電池駆動&スマートメディア採用の4トラック・モバイルMTR

ZOOM MRS-4

REVIEW by 山根卓 2002年5月1日

20020501-09-001

MRS-4は、好評を博した同社のMRS-1044の性能を受け継ぎながらも、記録媒体にスマートメディアを採用することによってその機能をコンパクトに凝縮し、手軽に多重録音環境を提供してくれる4トラックMTRだ。価格的にもかなり攻撃的な設定となっている。早速その中身をチェックしてみることにしよう。

バーチャル・テイク&バウンス機能で
本格的な多重録音が可能

筐体はちょっと小さめのコンビニ弁当くらいと言ったら的を射ているかもしれない。非常にコンパクトかつ軽量で、ボディはダーク・シルバーが基調のすっきりとしたデザインになっている。ギター・ケースのポケットに入れてスタジオに持ち込むのも不可能ではないだろう。電源はACアダプター(別売)を使う方法と電池駆動の2通りに対応。特に電池駆動ではアルカリ単三乾電池×4本で5時間以上も使用することができる。これはリハーサル・スタジオなどに持ち込む際にとても便利で、まさにモバイルMTRと呼びたくなる。

入力は2系統用意されている。それぞれにゲイン・コントロールが付いており、マイク入力にも対応できる。ギター用のHi-Z入力は無いが、ゲインに応じてインピーダンスが自動的に適正な値に設定される仕組みになっているようだ。さらにAUX IN端子もステレオで1系統用意されているので、ミックス・ダウン時などにリズム・マシンや外部音源のサウンドを入力することもできる。

ADコンバーターは64倍オーバー・サンプリングで、信号は20ビットに変換される。サンプリング周波数には2つのモードがあり、Hi-Fiモードは32kHz、Longモードは16kHzとなっている。

レコーダー部は基本的に4トラック構成で、同時録音数は2トラック、同時再生数は4トラックという、このクラスのMTRではごく標準的なスペックといっていいだろう。録音時間は32MBのスマートメディアを利用した場合、Hi-Fiモードで約16分(1トラック換算)となっている。128MBのスマートメディアなら、Longモード/1トラック換算で135分もの録音が可能だ。なおスマートメディア用のカード・リーダーを使えば、パソコンへデータのバックアップもできる。

また、各トラックには8バーチャル・テイクが用意されており、合計32トラックものマルチテイクのレコーディングに対応。さらに最大4トラックまでのソースをミックスして、別のバーチャル・テイクにバウンスできる機能も用意されている。この機能をフルに活用すれば、4トラック以上の多重録音ももちろん可能だ。

多彩な内蔵エフェクトに加え
チューナー機能も搭載

録音や編集時にはいろいろと便利な機能が用意されている。例えばロケート機能では、1つのソングにつき50箇所まで再生ポイントのマーカー設定ができるので便利。任意のポイントを設定してしまえば、後はカーソル・キーを使ってスピーディにマーカー間の移動が行える。オーディオ編集機能も充実していて、用意されているのはコピーやイレースといった基本的なものだけだが、これらはmsec単位での編集が可能。もちろん、バーチャル・テイクについても同様の編集ができる。

内蔵エフェクトには録音時にかけるインサート・エフェクト、録音済みのトラックにかけるセンド・エフェクト、さらにミックス・ダウン・エフェクトの3種類が用意されている。このうちセンド・エフェクトとミックス・ダウン・エフェクトは同時使用が可能だ。その種類もインサート・エフェクトにはコンプ/リミッター/キャビネット・シミュレーター等、センド・エフェクトにはリバーブ/コーラス系、そしてミックス・ダウン・エフェクトにはパワー/ブーストなど、適材適所にプログラムが用意されている。さすがエフェクター・メーカーとしても有名な同社だけあって、そのクオリティもなかなかのレベルだ。

ほかにも便利な機能が満載だ。クロマチック・チューナーも搭載されており、本体内でギターやベースのチューニングが行えるのがいい。またメトロノーム機能も用意されていて、MIDIクロックで外部のMIDI機器を同期させることもできる。さらにZOOMのWebサイトから専用ソフトウェアをダウンロードすることによって、MRS-4独自のフォーマット・ファイルをWAV/AIFF形式のオーディオ・ファイルへコンバートすることが可能。これを利用すれば本機の活用の幅は一気に広がりそうだ。

このようにMRS-4は小型かつ低価格でありながら、機能的には本格的なハード・ディスク・レコーダーに近い実力を持っていることが分かるだろう。ビギナーはもちろん、上級者のモバイル用MTRとしても幅広く利用できそうなマシンだ。

ZOOM

MRS-4

24,800円
※表示している価格はニュース掲載時点のものです。また税込/税抜についてはメーカーの表示したものに準じて記載しています。

【SPECIFICATIONS】

SPECIFICATIONS

■フィジカル・トラック/4
■バーチャル・テイク/32テイク(4トラック×8テイク)
■最大同時録音トラック/2
■最大ソング数/15
■記録メディア/スマートメディア(16MB〜128MB/3.3V仕様)
■ADコンバーター/20ビット(64倍オーバー・サンプリング)
■DAコンバーター/20ビット(8倍オーバー・サンプリング)
■録音グレード/32kHz(Hi-Fi)、16kHz(Long)
■電源/単三乾電池4本またはACアダプターAD-0006(ともに別売り)
■外形寸法/220(W)×165(D)×56.3(H)mm
■重量/700g(電池含まず)
■付属品/スマートメディア(32MB)

TUNECORE JAPAN