめに取り組んでおきたい基礎的な練習フレーズを紹介。そして、今月の宿題"ツイン・ペダル必修パターン!"は、ツイン・ペダル・フレーズとしては誰もが聴いたことのある基本的な4つのパターンだ。ツイン・ペダル・ユーザーであれば、ぜひとも習得しておきたいパターンなので、誌面で基本を学びつつ、ぜひ取り組んでみよう!

    山本雄一 2012/08/10

  • さらに高度なアクセント・コントロール

    さらに高度なアクセント・コントロール

    【リズム&ドラム・マガジン2012年8月号連動】 リズム&ドラム・マガジンの連載セミナー『ドラム・ビギナーズ通信』2012年8月号のテーマは、7月号で取り上げた"アクセント・コントロール"をより実践的なレベルにすること。そこでセミナーでは、いくつかの実践的なフレーズを挙げ、それぞれの手の動きを1つ1つ理解してもらいながらの練習を掲載している。ここで紹介する動画は、セミナー本編のEx-3(タムタムへの移動)、Ex-6(16分音符への読み替え)、Ex-8(フロア・タムへの移動)、Ex-9&10(3連符への読み替え)、そして今月の宿題である"さらに高度なアクセント・コントロール"のフレーズを実際に叩いているところ(それぞれ、ゆっくりなテンポと実践的なテンポでプレイ)。本誌で紹介している動きのポイントを、実際の動きでしっかりと確認しつつ、挑戦してみよう!

    山本雄一 2012/07/12

TUNECORE JAPAN