REMO-CONが語る!AVID Pro Toolsの ココがすごい!

サンレコforビギナー2017 by REMO-CON 2017年2月14日

pt12-2017

多彩なオーディオ/MIDI編集機能により、レコーディング・スタジオでも大活躍しているAVID Pro Tools。ここでは製品概要に触れつつ、トラックメーカーのREMO-CON氏にソフトの魅力を教えてもらいましょう!

音が奇麗に“混ざる”DAW

皆さんはPro Toolsにどのようなイメージを持っていますか? “業界標準のDAW”と言われているのを聞いたことがある人も居ると思います。それはなぜなのでしょう? 細かい説明は後にして、結論から言いましょう。ずばり、音が良いのです。最近は2種類のDAWを併用する人も増えてきました。そんな中、たまに耳にするのは“打ち込みは別のDAWでしてもミックスにはPro Toolsを使う”という話。僕も経験済みですが、それだけ音が奇麗に鳴り、混ざってくれるのです。例えばレベル・オーバーしているトラックがたくさんあっても(笑)、音質がブレずにうまくまとまることがあるんですよ。
ここで“ミックスに向いているのは分かったけど、打ち込みや作曲には向いていないのでは……?”と思う人も居るでしょう。そんなことは全くございません。MIDI機能は、当たり前のことが当たり前のようにできるので特に不自由さを感じず、MIDI鍵盤などを弾いて打ち込んでいくのはもちろん、マウスでの入力も簡単。また、打ち込みに便利なウィンドウがいろいろとそろっているので、スムーズに作業が行えます。
 

音質劣化を抑えつつ編集が可能

 得意とされているオーディオ編集機能については、“録って切って書き出す”といったワークフローがとても簡単に行え、結果も高品質。また、サンプルなどのオーディオ・データを使った作曲においても、充実の“エラスティックオーディオ機能”によって素早く、そして音質の劣化を抑えながら作業できます。このエラスティックオーディオは、ハードウェアの音を録って編集したり、曲へ取り入れる際に重宝しています。
さらにバージョン12.3以降は“コミット機能”というものも搭載され、MIDIで鳴らしているソフト・シンセの音やエフェクトのかかったトラックを瞬時にオーディオ化できるようになりました。これにより、ダンス・ミュージックでよく聴かれるような“オーディオをいじることでしか成し得ないような効果”もすぐに試せます。
気になる新機能としては、クラウド・コラボレーションも外せません。クラウドを活用し、遠く離れた人ともリアルタイムにセッション(曲のファイル)を共有できます。無償版のPro Tools|Firstもあり、とても入りやすくなったPro Toolsの世界。あなたものぞいてみませんか?

 

REMO-CONのお気に入り機能

その① エラスティックオーディオ

pt1
 
タイム・ストレッチをリアルタイムまたはレンダーで行える機能です。処理のタイプを5種類から選ぶことができ、その選択肢として、オールマイティな“Polyphonic”、タイミング優先の“Rhythmic”、単音向けの“Monophonic”、タイムの調整によってピッチも変わる“Varispeed”、そして音質最優先の“X-Form”(レンダーのみ)がそろっています。

 

その② グルーブクオンタイズ

pt2
 
Cubase/Feel Injector Templates/Logic/MPCの4種類のスタイルから好みのグルーブを選んでクオンタイズをかけられるという、ちょっと面白い機能です。Beat Detective機能を使って、既存の曲や自作のフレーズなどから抽出したグルーブを保存しておけば、そこからも選択できるようになります。グルーブは、MIDIとオーディオの両方に適用可能です。
 

その③  Pro Tools|Control

pt3
 
AVID公式のPro Toolsワイアレス・コントロール用APPLE iPadアプリが、App Storeで無償リリースされています。設定が簡単な上、基本的なパラメーターの多くをマルチタッチで調整可能。さらには標準搭載プラグインまでもある程度コントロールできて驚きです。Wi-Fi経由でのコントロールながら、iPadからの操作に対するPro Toolsの反応も良く快適です。

 

REMO-CONおすすめの標準搭載プラグイン

その① ピアノ音源 AIR Mini Grand

pt4
 
ピアノ音源。アコースティック・グランド・ピアノの音色を7種類のモデルから選択可能で、6種類のルーム・リバーブも内蔵されています。高品位な大容量サンプル・プレイバック音源ですが、動作が重くなったときにはEcoモードをオンにしたり、同時発音数を調節することで、負荷を軽減できます。筆者が気に入っているピアノ・モデルは“DANCE”。内蔵のアンビエント・リバーブを薄くかけて鳴らすハウス・ミュージック風ピアノが素敵です。
 

