「BLUE MICROPHONES Ember」製品レビュー:カスタム・コンデンサー・カプセルを搭載したサイド・アドレス型マイク

BLUE MICROPHONES Ember

REVIEW by 鈴木鉄也 2019年5月30日

TKS_img4

BottleやBaby Bottle、Mouse、Kiwiなど、これまでいろいろなBLUE MICROPHONESの製品を使ってきました。しっかりと作られていて、音質は痛いところが無くナチュラル。かといってオケに埋もれることもなく、しっかりと存在感のある音が録れる。ハイエンドからエントリーまでそろえていて、誰にでも手が届く身近なマイク・メーカーです。その同社より、レコーディングやライブ・ストリーミング向けのコンデンサー・マイク、Emberが発売されました。

音の芯となる部分がしっかり録れる
高域は透明感があってスムーズ

Emberは一つ一つ手作業で調整されたカスタムのコンデンサー・カプセルを搭載しつつ、低価格を実現しています。本体を手に取ってみて感じたのは、グリルやボディはしっかりとしていながら、とても軽いこと。コンパクトで380gという重量になっています。通常のコンデンサー・マイクよりもスリムで、多くのダイナミック・マイクとは違いサイド・アドレスなので、ほんのわずかなスペースに滑り込ませることができたりと、場所を選ばず気軽に使うことができそうです。また、ライブ・ストリーミングなどでの撮影時はマイクの映り込みが少なく使いやすいでしょう。指向性はカーディオイドで、本体にはスイッチ類が一切付いていないシンプルな設計です。また、パッケージにはマイク・スタンド・アダプターが付属しています。

では、使用頻度が高そうなボーカルから試していきましょう。一聴して思ったのは、サウンドがナチュラルなことです。それと、良い意味であまり広範囲を録らないマイクだとも感じました。通常、部屋のチューニングが良くないとコンデンサー・マイクが反射音を拾ってしまい、良い音で録れない場合が多いです。しかしEmberは守備範囲をタイトにしているのか、部屋鳴りが気になりません。音の芯となる部分がしっかり録れる感じです。例えば、かけ録りできるプラグインと組み合わせて録音すると、ワンランク上の音質を狙えて面白いかもしれません。こういったことは、しっかりとナチュラルな音質で録れるからできること。こういうアイディアがちょっと音を聴いただけで思い浮かぶということは、ポテンシャルを秘めたマイクである証拠だと思います。

録音を進めていくと、低ノイズでヘッドルームもあり、高域は透明感があってスムーズなことも分かってきました。だんだんと信頼感が高まっていきます。歌だけではなくナレーションも試してみましたが、基本に忠実な機材というのはどんなソースを録っても使える音になるのだなとあらためて思いました。

 

アコギの中域がダブつくことが無い
リッチな音像でオケとのなじみ方も自然

ソースを変えて、次はアコースティック・ギターで試してみます。ボーカル録りのときにEmberのスイート・スポットが結構近めということが分かったので、12フレット狙いで30cmくらい離れたところにマイキング。アコギもしっかりと芯があり、中域がダブつくこともなくバランスの良い音で録れました。ストロークでもアルペジオでも、スムーズでありながらリッチな音像で録音でき、オケとのなじみ方も自然でした。部屋の影響を受けにくいという特徴が、アコギの録音でも大きなアドバンテージとなった印象です。

▲アコースティック・ギター録音時の様子。12フレット付近を狙い、30cmほど離した場所にEmberを立てた。近めにセットしてもコンパクトなEmberは邪魔にならない

▲アコースティック・ギター録音時の様子。12フレット付近を狙い、30cmほど離した場所にEmberを立てた。近めにセットしてもコンパクトなEmberは邪魔にならない

エレキギターのキャビネットにも立ててみました。スタジオ・ライブなどで使う小さいキャビネットは音量的にもEmberと相性が良い感じです。ライン録音をするのが普通になってきた昨今ですが、Emberを使って家でエレキギターをマイクで録ってみるのも面白いのではないでしょうか?

▲ギター・キャビネット前に立てて録音している様子。小さいキャビネットとは相性が良いため、家でギター・アンプを鳴らして、Emberで録音してみるのもよいだろう

▲ギター・キャビネット前に立てて録音している様子。小さいキャビネットとは相性が良いため、家でギター・アンプを鳴らして、Emberで録音してみるのもよいだろう

続いて打楽器系も試してみましょう。ボンゴにEmberを立ててみると、ちょうどダイナミック・マイクとコンデンサー・マイクの中間的な雰囲気の音で録れました。こういうタイプのマイクはソースを選ばずそつなくこなしてくれるのが特徴です。コンデンサー・マイクを使いたいときにも、ダイナミック・マイクを使いたいときにも、どちらでも対応可能。収録時に楽器が1つ増えた、ゲストが急きょ増えたなど、現場ではいろいろありますから、マイク・ラックの中にあるととても重宝するのです。

Emberは、宅録をしていたり動画を作っている人であれば必ず選択肢に入るマイクです。ライブ・ストリーミング、ポッド・キャスティングでのナレーションにはもちろん、スタジオ・ライブでワンランク上の音質を提供できる秘密兵器としても活躍するでしょう。ホーム・スタジオ、リハーサル・スタジオでのレコーディングでは作業環境を選ばずどこでも安定した音質を約束してくれます。また、商業レコーディング・スタジオでもドラムに付けたカウベルやライド・シンバルなど、ピンポイントで使いたいけど周りの音をあまり拾いたくないときのお助けマイクとして使用するのも有効かもしれません。このクオリティをこの価格帯で実現できるBLUE MICROPHONES、時代のニーズを的確に把握し、発信し続ける力はさすがです。

 
サウンド&レコーディング・マガジン 2019年6月号より)
 

BLUE MICROPHONES

Ember

オープン・プライス(市場予想価格:11,000円前後)
※表示している価格はニュース掲載時点のものです。また税込/税抜についてはメーカーの表示したものに準じて記載しています。

【SPECIFICATIONS】
▪トランスデューサー・タイプ:コンデンサー ▪指向性:カーディオイド ▪周波数範囲:38Hz〜20kHz ▪感度:12mV/Pa ▪出力インピーダンス:40Ω ▪定格負荷インピーダンス:1kΩ ▪最大音圧:132dB SPL ▪電源:48Vファンタム電源 ▪出力端子:XLR ▪外形寸法:38.26(W)×219(H)×31.91(D)mm ▪重量:380g

TUNECORE JAPAN