From高知県! ピースな3人組インディー・ロックバンド 「ロイジプシー」

TUNECORE JAPAN的音楽活動のススメ。 by TUNECORE JAPANスタッフ 2014/05/15

140508-tunecore-main

どうもどうも!チューンコアジャパンです。
TUNECOREで活躍するミュージシャンを紹介していくこの連載、早いもので今回が最終回となります。寂しいですが、今日もはりきっていきましょう! さっそくですが、高知県で結成されたピースな3人組インディーズロックバンド「ロイジプシー」をご紹介したいと思います!

ロイジプシーはベース&ボーカルのおかん、キーボード&ボーカルのARICOJAPAN、そしてギターのワキケイタの3人からなるツインボーカル・バンドです。
2007年1月に地元高知で結成、2011年には一度活動拠点を東京に移したロイジプシー。ライブハウスで積極的にライブを行っている彼らですが、「まだ見たことないよ!」という方はまずYouTubeをチェックしてみましょう!

ライブ映像のミュージック・ビデオなので、雰囲気が伝わってきますね。女性ツインボーカルの歌声はかわいらしいくも力強く、そしてギター、ドラムも存在感抜群です。ではでは、そんな彼らの使用している楽器をコメント付きでご紹介いたしましょう!

おかん(Ba,Vo)

  • ベース:Moon JB
  • プリアンプ:FREEDOM
  • マイク:SENNHEISER945

ずっとFender JapanのJBを使っていましたが、楽器屋で試奏したMoonの音に惚れて好みのものを探し回り、やっと見つけました。Moonにして良かった。もう一本持つならオーダーで!

ARICOJAPAN(Key,Vo)

  • 鍵盤:Nord Electro 4D
  • マイク:SHURE beta 58A

当初はKORGのR3というシンセサイザー使用していましたが、ピアノ、オルガンをメインにすることを決め昨年10月にNord Electroを購入しました。

ワキケイタ(G)

  • ギター:Gibson ES335

Green Islandのレコーディングで使用したのはギターはフェンダー・テレキャスター。アンプはフェンダー・ホットロッドデビル。エフェクターはBOSS DD-6です。

曲作りの方法は、基本的にはスタジオ・セッションからギターかキーボードで曲のもとになるワン・フレーズを作りながらギター主導でオケを完成させ、最後にボーカルを乗せて詰めていく……というプロセスが多いそうで、一番重きを置くのはボーカル! というメンバー共通認識があるそうです。

さまざまな場所で演奏し、人に出会い、経験をして、それを糧に曲をつくり、届ける。
そのなかで10年20年先まで寄り添って行ける音楽を、作り、演奏し続けていきたいです。

メンバー3人とも共通して好きなアーティストとして、「Loop Junktion」と話してくれたロイジプシーさん。実は、3月にドラマーが脱退したとのこと。もしも読者の中に「我こそは!」というドラマーがいたら連絡してみるといいかもしれませんよ。
今後もより素晴らしいバンドになれるようチューンコアも応援しております!

TUNECORE JAPAN

TUNECORE JAPAN

音楽配信はTUNECORE JAPANで! 『誰でも』手軽に自分の楽曲を、パソコンからiTunes、Amazon MP3、music.jp、オリコンストアー、Tapnow、Groovy、Spotify等に配信できるようになりました。登録は無料!世界中にあなたの音楽を広げましょう!



TUNECORE JAPAN