その② シンセ AIR Vacuum

pt5
 
真空管を備えたモノフォニック・アナログ・シンセのモデリング音源。ご覧の通り、出音に質感を加える“汚し系”エフェクトが多数装備されています。まずはミキサー部にひずみ系の“DRIVE”、ハイパスとローパスの各フィルターにはサチュレーター(さりげないひずみを生み出すエフェクト)の“SAT”、ローパス・フィルターの右には“DRIFT”や“DUST”といった質感調整用のパラメーターがスタンバイ。オシレーターの数は2つで、ミキサー部でリング・モジュレーションがかけられます……と言うと耳に痛い音を想像しがちですが、実にアナログっぽい音を出す、どこか愛着のわく逸品です。
 

その③ ディレイ Mod Delay III

pt6
 
とても古くから標準搭載されているモジュレーション・ディレイの3代目です。シンプルな仕様ながらローパス・フィルターやグルーブ・コントロールも搭載され、使いやすさ抜群。そして何と言っても筆者が注目するのは、ピッチ・モジュレーションの機能です。オーディオに軽くビブラートをかけたい場合などに、ディレイ・タイムを0msに設定し、モジュレーションだけ使うこともあります。
 

その⑤ フィルター/ゲート AIR Filter Gate

pt7
 
その名の通り、フィルターとゲートの合わせ技が使えるエフェクト。フィルターにはモジュレーションをかけられるので、サウンドを過激に変化させることもできます。またゲートのパターンが数十種類もプリセットされていて、中には複雑なパンニングを合わせたものもあるため“とにかく無茶苦茶にしたい!”なんて衝動に駆られたときには試してみるのがおすすめです。
 

その⑥ モジュレーション AIR Talkbox

pt8
 
入力音にフォルマント(人声の倍音の特徴)のようなキャラクターを与えられるエフェクト。とにかくこれを通せば、母音(アイウエオ)を含んだような音になります。画面中央上のLFOは波形をランダムに変えられるので、“イエア~”や“オイウェ~”などいろいろな歌わせ方が可能。僕はこれに、先述のAIR Vacuumの単音を通すのが大好き。画面中央下のエンベロープを調整しつつLFOを設定し、AIR Vacuum側のベンドやモジュレーションを使いながら弾くのです。そう、擬似トーキング・モジュレーター!

 

AVID Pro Tools 12

protools12
 

動作環境
●Mac:OS X 10.8.5〜10.11.1
●Windows:Windows 7(64ビット)〜8.1
●共通:INTEL Core i5、4GBのRAM(動画再生には8GB以上必要)、15GBのディスク空き容量、USB端子(iLok 2オーソライズ時)、インターネット接続(インストール時)、AAX

 
[価格] Pro Tools|First(無償)、永続ライセンス:70,200円

digimart-bnr

問合せ:アビッドテクノロジー
URL:www.avid.com/JP

 

REMO-CON

REMOCON3

アーティスト活動10周年を迎え、2015年は自身のレーベル“rtrax”を開始。自身の作品のほか、国内外問わず多数のアーティストの編曲やリミックスを手掛ける。DJとしては1993年より活動。

https://soundcloud.com/remocon
https://www.facebook.com/remocon.dj/

 
 
サイト・マップ
┌【Top】 Let’s パソコンで音楽制作!

├【Section①】 ようこそ、DAWの世界へ
│ ├ 森谷諭が語る!Liveのココがすごい!
│ ├ REMO-CONが語る!Pro Toolsの ココがすごい!
│ ├ MKが語る!FL Studioのココがすごい!
│ ├ URAKENが語る!Studio One 3のココがすごい!
│ └ Pa’s Lamが語る!Cubase 9のココがすごい!

├【Section②】オーディオI/Oはなぜ必要?
├【Section③】マイク&モニター機器を知る!
│ ├1:マイク編
│ ├2:モニター・スピーカー編
│ └3:モニター・ヘッドフォン編

├【Section④】MIDIコントローラーについて教えて!
├【Section⑤】音源やエフェクトを追加しよう!
├【Section⑥】タブレット&スマホでも制作を!

└【特別企画】アーティストの自宅スタジオをのぞいてみよう!
 
 
beginners-top
 
 

TUNECORE JAPAN