Section③ー2 マイク&モニター機器を知る!(モニター・スピーカー編)

サンレコforビギナー2017 by サウンド&レコーディング・マガジン編集部/イラスト:鴨下速人 2017年2月14日

3-2-bnr

“オーディオI/Oにマイクやモニター機器を接続すれば高音質で作業できるのは分かったけど、どんな製品を選べばいいのか分からないよ!”という人もいるでしょう。そんなアナタに向けて、ここではマイクとモニター・スピーカー/ヘッドフォンの基礎知識を紹介! 次ページからの製品紹介と併せて、購入の指針にしていただければ幸いです。

②モニター・スピーカー

speaker

歌や楽器などの音を脚色しないよう再生するモニター・スピーカー。低域を鳴らすためのスピーカー・ユニットである“ウーファー”と高域用の“ツィーター”を備えたものは2ウェイ(イラスト)、それに中域用のスコーカーを加えたものが3ウェイと呼ばれます。“●インチ”というサイズはウーファーの口径(直径)を表していて、1インチ=2.54cmなので、例えば5インチだとウーファー口径が12.7cmとなります。これにエンクロージャー(ボディ)の幅も加わるので、設置スペースを考えて選びたいところですね。従来は、スピーカーを鳴らすためのパワー・アンプを別途必要とする“パッシブ・スピーカー”が主流でしたが、昨今はアンプ内蔵の“アクティブ・スピーカー”(パワード・スピーカー)が続々登場。スピーカー・ユニット、エンクロージャー、アンプといった構成要素のマッチングが図られている上、単体で鳴らせるため使いやすいでしょう。

 

GENELEC
8010A

8010a

digimart-bnr

プロフェッショナル向けモニター、8000シリーズの最小モデル。高効率Dクラス・アンプの採用によって、HF=25W、LF=25Wとパワフル。入力コネクターはXLRバランス端子を備える。設置場所によって調整できるよう、ルーム音響補正用トーン・コントロール・スイッチを搭載。また、リア・パネルにマウント用のネジ穴が、底面にはスタンド固定用のネジ穴が用意されている。3インチのウーファーはサイズに比して十分な高出力を誇るが、さらにしっかりとした低域でモニタリングしたい場合は、サブウーファー7040Aとの組み合わせもオススメだ。

 
sr-review-bnr
「GENELEC 8010A」製品レビュー:XLR入力&トーン・コントロールを備えた小型パワード・スピーカー

 

50,000円(1本)
問合せ:オタリテック
TEL:03-6457-6021
URL:www.otaritec.co.jp

 

IK MULTIMEDIA
iLoud Micro Monitor

iloud

digimart-bnr

iLoud Micro Monitorは、カスタム・メイドの複合素材による3インチ・ウーファー、3/4インチのシルク・ドーム・ツィーターが搭載され、4基の高能率クラスDアンプによって合計50W RMSという余裕のあるパワーを生み出す世界最小クラスのリファレンス・モニター・システム。机上に設置した際の反射音を補正するDesktopモードや、マイク・スタンドに取り付け可能なねじ穴など、設置場所を選ばない工夫の数々も魅力だ。入出力端子としてRCAピン入力と1/8インチ・ステレオ・ミニ端子を装備しているほか、日常のリスニング用にBluetoothにも対応する。

 
sr-review-bnr
「IK MULTIMEDIA ILoud Micro Monitor」製品レビュー:Bluetoothにも対応する軽量コンパクトなモニター・スピーカー

 
オープン・プライス(市場予想価格/39,960円前後)
問合せ:IK Multimedia Asia
URL:www.ikmultimedia.com

 

JBL PROFESSIONAL
LSR305

LSR305
digimart-bnr

LSR305は、新開発のイメージ・コントロール・ウェーブ・ガイドを搭載、音像の再現と細部の描写能力を高めたパワード・スタジオ・モニター。リスニング・ポイントが広く、スピーカーの軸外でも音質やバランスをとらえることができるので、モニター位置にあまり神経質にならなくてもOKだ。5インチのサイズからは想像できないほどの豊かな低域を出力。高域と低域それぞれに、レベルを±2dB変更するTRIMスイッチを搭載、設置環境や音源に応じて周波数特性を変更できる。独自のLSR設計により設置する部屋の形状や容積が異なっても正確なモニターが可能。

オープン・プライス(市場予想価格/16,000円前後<1本>)
問合せ:ヒビノプロオーディオセールス Div.
TEL:03-5783-3110
URL:http://proaudiosales.hibino.co.jp

 

PIONEER DJ
DM-40

dm40-pioneer

digimart-bnr

DM-40は、デスクトップに設置できるコンパクトなサイズでありながら、DJや楽曲制作に適する豊かな低音とクリアな音質の両立を実現した4インチ・アクティブ・モニター・スピーカー。低域をダイレクトに伝達し、壁などの反射の影響を受けにくいフロント・バスレフ方式を採用しており、サイズを超えたサウンドが得られる。また、ツィーター部に凸形状ディフューザーを採用し、広いスイート・スポットと立体感のある音像を実現している。入力端子は一般的なRCAピンとステレオ・ミニを装備し、フロント部にはヘッドフォン出力とボリューム・ノブも搭載している。

