製品レビュー

  • テンテンコ × Snowball

    テンテンコ × Snowball

    ストレスの無い体勢で使えるし 聴いたままの音が入る印象です BLUE MICROPHONESの製品を第一線のアーティストに試していただく連載。今月は、シンガー/サウンド・クリエイターとして、ポップ・シーンからエキスペリメ ……

    テンテンコ 撮影:Chika Suzuki 2019/02/25

  • 「NATIVE INSTRUMENTS/Traktor Pro 3」製品レビュー:タイム・ストレッチとピッチ・シフトの音質が向上したDJソフトウェア

    「NATIVE INSTRUMENTS/Traktor Pro 3」製品レビュー:タイム・ストレッチとピッチ・シフトの音質が向上したDJソフトウェア

    NATIVE INSTRUMENTS Traktor Pro 3

    ハウス/テクノ・シーンのスタンダードとして愛用されているDJソフトのTraktor Proが、7年ぶりにバージョン・アップ。7年もの間バージョン・アップされていなかったのは、Traktor Pro 2がそれだけ完成度の高い製品だった証です。また、DJソフトは楽器と同様に自分が使いこんだものでパフォーマンスするわけですから、頻繁なバージョン・アップはプレイヤーにとってあまりありがたい話とも言えないのです。それを踏まえてどのような進化を遂げたのか、検証していきたいと思います。

    Q'HEY 2019/02/08

  • 「ZOOM/Q2N-4K」製品レビュー:4K画質&24ビット/96kHz対応のハンディ・ビデオ・レコーダー

    「ZOOM/Q2N-4K」製品レビュー:4K画質&24ビット/96kHz対応のハンディ・ビデオ・レコーダー

    ZOOM Q2N-4K

    数々のハンディ・レコーダーを世に送り出してきたZOOMが、4K画質に対応するハンディ・ビデオ・レコーダーのQ2N-4Kを発売。多くの小型ビデオ・カメラが販売されている昨今、“ミュージシャンのための4Kカメラ”をうたっているQ2N-4Kにどのような特徴があるのか見ていこう。

    井上幹(WONK) 2019/02/07

  • 「TURBOSOUND/IP300」製品レビュー:Bluetooth接続に対応するDSP内蔵2ウェイ・パワード・スピーカー

    「TURBOSOUND/IP300」製品レビュー:Bluetooth接続に対応するDSP内蔵2ウェイ・パワード・スピーカー

    TURBOSOUND IP300

    TURBOSOUNDから発売されている、中小規模のイベントなどを対象とした小型軽量スピーカー・システム、Inspireシリーズ。流行とも言えるスティック型スピーカーなのだが、その中から最もコンパクトなモデルのIP300が発売されたのでレポートしよう。

    山寺紀康(oshowland) 2019/02/06

  • 「IN SESSION AUDIO/Taiko Creator」製品レビュー:24種の和太鼓と12種の金物などをサンプリングしたソフト音源

    「IN SESSION AUDIO/Taiko Creator」製品レビュー:24種の和太鼓と12種の金物などをサンプリングしたソフト音源

    IN SESSION AUDIO Taiko Creator

    IN SESSION AUDIO Taiko Creatorはその名の通り和太鼓に特化した音源です。Mac/Windowsでスタンド・アローンまたはAAX/AU/VSTに対応しており、エンジンはNATIVE INSTRUMENTS Kontakt 5 Playerを使用しています。劇伴をやっている者にとって、大編成の打楽器ライブラリーは無くてはならないものだと思います。和太鼓はサウンド的に扱いが難しいのですが、このライブラリーを使えばとても簡単に太鼓のリズム・パターンを組むことができるようになっています。

    伊藤翼 2019/02/05

  • 「SOFTUBE/Harmonics」製品レビュー:5つのモデルからひずみ特性を選べるサチュレーション・プラグイン

    「SOFTUBE/Harmonics」製品レビュー:5つのモデルからひずみ特性を選べるサチュレーション・プラグイン

    SOFTUBE Harmonics

    SOFTUBEからサチュレーション/ディストーション・プラグインHarmonicsが発売されました(Mac/Windowsで、AAX Native/AU/VST/VST3に対応)。SOFTUBEは、2003年スウェーデンのストックホルムで設立されて以来、質の高い製品を開発しつつ、名立たるメーカーのプラグイン開発サポートも手掛けていて、スタジオ用ハードウェア・モデリングにおいて極めて高い技術を持ったメーカーです。どんな音を出してくれるのか、早速チェックしていきましょう。

