ベースで覚える重音奏法/MI Japan ベース・クリニック

MI JAPANベース・クリニック by 渡邉裕美 2011年8月25日

最近ではベースにコードやダブルストップを取り入れるスタイルが増えており、ベース=単音楽器というイメージは、もはや過去のものと言っても大げさではない。今回は、楽曲に華やかなインパクトを与える和音プレイ=重音奏法をマスターしよう!

INTRODUCTION

MI JAPAN東京校の渡邉裕美です。今回は”重音奏法”を取り上げます。これは岩のように重い音を出す方法、ではなく、ふたつ以上の音を同時に鳴らす奏法のことを指します。

チャプター1では、おもにベース・ラインにダブルストップなどの音を加える方法を、チャプター2では、より積極的にコードを演奏する方法をレクチャーしていきます。

基本的に単音楽器であるベースですが、フレーズに和音を取り入れることによって、コードに対する理解を深めることができます。この重音奏法をマスターして、演奏の幅を広げていきましょう。

【MI×ベーマガ】OPEN HOUSE/渡邉裕美#1「ダブルストップ」

【MI×ベーマガ】OPEN HOUSE/渡邉裕美#2「コード奏法」

CHAPTER 1:ダブルストップの基礎練習

まずはEx-1aを弾いてみましょう。コードはE7で、4弦の開放を弾いたあとに、1弦13フレットと2弦12フレットを同時に鳴らします。

mi_bm_2011_07_score_c1_1a

この音はE7の3rdと7thにあたりますが、ダブルストップ(2本の弦を同時に鳴らす奏法)の最も基本的なパターンと言えるので、フォームをカタチで覚えてしまいましょう。

これを応用した、ちょっとファンキーなパターンがEx-1bです。

mi_bm_2011_07_score_c1_1b

グリス・アップしながらダブルストップを鳴らすことで、和音の華やかな効果が一層強調されますね。

Ex-2は、コードAのメジャー3rd(10th)に開放弦でルートを足したパターンです。

mi_bm_2011_07_score_c1_2

ポイントは、2拍目ウラで9thから10thにスライドすると同時にルートになる開放弦を弾くということで、こうすることでシンコペーションする音に厚みが増しますね。重音をさらに強調したい場合は、2拍目オモテからスライドしつつ、そのウラで両方の弦を同時に弾いてしまうのもアリです。

次のEx-3は少しレベルアップして、ルート音が開放弦上にないパターンです。

mi_bm_2011_07_score_c1_3

3拍目ウラからのダブルストップの構成音はEx-1と同じ3rdと7thですが、コードがC7からF7へと4度移動しているにもかかわらず、ダブルストップの部分は半音しか移動していないところがミソです。これはなぜでしょう? 答えは3rdと7thが上下で入れ替わっているからです。譜面を見てみると、C7のときは上の音符が3rdで下が7thですが、F7では上が7thで下が3rdになっています。どうですか? こういったからくりがわかってくると、ダブルストップが一層おもしろく感じられると思います。

ではチャプター1の仕上げに、ダブルストップでブイブイ弾いちゃいましょう! Ex-4は、Am7の3拍目ウラでできあがった5thとマイナー3rdのダブルストップを、そのまま7thと5thまでグリス・アップします。

▼クリックで拡大

mi_bm_2011_07_score_c1_4

フィンガリングによってはグリス・アップしながら左手のフォームを変える必要性があるので、慣れるまで繰り返し練習してください。同じくE7(♭9)のところでは、上が♭9thで下が5thのダブルストップをそのままグリス・アップして、3rdと7thに着地します。こちらは左手のフォームは変わりませんね。この♭9thは難しいコードですが、音楽のジャンルによってはよく出てくるので、サウンドを覚えておきましょう。

まとめ

ベースでダブルストップを使うときのポイントは”なるべく高い音域を使う”ということです。低い音域だと、音が混ざったときに濁ってしまうので要注意です。また、カッコよくダブルストップをキメたつもりが”コード楽器のプレイヤーと音がぶつかってしまった”なんてこともあり得ます。まわりの音をよく聴きながら、効果的なポイントで使うように心がけましょう。

ここまでの譜例で紹介したのは、ダブルストップのほんの一例に過ぎません。これをヒントにして、みなさんもイケてるダブルストップを開発してみてください!

CHAPTER 2:コード奏法を積極的に使おう!

