ドラム椅子”試座”レポート

コラム by 試座&コメント:小宮勝昭(『リズム&ドラム・マガジン』編集長) 2010年4月21日

100415_isu_main

同じ椅子といえども、1台1台に確かな個性がある。試奏では、シートの硬さ、安定感、使い勝手など、その他にもいろいろな面から実力をチェック。レポートでは、その多くの検証の中から、それぞれの椅子の特徴的なところをピックアップした。これを読んで、その個性を感じ取り、自分にとって最適な椅子を見つけてほしい。

CANOPUS

DIXON

  • PSN-9280/シートの硬さも適度で座り心地がいい

DW

  • DW-9100M/座り心地、安定感が◎
  • DW-9120M/非常に大きなシートで、見た目と違って気持ち柔らかめな座り心地
  • DW-8100/4脚のため、安定感は抜群
  • DW-5101/上下に微妙にラウンドした形が絶妙
  • DW-5140/フラットな座面のシートは、他のDWよりも若干硬め

GIBRALTAR

  • RSGRC/柔らかいのに”芯”がある感じ
  • 9608MB/柔らかめで小さめのサドル型シートに大きめのバック・レスト
  • 5608/軽いので持ち運びに最適

LUDWIG

  • LM449THB/小さめのサドル型シートと大きめのバック・レスト
  • LM446TH/厚みのあるシートながら、適度な、ちょうど良い硬さ
  • LR246TH/シンプルで硬めのシート

MAPEX

  • T765/比較的大きめのサドル型シートだが収まりは良い
  • T755/T765のソフト・ビニール地のバージョン
  • T750/見た目と違って意外にも硬め
  • T575/パイプ・スライド式だが安定感もあり
  • T570/見た目を裏切るシートの適度な硬さ
  • T550/非常にシンプルでわかりやすく、使いやすい
  • T270/小さめのシートと硬めの座り心地

PEARL

ROC-N-SOC

TAMA

YAMAHA

  • DS950/この抜群の安定度は癖になる
  • DS840/柔らかめでボリュームのあるシートが特徴
  • DS750/シングル・レッグながら、脚の幅を広くとっているので安定感がある
  • DS550U/軽く、超シンプルなタイプ

 

※本記事は『リズム&ドラム・マガジン』2009年9月号からの転載です。

100415_RM240909B.jpg

『リズム&ドラム・マガジン』2009年9月号

本誌では「特集:ドラマーと椅子」と題して、バディ・リッチ、ジョン・ボーナム、エルヴィン・ジョーンズ、スティーヴ・ガッドらの椅子考察「レジェンド・ドラマーと椅子」、および森信行、酒井愁、野崎真助による「プロ・ドラマーが語る”椅子とドラミング”」、また「椅子とドラミングとの密なる関係」といった、あらゆる角度から椅子を見つめた記事を満載。椅子の試座レポートも小宮だけでなく三浦晃嗣のコメントも掲載している。

100415_isu_book_0102.jpg

 

100415_isu_book_0304.jpg

TUNECORE JAPAN