    福田聡 2019/02/04

  • TBSラジオ『アフター6ジャンクション』 のスタジオ・ライブを支えるROLAND M-5000

    TBSラジオ『アフター6ジャンクション』 のスタジオ・ライブを支えるROLAND M-5000

    ライムスター宇多丸がナビゲーターを務めるTBSラジオの人気番組『アフター6ジャンクション』。平日18〜20時の番組内では、毎回(!)19時から30分弱の音楽ライブ&DJコーナーが設けられている。実はこのライブ、3時間の放送で使われる普通のラジオ・ブース内で行われているというから驚きだ。この番組のために、TBSラジオでは毎回、スタジオのコントロール・ルーム内にROLANDのデジタル・コンソールM-5000を持ち込み、オペレートを行っているという。チーフテクニカルディレクターの江口貴志氏に詳しく聞いていこう。

    サウンド&レコーディング・マガジン編集部 撮影:小原啓樹 2019/02/01

  • 「ROSWELL PRO AUDIO/Colares」製品レビュー:Ela M 251に着想を得たラージ・ダイアフラム・コンデンサー・マイク

    「ROSWELL PRO AUDIO/Colares」製品レビュー:Ela M 251に着想を得たラージ・ダイアフラム・コンデンサー・マイク

    ROSWELL PRO AUDIO Colares

    マイク業界新鋭のブティック・ブランド、ROSWELL PRO AUDIO。今回紹介するのはフラッグシップ・モデルのColaresだ。あの伝説のマイク、TELEFUNKEN Ela M 251にインスパイアされ、ボーカルに特化させたというColares。数多くのレガシー・マイクを熟知した創設者マット・マクグリン氏のこだわりがどのように具現化されたのかが気になるところだ。

    林憲一 2019/02/01

  • 「SE ELECTRONICS/DM1 Dynamite」製品レビュー:ハイグレードなクラスA回路とFETを搭載するインライン・プリアンプ

    「SE ELECTRONICS/DM1 Dynamite」製品レビュー:ハイグレードなクラスA回路とFETを搭載するインライン・プリアンプ

    SE ELECTRONICS DM1 Dynamite

    SE ELECTRONICSは英国のマイク・ブランド。ミドルクラスの価格帯でありながらハイクラスのマイクに迫る品質で定評があり、RUPERT NEVE DESIGNSとの共同開発による真空管マイク=RNTなど、非常に興味深い製品をリリースしています。今回レビューするのは“インライン・プリアンプ”と銘打たれた同社の製品、DM1 Dynamite(以下DM1)。インライン・アンプとは、マイクとマイクプリの間に接続し、48Vファンタム電源で駆動する増幅アンプのことで、ここ数年他社からも同じような製品がリリースされています。筆者が拠点とするEndhits Studioでもインライン・アンプの導入を検討していたため、とても良いタイミングで製品レビューをすることになりました。

    中村フミト(Endhits Studio) 2019/01/31

  • 「STEVEN SLATE DRUMS/SSD5」製品レビュー:高音質&即戦力となるサンプルで構成された生ドラム系ソフト音源

    「STEVEN SLATE DRUMS/SSD5」製品レビュー:高音質&即戦力となるサンプルで構成された生ドラム系ソフト音源

    STEVEN SLATE DRUMS SSD5

    STEVEN SLATE DRUMSから発売された、生ドラム系プラグイン音源SSD5をレビューしていきます。STEVEN SLATE DRUMSはドラムのサウンドを熟知したスティーヴン・スレート氏による、世界中のプロデューサー/エンジニアに愛用されているプラグイン・ブランドです。筆者は以前から同ブランドのTrigger2を愛用しており、特に骨太なロック系のサウンドには相性バッチリです。SSD5はMac/Windows対応で、AAX/VST/AUプラグインとして動作します。

    松隈ケンタ(SCRAMBLES) 2019/01/30

TUNECORE JAPAN