オープン・プライス(市場予想価格/17,500円前後)
問合せ:PIONEER DJサポートセンター
TEL:0120-545-676
URL:www.pioneerdj.com/ja-jp

 

PIONEER DJ
RM-05 / RM-07

rm-pioneer

digimart-bnr

RMシリーズは、高解像度の音源を正確にモニタリングできるプロフェッショナル用アクティブ・スタジオ・モニターだ。現代の楽曲制作環境に合わせて新開発された、点音源同軸ドライバーと高解像度50kHzツィーターを搭載、さらに高剛性アルミ・ダイキャスト筐体を採用することで、ニア・フィールド環境においても正確に音と音像定位を確認することが可能となっている。ラインナップは2つ。RM-05は5インチ、RM-07は6.5インチのアラミド繊維ウーファーを採用し、共に合計100Wの高出力アンプを搭載している。入力端子はXLRとRCAピンを装備。
 
sr-review-bnr
「PIONEER RM-07」製品レビュー:由緒あるブランドの血統を継ぐ2ウェイ同軸型パワード・モニター

 

オープン・プライス(市場予想価格/RM-05:67,000円前後、RM-07:82,000円前後)
問合せ:PIONEER DJサポートセンター
TEL:0120-545-676
URL:www.pioneerdj.com/ja-jp

 

PRESONUS
Eris E4.5 / Eris E5

eris

digimart-bnr

タイトなベース、クリアなアッパー・エンドの極めて正確なレスポンスをもたらすErisスタジオ・モニター・シリーズ。コンパクトなEris E4.5は、25WクラスA/Bアンプを備えた4.5インチKevlar低域ドライバーと、1インチのシングル・ドーム・ツィーターを搭載。ワン・サイズ上のE5は、45WクラスA/Bアンプを備えた5.25インチKevlar低域ドライバーと、35WクラスA/Bアンプを備えた1インチのシングル・ドーム・ツィーターが搭載れている。いずれもバランス1/4TRS、アンバランスRCAピン入力を備え、E5はバランスXLR入力も装備する。

E4.5:22,037円(ペア)、E5:16,481円(1本)
問合せ:エムアイセブンジャパン
URL:www.mi7.co.jp/presonus

 

YAMAHA
HS8 / HS8W / HS7 / HS7W / HS5 / HS5W / HS8S

原音忠実再生にさらに磨きをかけ
生まれ変わった新世代HSシリーズ

hs-yamaha-a

digimart-bnr

どこまでも原音に忠実であること、ミックスにおける音色や音像定位の微細な変化を厳密に再現できること。YAMAHAスタジオ・モニターの哲学を継承し、原音忠実再生にさらに磨きをかけたHSシリーズ。環境に合わせたセッティングを可能にするコントロール類を装備、入力端子はXLR/TRSを併装し、あらゆるケースに対応する。HS5は、LFに5インチ・ウーファー、HFに1インチ・ドーム・ツィーターを採用したコンパクト・モデルながら、LF45W+HF25Wのバイアンプ仕様で、トータル70Wと余裕の出力。HS7は、LFに6.5インチ・ウーファー、HFに1インチ・ドーム・ツィーターを採用し、トータル出力は95W。プロ・ユースにも対応するハイ・コスト・パフォーマンス・モデルだ。HS8は、LFに8インチ・ウーファー、HFに1インチ・ドーム・ツィーターを採用した最上位モデル。余裕の低域再生能力を誇り、プロフェッショナル・スタジオ・モニターに必要な性能が凝縮されている。HS8W(白)のみ受注生産だが、いずれのモデルも黒と白のカラー・バリエーションが用意されている。コンパクトなHS5で本格的なミックスをしたい場合は、サブウーファーHS8Sと組み合わせるとよいだろう。

 
sr-review-bnr
「YAMAHA HS7」製品レビュー:リニューアルされたHSシリーズの中位機種となるパワード・モニター

 

オープン・プライス(市場予想価格/HS8 / HS8W:36,000円前後、HS7 / HS7W:24,000円前後、HS5 / HS5W:15,000 円前後、HS8S:46,000円前後)
問合せ:ヤマハミュージックジャパン PA営業部プロオーディオ・インフォメーションセンター
TEL:0570-050-808(ナビダイヤル、全国共通番号)
URL:www.yamahaproaudio.com/japan/ja
beginners-top

 
 
サイト・マップ
┌【Top】 Let’s パソコンで音楽制作!

├【Section①】 ようこそ、DAWの世界へ
│ ├ 森谷諭が語る!Liveのココがすごい!
│ ├ REMO-CONが語る!Pro Toolsの ココがすごい!
│ ├ MKが語る!FL Studioのココがすごい!
│ ├ URAKENが語る!Studio One 3のココがすごい!
│ └ Pa’s Lamが語る!Cubase 9のココがすごい!

├【Section②】オーディオI/Oはなぜ必要?
├【Section③】マイク&モニター機器を知る!
│ ├1:マイク編
│ ├2:モニター・スピーカー編
│ └3:モニター・ヘッドフォン編

├【Section④】MIDIコントローラーについて教えて!
├【Section⑤】音源やエフェクトを追加しよう!
├【Section⑥】タブレット&スマホでも制作を!

└【特別企画】アーティストの自宅スタジオをのぞいてみよう!
 
 
beginners-top
 
 

TUNECORE JAPAN