Section⑥ タブレット&スマホでも制作をエンジョイ

サンレコforビギナー2017 by サウンド&レコーディング・マガジン編集部/イラスト:鴨下速人 2017年2月14日

section5-bnr

ここ数年で爆発的に普及したタブレット&スマートフォン。高性能なパーツを備えていて、まさに“小さなパソコン”と言うべきスペックを誇っています。音楽制作に使っているアーティストも急増中で、関連するアプリやハードウェアも続々登場。どのような製品が発売されているのか、一例を見ていきましょう。

タブレット/スマホの基礎知識

①タブレット
タッチ・ディスプレイで操作するモバイル型のコンピューター端末。APPLEのiOSを備えたiPadシリーズやGOOGLEのAndroid OSを搭載するSONY Xperiaなどがあり、とりわけiOSデバイスに向けてはかねてからさまざまな音楽制作用アプリがリリースされてきました。指先でコントロールできる直感的な操作性に加え、昨今はCPU性能も上がっているため、“iPadだけで曲を作る”と言うアーティストも登場しています。

②スマートフォン
iOSを備えたiPhoneやAndroid OSのスマートフォンはタブレットよりも携帯性が高く、まさに“いつでもどこでも”音楽制作を楽しめるデバイス。外出中に思い付いたフレーズをその場でDAWアプリに打ち込み→帰宅してからパソコンのDAWで作り込む……といったワークフローもすぐに実現できるでしょう。

③音楽制作用アプリ
DAW、レコーダー、シンセ、アンプ・シミュレーターといった基本的なものに加え、タッチ・ディスプレイを生かした斬新な操作画面を備えるもの、アプリ間での音声のやり取りを行えるものなど、膨大な数がリリースされています。iOS向けの製品はApp Store、Android用のものはGoogle Playで入手可能。購入の際は、手持ちの端末で使用できるかどうか、動作環境をチェックしましょう。

④オーディオI/O
タブレット/スマホを使って本格的な音楽制作を行うには、オーディオI/Oが必要。とりわけレコーディングにおいては、デバイスの内蔵マイクやヘッドフォン端子を使うよりも高音質/低レイテンシーで作業できます。近年はiOS/Mac/Windowsの3つに対応したモデルも登場。1台購入すれば、iOSデバイス&パソコンの両方で使えます。またギター用アンプ・シミュレーター・アプリとの併用を前提としたモデルや、LightningケーブルでiPhoneとつなぐだけで歌録りが始められるマイク型の機種なども発売されています。

 

KORG
Gadget

gadget

link-bnr

Gadgetは、その名の由来である“ガジェット”と呼ばれる20個以上の小型シンセサイザー/リズム・マシンを搭載し、それらを自由に組み合わせてエレクトロニック・ミュージックを制作できるiOSデバイス対応のモバイル音楽制作アプリだ。8ビット・ゲーム・サウンドに特化したポリフォニック・シンセのKingston、ループ・サンプルを瞬時にスライスし、自在にトランスフォームするAbu Dhabi、甘いサウンドが特徴的なエレクトリック・ピアノMontrealなど、個性的で遊び心あふれる数々のガジェットを組み合わせて、楽しく音楽制作に没頭できるだろう。

[価格] 4,800円

問合せ:コルグ
TEL:0570-666-569
URL:http://www.korg.com/jp/

 
 

STEINBERG
Cubasis 2

cubasis

link-bnr

Cubasis 2は、iPad用にデザインされたマルチタッチ対応のDAW。オーディオやバーチャル音源の録音から編集、ミックス、そして共有まで、iPadならではの操作性とCubase譲りの充実した機能で曲を素早く形にできる。無制限のトラック数(デバイスのスペックに依存)、バーチャル・シンセサイザーやサンプラーなどの音源、16以上のエフェクトを搭載したミキサー、リアルタイム演奏を行えるバーチャル・キーボードなど、制作に必要とされる数々の機能に加え、Dropboxへのアップロードや外部ドライブへの書き出しなど、共有機能も豊富だ。

[価格] 6,000円

URL:http://japan.steinberg.net

 
 

PIONEER DJ
WeDJ

wedj

link-bnr

簡単な操作とカラフルな画面でDJプレイを楽しめるiPhone/iPad向けDJアプリケーション。DJプレイ未経験者でも、普段聴いている音楽を使ってDJプレイを始めることができる手軽さが特徴。EQ、HOT CUE、LOOPなどDJプレイの基本的な機能のほか、SAMPLER、PAD FX、COMBO FXなど楽曲に変化を加えるパフォーマンス機能も搭載している。また、DJコントローラーDDJ-WeGO4と組み合わせることで、WeDJの画面がWeGO4のレイアウトに合わせた専用の画面に切り替わり、より本格的で、直感的なDJプレイを楽しむことができる。