チャプター2では、もっと積極的にコードを取り入れた奏法を研究してみましょう。先ほども説明したように、音域が低いベースでコードをクリアに鳴らすコツは、なるべくハイ・ポジションを使って音を省略するということです。僕自身も、なるべく12フレット以上を使い、ルート+3rd+7thの3つの音で構成するようにしています。

それでは、まずは簡単なフォームのコードからトライしてみましょう。Ex-1は、左手で押さえるポジションはすべて12フレットです。

mi_bm_2011_07_score_c2_1

4弦を人差指、2弦を中指、1弦を薬指で押さえればEm7のできあがりですが、このとき人差指1本のセーハで押さえるのはあまりオススメしません。というのも、ベースの場合は1本の指で3つの音を押さえるのは大変ですし、その状態から音を変化させるのが難しくなりますからね。

そして、このEm7を1フレットぶん上げて13フレットにすればFm7、もうひとつ上げればF#m7となりますが……さらに17フレットまで上がってみましょう。これでAm7になりますね。楽器によってはもっとハイ・ポジションまで上がることも可能だと思いますが、ここで一度もとに戻って、ルートのA音を3弦の12フレットに変えてみましょう。

3弦12フレットを薬指、2弦10フレットを人差指、1弦12フレットを小指で押さえると、Ex-2のAm7になります。

そして先ほどと同じように半音ずつ上げていけば、A#m7(B♭m7)、Bm7……と、ルートが19フレットに来るEm7くらいまではいけると思います。これでm7系は制覇できました! では、次は7thコードに挑戦です。

Ex-3は、Ex-1で押さえたEm7の薬指の半音上にあたる、1弦13フレットを小指で押さえましょう。

mi_bm_2011_07_score_c2_3

これでE7のできあがりです。そして半音ずつ上がれば、F7、F#7となり、17フレットのA7まで上がったらルートを3弦に変えます。

この状態で3弦12フレットを中指、2弦11フレットを人差指、1弦12フレットを薬指でそれぞれ押さえたのがEx-4で、これがA7です。

mi_bm_2011_07_score_c2_4

先ほどと同様にこのままのフォームで半音ずつ上がれば、E7まで行けるでしょう。

これで7thコードも制覇ですので、さらにmaj7thコードに続きます。Ex-3で押さえたE7の2弦12フレットを13フレットに上げれば、Ex-5のとおりEmaj7のできあがりです。そしてEx-4で触れた、A7の1弦12フレットを13フレットに上げれば、今度はAmaj7ですね。

それでは、Ex-6に挑戦です。今まで覚えたコードを使って、コード・チェンジの練習がてら、循環するパターンを弾いてみましょう。

mi_bm_2011_07_score_c2_6

まとめ

この”コードの押さえ方”を知っていると、実際にコード奏法をしないまでも、例えば譜面を初見で弾くときにサウンドを確認できたり、オリジナル曲のベース・ラインをアレンジをする際にも役立つと思います。

また、今回のセミナーでは取り上げなかったdimやm7(♭5)などのコードも、覚えたフォームを少し変えるだけで押さえることが可能です。各自で研究してみてください!

渡邉裕美(わたなべひろみ)プロフィール

bit-watanabe13歳で楽器の役割も知らないままベースを始め、19歳の初仕事で先輩ミュージシャンの洗礼を受け、プロの厳しさを知る。以後、さまざまなアーティストのサポートをするなかで、共演していた黒人シンガーの歌が自分のベースよりもグルーヴしていることにショックを受け、ベースの本当の役割を初めて理解する。現在は泉谷しげるバンドのメンバーとして、またアーティスト・サポートや自己のライヴなどで活動中。MI JAPAN東京校のBIT科でも教鞭を執る。

■この動画について

本記事は、『ベース・マガジン2011年7月号』掲載のページを転載したものです。

『ベース・マガジン2011年7月号』の詳細を見る

MI JAPAN OPEN HOUSE:3誌連動・動画クリニック

mijapan-footerlogo.jpg

MI Japanは、ハリウッドにある世界最大級の音楽学校MI(MUSICIANS INSTITUTE)の日本校として、全国6ヵ所に拠点を置くミュージシャン養成機関。

MI JAPAN各校の詳細はmusicschool-navi.jpで!

OPEN HOUSEロゴ

MI Japanのプログラムを1日に凝縮した体験レッスンのこと。レギュラー講師によるクリニックなどにも,レベルを問わず誰でも参加可能。参加には予約が必要。スケジュールなどは、http://www.mi-japan.com/event/open-house.htmlでチェック!

3誌連動動画クリニックに登場した講師陣のプロフィールはこちら

TUNECORE JAPAN