Pa’s Lam Systemが語る!STEINBERG Cubase 9のココがすごい!

サンレコforビギナー2017 by Pa's Lam System 2017年2月14日

cubase-2017

基本的な機能やプラグインに磨きをかけ、クラウド機能まで搭載した最新バージョンSTEINBERG Cubase 9。ここでは製品概要に触れつつ、3人組トラック・メイカー・ユニットのPa’s Lam Systemにソフトの魅力を教えてもらいましょう!

“作曲”するにあたって万全のソフト

Cubaseの良いところと言えば、まずはMIDIの入力/編集機能が優れている部分でしょう。僕らはピアノなどの楽器があまりうまくないので、MIDIキーボードでのリアルタイム入力はせずに、主にマウスで打ち込んだノート(発音情報)を編集して制作を進めています。Cubaseでは、打ち込んだノートを細かく編集したり、その結果を複数のインストゥルメント・トラックに反映させるのが簡単。また最近のバージョンでは、ベロシティやノートの長さもすぐに調整できるようになったので、より直感的に打ち込みすることが可能です。
MIDIだけでなく、オーディオの処理も簡単に行えます。例えばギターを何テイクか録音したとして、一番良いテイクを引っ張ってきてエフェクトをかけたり、カットして再構築するような作業も難なくできるのです。基本的に“作曲”をするにあたって不足しているものは無いので、CubaseがあればMIDIをメインで使用する人も、オーディオを扱う人も満足できるでしょう。
Cubase上でVocaloidを使いたい人は、別売のYAMAHA Vocaloid4 Editor for Cubase(Cubase AI付きで10,000円)を用いれば、歌声トラックをCubase内で編集することができます。VocaloidエディターとDAWを個別に立ち上げ、それぞれで歌声とバッキングを作ってから合わせる……といった煩わしさが無くなるわけですね。また前バージョンのCubase Pro 8.5/Artist 8.5からは、クラウドにアップしたプロジェクト・ファイルの編集/保存/共有が行える機能=VST Transitが実装されたので、今後はユーザー間での共同作業がよりスムーズになっていくでしょう。
 

コード割り当て支援機能”を搭載

そのほか魅力的な機能と言えば、コードトラック。“コード割り当て支援機能”というべきもので、和音の入力が簡単に行えるだけでなく、次に配置するコードの提案もしてくれます。アレンジの際に普段とは違うコードを探したり、次にどういうコードを入れようかと悩んでいるときに強力なアシストとなります。
数々の魅力的な機能を備えつつ、これほど汎用性が高いDAWはほかになかなか無いでしょう。Cubaseは、常に進化を続けているDAWなので、今後にも期待大ですね。

 

Pa’s Lam Systemのお気に入り機能

その① コードトラック

Cubase2
 
楽曲にコードを付けるための機能。“エディター”というセクションからコード・ネームを選ぶと、その構成音を自動的にMIDIノート化してくれます(左側の画面を参照)。また、作成したMIDIノートを任意のインストゥルメント・トラックに反映できるのも特徴。次に使うコードに迷ったときや、普段とは違ったコードを持ってきたい場合は、“Chord Assistant”セクションで次に使えるコードを一覧表示可能です(右側の画面を参照)。リストアップされているコードはプレビュー(試聴)できるので、“理論はよく分からないけどこの音いいな”というように、感覚的にコードを探せるでしょう

 

その② サンプラートラック

Cubase_3
 
バージョン9からの新機能。任意のオーディオ・データをGUI上にドラッグ&ドロップすると、音階に割り振って鳴らせるようになります。声ネタや音ネタを読み込めば、簡単にピッチを上げ下げできる上、長さを伸ばしたり縮めたりすることも可能。一言でまとめれば、これはめちゃくちゃ便利な機能です。クラブ・ミュージックを作るときなどに多用すると思います
 

その③ MediaBay

Cubase4
 
オーディオ・データやMIDIデータ、インストゥルメントのプリセットやプラグイン・エフェクトなどを一括で管理/検索できるセクション。任意のプロジェクト・ファイルにおけるトラックの設定(使用プラグインやそのセッティングなど)を保存してほかのプロジェクトに反映できたりもするので、大変重宝しています。オーディオ・データはプレビューも可能です。

 

Pa’s Lam Systemおすすめの標準搭載プラグイン

その① マルチ音源 Halion Sonic SE 2

Cubase5
 
単体発売されているマルチ音源、STEINBERG Halion Sonicから受け継いだオーディオ/シンセ・エンジンを備えつつ、サンプル(音色)やエフェクトの搭載数をスリム化したモデル。生楽器からシンセ・サウンドまでさまざまな音が入っているので、これさえあれば作曲が始められるでしょう。内蔵音色の質が高いのも、ビギナーの方のトラック・メイクにお勧めできるポイントです。
 