[価格] for iPhone:120円、for iPad:600円

問合せ:PIONEER DJサポートセンター
TEL:0120-545-676
URL:https://www.pioneerdj.com/ja-jp/
 
 

PIONEER DJ
RMX-1000 for iPad

rmx1000ipad

link-bnr

RMX-1000 for iPadは、楽曲制作を行い、オリジナリティを求めるプロDJに数多く使用されているRMX-1000をベースに、iPadのUIに合わせて開発されたバーチャル・エフェクト・アプリケーションだ。楽曲の盛り上がりをさらに強調したり、ブレイクを挟んだりして、新たな楽曲展開を作り出すSCENE FXや、帯域ごとに音を加工するISOLATE FXなど多彩なエフェクトを搭載。Inter-App Audio、Audio
busに対応し、他のアプリと組み合わせて使用することや、DJM-900NXS2などDJミキサーに接続してのリミックス・プレイが可能となっている。

[価格] 2,400円

問合せ:PIONEER DJサポートセンター
TEL:0120-545-676
URL:https://www.pioneerdj.com/ja-jp/
 
 

IK MULTIMEDIA
iRig 2

 
irg2
 
digimart-bnr

高い人気を得たギター用モバイル・オーディオ・インターフェースの後継機種。初代の使いやすさはそのままに、入力ゲイン調整用ダイアル、アンプ接続用の1/4インチ標準アウト端子に加え、Samsung Pro Audio対応Android機種で使用できるなど、コンパクトなボディに多くの新機能が凝縮されている。また、新たに装備されたFX/THRU切り替えスイッチにより、アプリを通したエフェクト・サウンドとバイパス・サウンドを切り替えて演奏可能。付属ソフトウェアとしてiOS/AndroidともにAmpliTube Freeが無償ダウンロード可能となっている。

オープン・プライス(市場予想価格/5,000円前後)

問合せ:IK Multimedia Asia
URL:http://www.ikmultimedia.com/

 
 

IK MULTIMEDIA
iRig Acoustic

 
irigacoustic
 
digimart-bnr

初のアコースティック・ギター/ウクレレ専用モバイル・マイクロフォン/インターフェース。これまでは音響設備の整ったスタジオなどで行う必要のあったアコースティック・ギターやウクレレのレコーディングを、最先端の無指向性MEMSマイクロフォンを使用し、演奏する場所を気にすることなく収音可能にしてくれる。必要なものは楽器と、1/8インチTRRSヘッドフォン/マイク共有端子を装備したiOSデバイスのみ。無償で入手可能なAmpliTube Accousticをインストールすれば、高品位なアンプ&エフェクト・モデリングをモバイル環境で実現可能だ。

オープン・プライス(市場予想価格/7,000円前後)

問合せ:IK Multimedia Asia
URL:http://www.ikmultimedia.com/

 

IK MULTIMEDIA
iRig HD 2

 
irighd2
 
digimart-bnr

人気のギター/ベース用デジタル・インターフェースがさらに使いやすくなって登場。ポケット・サイズながらも24ビット/96kHz対応の基本スペックはそのまま、モニター音量も調節可能なヘッドフォン出力端子、アンプ接続用の1/4インチ標準アウト端子、エフェクト/ドライ・サウンドを切り替え可能なFX/THRUスイッチなど、数々の新機能を搭載して生まれ変わった。本機で、ギターやベース、シンセサイザーなどの音声をiOSデバイスやコンピューターに取り込むことが可能だ。また、録音作業にうってつけのAmpliTube 4フル・バージョンも付属。

オープン・プライス(市場予想価格/12,500円前後)

問合せ:IK Multimedia Asia
URL:http://www.ikmultimedia.com/

 

IK MULTIMEDIA
iRig Mic Studio

 
irigmicstudio
 
digimart-bnr

iPhone、iPad、iPod Touch、Mac、PC、そしてAndroidにも対応した、ラージ・ダイアフラム搭載のデジタル・マイクロフォン。極めてコンパクトなボディに、1インチの大口径ダイアフラム・コンデンサー・マイク・カプセルを内蔵。24ビットADコンバーター、高品位で低ノイズのプリアンプ、入力ゲイン・コントロールなど高機能が詰め込まれている。ソフト面では、本機を購入したその日から使用を開始できる、マルチトラック録音、ボイス・レコーダー、マイク・モデリング・アプリなど各種のアプリが用意されている。

オープン・プライス(市場予想価格/24,500円前後)

問合せ:IK Multimedia Asia
URL:http://www.ikmultimedia.com/

 
 

IK MULTIMEDIA
iRig Pro Duo

 
IK_iRig_Pro_Duo
 
digimart-bnr

常日ごろ持ち歩いているiOSデバイスやMacBook/ノート・ブックPCに接続し、外出時に思いついたアイディアをその場で取り込めるようにするプロ仕様のモバイル・オーディオ・インターフェース。USBバス・パワーまたは乾電池で動作するので、使用場所を選ばない。軽量ながら耐久性に優れ、突起部の少ないフォルムなど、モバイル機としての性能に優れる。また、2チャンネルのXLR/標準コンボ端子、48Vファンタム電源も装備しているので、スタジオ仕様のマイクも接続でき、2チャンネルの同時録音も可能など、プロフェッショナルな仕様だ。

オープン・プライス(市場予想価格/26,500円前後)

問合せ:IK Multimedia Asia
URL:http://www.ikmultimedia.com/

 

LINE 6
Sonic Port VX

sonicportvx
 
digimart-bnr

外出先でもプロ品質でのレコーディングを可能にしてくれる、コンパクト・マイクロフォン兼オーディオI/O。ギター/ベース入力は120dBのダイナミック・レンジを持ち、比類ないトーンとクラス最高のダイナミクスを提供する。また、ボーカルや生演奏には、内蔵のプロ仕様コンデンサー・マイク3基を使用。レコーディングを終えた素材は、無償ダウンロードのMobile Podアプリを使用し、65種類のアンプとエフェクト、そしてアーティストやLINE 6によりデザインされた、10,000を超えるプリセットで自在にシェイピングすることが可能だ。

オープン・プライス(市場予想価格/21,000円前後)

問合せ:Line 6 インフォメーションセンター
TEL:ナビダイアル: 0570-062-808(IP電話の場合: 03-6701-0038)
URL:http://www.line6.jp/

 

SHURE
MV88 / MV51

shuremv
 
digimart-bnr

Lightningコネクターを備えたiOS端末に接続し、ライブ・パフォーマンス、インタビュー、ホーム・レコーディングを、モバイル環境で高品質に実現にするデジタル・ステレオ・コンデンサー・マイクロフォン。フィールド・レコーディングやインタビューに最適なMV88は、90度の角度調節が可能なミッド・サイド・マイクロフォン・エレメントを採用。柔軟にマイクロフォンの位置調整が可能だ。一方、ホーム・スタジオやポッド・キャスティングに最適なMV51は、ビンテージなボディ・デザインが魅力的で、スタンド・マウントも可能となっている。
オープン・プライス(市場予想価格/MV88:19,200円前後、MV51:24,000円前後)

問合せ:完実電気
TEL:050-3388-6838
URL:http://kanjitsu.com/

 

ZOOM
iQ6 / iQ7

iq-zoom
 
digimart-bnr

いつも持ち歩いているiOSデバイスを本格的なリニアPCMレコーダーに変身させるiQ6は、左右の正確な音像定位だけでなく、前後の奥行き感まで忠実に再現するXY方式のステレオ・マイクを搭載。Lightningコネクターを採用し、iOSデバイスに接続すれば、すぐにレコーディングをスタート可能だ。また、M/S方式のステレオ・マイクを装備したiQ7であれば、ヨコ持ちにしたビデオ・レコーディング中も、常に左右の正しいステレオ定位をキープできる。いずれのモデルもマイクを回転させることにより臨場感などのニュアンスを調整可能となっている。

オープン・プライス(市場予想価格/iQ6:8,000円前後、iQ7:9,000円前後)

問合せ:ズーム
TEL:0570-078-206
URL:https://www.zoom.co.jp/ja

 
 

ZOOM
U-22 / U-24 / U-44

 
ハンディ・レコーダーのDNAを受け継ぐ
扱いやすいコンパクト・オーディオI/O

zoom-u
 
digimart-bnr

スタジオ・クラスの高音質をコンパクト・ボディに凝縮したポータブルUSBオーディオI/O。マイクもラインも接続できるXLR/TSコンボ・インプットと、ハンディ・レコーダーHシリーズと同等の高性能/低ノイズのマイク・プリアンプを通して、最高24ビット/96kHzのレゾリューションで録音可能。手のひらサイズのボディで、バス・パワー駆動に対応する2イン/2アウトのU-
22はモバイル・ユースに最適。ワン・ランク上のU-24は、マイクプリを1基追加し、マイクとラインの同時入力に対応。MIDI I/Oも搭載し、2系統のステレオ出力によってモニタリングなどの機能性を充実させた2イン/4アウト仕様だ。ハイエンドのU-44は、さらにS/P DIFステレオ入力を搭載し、スタンドアローンのAD/DAコンバーターとしても使用可能な4イン/4アウト・モデル。別売りのマイク・カプセル群を装着することにより、シーンに応じた多彩な録音が可能となる。いずれもゼロ・レイテンシーのダイレクト・モニタリングや、別売りのLightning-USBコネクターを介してiOSデバイスへの接続、バス・パワーが得られない場合に単3電池駆動などが可能だ。すべてABLETON Live Liteのライセンスが付属する。