その② ドラム音源 Groove Agent SE 4

Cubase10
 
AKAI PROFESSIONAL MPCスタイルのドラム音源。30種類のドラム・キットや200種類以上のフレーズ・パターンをはじめ、パターンの再生機能、エフェクト、使いやすいサンプル編集機能などを備えています。もちろん、ピアノロールに打ち込んだMIDIデータで鳴らすことも可能。ワンショットのドラム・サンプルでリズムを作りたいときは、これが便利です。Cubaseに標準搭載のドラム・エディターや、同じく標準搭載のステップ・シーケンサーBeat Designerと自動的に同期するマッピング機能も付いています。
 

その③ ファズ/ディレイ Quadra Fuzz 2

Cubase9

マルチバンド仕様のファズ/ディレイ。優秀なプラグインです。これを使えば、最大4つの周波数帯域へ個別にひずみやディレイをかけることが可能。ファズと言えば荒々しいひずみをイメージするでしょうが、このQuadraFuzz 2はそういったサウンドだけでなく、温かみのあるクランチなどにも対応。また、帯域ごとにサウンド・メイクして普通のひずみ系エフェクトとは違う効果を得たりと、本当に幅広い処理が行えます。
 

その④ フィルター DualFilter

Cubase8
 
レゾナンスを備えるローパス/ハイパス・フィルター。特定の周波数帯域を除去しつつ、その他の帯域を増幅することができます。シンプルな構造で、“Position”ツマミを回していくとローパスからハイパスに切り替わるため、DJライクな使い方も可能です
 

その⑤ ダブラー Cloner

Cubase7
 

入力ソースから最大で4つの“クローン信号”を作成することにより、ダブル・トラッキングの効果を再現してくれるエフェクト。クローン信号には、内蔵のディレイ/デチューン/パンなどがかけられます。音に厚みを持たせたいときなど、さまざまな用途に活用できます。

 

その⑥ ディレイ PingPongDelay

Cubase6
 

クラシカルなピンポン・ディレイ効果を生み出すステレオ・ディレイ。ピンポン・ディレイとは、ディレイ音がLとRの両チャンネルから交互に聴こえる効果を言います。見た目はシンプルで、クセが無くて使いやすいのが魅力。個人的な印象ですが、動作が軽いので、ほかのディレイよりもCPU負荷が低いのだと思います。

 

 

STEINBERG Cubase 9

cubase-image

動作環境
●Mac:OS X 10.11/10.12、INTEL 64ビット・マルチコア・プロセッサー(Core i5以上を推奨)
●Windows:Windows 7/8.1/10(64ビット)、INTEL 64ビット・マルチコア・プロセッサー(Core i5以上を推奨)/AMDマルチコア・プロセッサー
●共通:4GBのメモリー(8GB以上を推奨)、18GB以上のディスク空き容量、解像度1,366×768のディスプレイ(1,920×1,080を推奨)、OS対応オーディオ・デバイス(AISIO対応デバイス推奨)、インターネット接続環境(インストーラーのダウンロードやアークティベーション、ユーザー登録など)

[価格] Cubase Pro 9:オープン・プライス(市場予想価格57,000円前後)、Cubase Artist 9:オープン・プライス(市場予想価格32,000円前後)、Cubase Elements 9:オープン・プライス(市場予想価格12,000円前後)

 
digimart-bnr
 

問合せ:ヤマハ スタインバーグ・コンピューターミュージック・インフォメーションセンター
TEL:ナビダイヤル:0570-016-808(IP電話の場合:053-460-5270) 
URL:http://japan.steinberg.net
 

Pa’s Lam System

Cubase_A

ダンス・ミュージックを中心に制作する3人組トラック・メイカー・ユニット。ネットに公開した曲が話題となり、2016年にはTOY’S FACTORYから作品を発表。国内外で精力的に活動する。

 
 
サイト・マップ
┌【Top】 Let’s パソコンで音楽制作!

├【Section①】 ようこそ、DAWの世界へ
│ ├ 森谷諭が語る!Liveのココがすごい!
│ ├ REMO-CONが語る!Pro Toolsの ココがすごい!
│ ├ MKが語る!FL Studioのココがすごい!
│ ├ URAKENが語る!Studio One 3のココがすごい!
│ └ Pa’s Lamが語る!Cubase 9のココがすごい!

├【Section②】オーディオI/Oはなぜ必要?
├【Section③】マイク&モニター機器を知る!
│ ├1:マイク編
│ ├2:モニター・スピーカー編
│ └3:モニター・ヘッドフォン編

├【Section④】MIDIコントローラーについて教えて!
├【Section⑤】音源やエフェクトを追加しよう!
├【Section⑥】タブレット&スマホでも制作を!

└【特別企画】アーティストの自宅スタジオをのぞいてみよう!
 
 
beginners-top
 
 

TUNECORE JAPAN