オープン・プライス(市場予想価格/U-22:9,000円前後、U-24:14,000円前後、U-44:19,000円前後)

問合せ:ズーム
TEL:0570-078-206
URL:https://www.zoom.co.jp/ja

 

RELOOP
Mixon 4

reloopmixon
 
digimart-bnr

SERATOとALGORIDDIMとのコラボによってRELOOPが提唱するマルチプラットフォームに対応したDJコントローラー。Djay、Serato DJにネイティブ対応し、その他DJソフトにもマッピング対応可能。iOSデバイスなど各プラットフォームにプラグ&プレイで対応し、大型ジョグ・ホイール、カラフルなパフォーマンス・パッド、スリップ・モードやループなどDJツールに期待される操作性を完備。他に類のないMacro FX機能でエフェクターを統合し割り当てることも可能だ。2つのマスター出力(XLR、RCA)とブース出力(TRSフォーン)を搭載し、フレキシブルな出力にも対応する。

オープン・プライス(市場予想価格/83,000円前後)

問合せ:ディリゲント
TEL:03-6264-7820
URL:https://dirigent.jp/

 

RELOOP
Mixtour

reloopmixtour
 
digimart-bnr

スマートフォンとタブレットのために開発された、パワフルでスマートなDJコントローラー。DJアプリDjayに対応する。再生コントロールはもちろん、ホット・キュー、ループ、グリッド・エディットなどの操作子を網羅している。DJミキサーと同等の高品質なフェーダーやノブをコンパクトな筐体に搭載し、2チャンネルDJミキサーのデザインを踏襲した堅牢な作りはまさに“ツアー”に耐え得る品質だ。ロー・レイテンシー、ロー・ノイズを実現したオーディオI/Oは、USB接続でMac/PCに対応するほか、電源供給も可能な専用接続端子を介してiOSデバイスにも対応する。

オープン・プライス(市場予想価格/22,000円前後)

問合せ:ディリゲント
TEL:03-6264-7820
URL:https://dirigent.jp/

 

IK MULTIMEDIA
iLoud

iloud-ik
 
digimart-bnr

バッグに入れて気軽に持ち運べるコンパクトなサイズに、合計40Wと余裕のあるパワー、低域から高域までよく伸びた正確なサウンド、Bluetooth/ライン接続の両方に対応、オート・スタンバイ機能付きで10時間駆動する充電池など、充実の機能が詰め込まれたポータブル・スピーカー。ギターやマイクを入力して、iOSデバイスなどでのプロセスを可能にするiRig端子も装備されている。モバイル用途に最適化された仕様ながらも、50Hz〜20kHzまで伸びのある周波数特性など、リファレンス用途にも耐え得る、まさに持ち運びのできるスタジオ・モニターだ。

オープン・プライス(市場予想価格/32,000円前後)

問合せ:IK Multimedia Asia
URL:http://www.ikmultimedia.com/

 
 
サイト・マップ
┌【Top】 Let’s パソコンで音楽制作!

├【Section①】 ようこそ、DAWの世界へ
│ ├ 森谷諭が語る!Liveのココがすごい!
│ ├ REMO-CONが語る!Pro Toolsの ココがすごい!
│ ├ MKが語る!FL Studioのココがすごい!
│ ├ URAKENが語る!Studio One 3のココがすごい!
│ └ Pa’s Lamが語る!Cubase 9のココがすごい!

├【Section②】オーディオI/Oはなぜ必要?
├【Section③】マイク&モニター機器を知る!
│ ├1:マイク編
│ ├2:モニター・スピーカー編
│ └3:モニター・ヘッドフォン編

├【Section④】MIDIコントローラーについて教えて!
├【Section⑤】音源やエフェクトを追加しよう!
├【Section⑥】タブレット&スマホでも制作を!

└【特別企画】アーティストの自宅スタジオをのぞいてみよう!
 
 
beginners-top
 
 

TUNECORE JAPAN